絵のこと

水彩色鉛筆

10年位前の話だ。学校の先生をしている友人から授業に使うネタとして簡単な絵を描いてほしいと頼まれた。友人は絵を描くのがあまり得意ではなかった。静物を描いても何を描いたかわからないくらいの絵を描いてしまうのだ。当然の事ながら動物を描いたら何を描いたかわかるはずがない。最悪だったのが授業の時人を描くはめになり、モデルになった人が彼の描いた絵を見て「何これ~?」と怒ってしまった事があった。このことで彼もえらく傷ついてしまったが、学校の先生をしていると絵が下手だとかそういう事を言っていられないことがあるらしく、どうにもならなくなり助けを求めてきたのだった。

私は絵は下手だが描くのをあまり苦手とはしていなかったので、頼まれたものを描いて友人に渡した。研究授業で使う教材だったらしい。黙っていればいいものを正直に人に頼んで描いてもらったと話したらしく、教え子たちには大笑いされたそうだが…。

もともと私は水彩で絵を描くのが苦手で、小学生の頃は絵の具を混ぜ過ぎていつも暗い色調の絵を描いては担任の先生に怒られていた。ところが小学校高学年の頃に図画工作の専科の先生が学校に赴任してきてから話が変わった。私は小学校5年の頃から図画工作をこの先生に教えてもらうことになった。この先生は絵が下手だったり図画工作が苦手だったりする生徒をよく見てくれていた。私も絵の具の混ぜ過ぎを解消する方法や、道具類の基本的な扱い、筆の使い方などいろいろ教えてもらった。そのうち絵を描くのが苦にならなくなった。

大人になってたまに絵を描くことがあると、水彩で絵を描いていた。しかし水彩は水入れだの筆だの手入れがいる道具がかさばるのがイヤだなあと思っていた頃出会ったのが水彩色鉛筆と水筆。水筆は水を入れられる筆でこれ一本あれば水彩画を描くのは楽。そのまま水彩色鉛筆にはかなりはまってしまい、ついにはお金を貯めて120色入りのセットを買ってしまったのだった…それがファーバーカステルのアルブレヒト・デューラーという水彩色鉛筆。私が好きな比較的重めの色が多い扱いやすい水彩色鉛筆だ。さすがに120色は持ち歩けないので、季節や行く場所によってよく使う色を15~20色くらい選んで持っていく。

友人から頼まれた絵はこの水彩色鉛筆を使って描いたものだった。自宅で描くため持ち運びを気にしないで済むのをいいことに私は色鉛筆を全部机に並べて描いていた。絵を描いている間中色鉛筆はあちこち散らばってすごい状態になっていた。ひさしぶりに楽しんで絵を描いたなあという感じだったのを覚えている。さすがに120色もあれば頼まれたものを描くのには全く不自由はなかったが、普通に絵を描く時に色を混ぜたりする工夫はしなくなるな、そう思った。友人に後になってその事を話したところ「お、おい。そこまでしたの?だったらその色鉛筆のお代は出すよ!」と言われたが丁重にお断りした。

私は絵の具を混ぜて色を作ったりするのが大好きな方。もちろん混ぜずにきれいな色が出せた方が色が澄んでいていいに決まってはいるけれども。

最近になってこの色鉛筆の12色セットを譲ってもらえることになった。基本色だけ12色缶に入っており持ち運びにもかなり便利らしい。幸いにも革表紙をかけた厚めのクロッキー帳とスケッチ用のシャープペンシルはいつも持ち歩いている(暇な時にろくでもないいたずら書きをしているだけだが)。最近少し絵を描くのからは離れていたが、これを機に水筆とセットを持ち歩いて再度水彩色鉛筆画なるものを趣味として楽しんでみようかな…と思う。

| | コメント (0)

またまた個展

フルートのレッスンが終わってから浦和へ出かけた私だった。本来ならさいたま市というのだが、どうしても私の中では「浦和」となってしまうのだ。

今回も武田幸経さんの猫の絵を見に行った。今回は今までと少し傾向の違う絵が展示されていた。水彩だと思うが昔の女性を描いたものがあった。ああ、これ素朴な絵でいいなあと思ってみていた。猫の絵だけでなく人形を描いたものや風景なども出ていてなかなかおもしろかった。猫についてはリアルな絵が多く、ペン画も出ていた。

今回の個展を楽しみにしていた弟は、旅行で予定がつかなかった。弟からは「絵はがきを何枚か買ってきてほしい。」と言われていた。しかし、今回は絵はがきが少なかった。武田さんに聞いてみたら「絵はがきを持ってくると肝心な絵を見てもらえないまま帰られてしまうから。」と話していた。

そんな中今回小さな小さな水彩原画2枚を購入してしまった。1枚は黒猫の絵。絵を見て一目で気に入り、展示を見ている間手から離さず持ってしまっていた。もう1枚額装されたシャム猫の水彩原画が気になっていたのだが、それよりコンパクトに描かれた原画を武田さんが持ってきていたのだった。「明日の展示で使おうと思ったが、もしよければいいよ。」と額装しないままで1枚譲っていただけたのだった。これで2枚。

そして個展終わり際、見ている人が一人になった時に私は武田さんにあるお願いをしてみたのだった。イヤだと言われるかと思ったが、意外にも快諾していただけた。さて、来週早々お願いの準備をしなくては・・・。

来週の日曜日は出勤だが、その振替で来週金曜日がお休みになる私。この日はフルートの点検、そして絵にぴったりの額縁を買って、絵の周囲をマット加工してもらいに行こうと決めた。

| | コメント (3)

11月最後の日曜日

今週末は当初から何も予定がない週末となった。土曜日はあまりにも部屋が荒れていたのでめずらしく自分からかたづけをして多少室内がすっきりした。台所も結構荒れており不要なものを捨てたり、めちゃくちゃの棚を整理したりした。

その結果、驚くことにいつもならすごく時間がかかり翌日まで持ち越すはずの掃除が土曜日のうちに終わってしまい、日曜日がフリーとなった。

午前中はまたも武田幸経さんの絵を見に浦和まで行ってきた。今回は少し間隔が短く個展が開かれていた(実は間隔が開くときもあるのです)が、これは来年度のカレンダーの原画展だった。来年度のカレンダーもめでたくゲットしてきた。今回は他の人のところへ行ってしまった原画も来ており、懐かしい絵ともひさしぶりに会うことができた。さらに武田さんご本人ともお話ができたのだった。最近は絵を描くことに専念しており、作品もそれなりに描いているもようだった。北海道の夕張出身と言うことで、炭鉱の街の思い出を猫の姿で描いている絵がメインなのだが、最近はかわいらしい絵も多い。かわいらしい絵はそれなりに人気になっているようだ。しかし私はやはり炭鉱の街の絵や、ひと昔前の生活を描いたような絵が好きだったりする。今回は私が好きな絵がだいぶあったので何だかとてもうれしかった。

帰ってきてからは浦和レッズvsFC東京戦をテレビ観戦。見事に0-0で引き分け。ガンバ大阪が勝ったので来週土曜日の試合が優勝決定戦になる。優勝が決まらなかったのは何だか悔しい気もするが、来週優勝を決める試合が見られるのはうれしい^^できることなら勝って優勝を決めてほしい。

夕方はつみれ鍋などしながらゆったり過ごした。

ちなみに今週もまたパン作りに挑戦。同じ配合で全く同じパンを作ってみた。小麦粉だけは北海道産のパン用の小麦粉に替えてみた。ちなみに今回のパンの写真はこれ。1151556_img 今回は一次発酵を1.5倍の長さにして、二次発酵は一度にオーブン2段で行ってみた。同じ分量だったのになぜか前回より大きなパンが焼けた。一個ずつ私と夫で食べてみたが、前回より外側はやわらかい感じだった。しかし中はしっかりふくらんでいて弾力はあった。今週もこのパンが朝食にのぼることになるだろう。

ちなみに、私のパン焼き用道具がこれである。1151557_img 左の緑色のがファイヤーキングのバターボウル。2004年に復刻版が出たとき買ったものでしばらく眠っていたがパン生地を混ぜるのに大きくて使いやすいので頻繁に登場するようになった。

その右の容器がタッパーウェアの密閉容器。オークションで購入したものだが、一次発酵の際この容器に入れておいておくと乾燥せずにすむのだ。ちなみに横にメモリがついているのでどのくらい発酵して膨らんだかも外から見てわかるのだ。ガス抜きもこの容器の中でできるほど大きい。

その右にある布巾2種類。ベージュのが麻の布巾で、お菓子を作る時など型を洗ってすぐ拭くと水をどんどん吸い取って便利だったりする。下のが木綿の布巾。100円ショップから来たものだが、パンの乾燥を防ぐためにぬらして使ってみたら使い心地がいい。

下の段にあるのがウェンガーのナイフ。パンにクープを入れるために使っている。クープナイフを使うのが怖くて(かみそりみたいな刃物苦手なんです・・・^^;)普通のナイフを購入したのだがすごくきれいにクープが入る。どうやらおそろしく切れるナイフらしい。

右のピンクのものはカード。これは一人暮らしを始める前から使いもしないのになぜか一個持っていた。一人暮らしを始めてからは家でお菓子を作る時に使っている。そしてその右にあるのが茶こし。これも100円ショップのものだが粉砂糖をふるたりするのにすごく使いやすくて手放せなくなっている。

今回のパン作りでパンの本は書き込みだらけになってしまった。私の場合お菓子の本も料理の本もよく使うものは書き込みだらけ。それだけならまだいいが作業しながら見たりするのでページもしみだらけ・・・とても人に見せられるものではない^^;皆さん料理のレシピってどうやって使っているのかなと思っていたりする。

さて、今日は脈絡なく記事を作ってみたが、おもしろい写真が一枚。1151552_img これはうちのごろ。寒いのか何だかわからないがなぜか夫の膝の上に乗りたがる。

今日は部屋でパソコンをいじっている夫のあぐらの中に入り込んで満足していたようだ。その満足そうな顔を撮ってみた。夫の膝の中にいる時はそのまま寝ていたりしていつもうれしそう・・・。

| | コメント (6)

個展へ行きました

歯医者が終わってからさいたま市で開かれている個展に行って来た。武田幸経さんという方の個展である。主に猫の絵が多いのだが、ちょっと見ると実に不思議な絵である。

武田さんの絵との出会いはわが社の社員報がきっかけだった。社員報に武田さんの絵が好きだという方の記事が出ていたからだ。初めて見た時「何だこの絵は?」と思ったのだ。しかしそのまま数年が過ぎた。その後浦和市に出かけたときたまたまこの方の個展をやっていたため入ってみた。

猫が擬人化された絵がたくさんあった。しかし猫が擬人化されたという表現は正しくなく、人間の生活を猫で描いた作品といった方がいいだろう。この絵に私は何か惹かれるものがあり、その後も毎年のように個展に出かけている。

最初見た個展では戦時中の出来事を猫で描いている絵があった。他にも炭鉱の町の人間の風景を猫で描いている絵、昔なつかしい光景を猫で描いている絵など。武田さんの体験そのものを描いた絵だという。

昨年の個展ではどうしてもほしい絵があったためついに原画を一枚購入した。うちの宝物になっているが部屋の壁にはかかっておらず大事にしまってある・・・。家の壁にはまだ空いてる所があるので一番いい場所に飾ろうと思っているところだったりする。そうすると一番長い時間いる居室になるだろうな・・・と思う。お気に入りのものはお気に入りの場所に飾って見たいものだから。

| | コメント (6)