健康のこと

怪談より怖い風邪

肺炎の一週間後、またもや鼻水をたらしはじめた息子だが、何故か熱を出すことなく小康状態。

私も軽い咳が出るようになり、マスクをして風邪薬を飲んでいた。

ところが月曜日から何故か私は体がバラバラになるんじゃないかと思う痛みに襲われ、午後に仕事を早退するはめに。とにかく寒い、何をしても寒い。周囲の人から無理やり帰宅させられた。

さらに火曜日に外来先の病院で倒れるという醜態をさらし、外来順番を繰り上げられた。咳は止まらないしどうにもならず点滴を受けて帰された。熱がそんなにないのに痛みは続き、起きていられない。症状の推移を話したら担当の医師から「血液検査もレントゲンもそれほどひどい状態にはないけど、胸部に異音もあるし、変な症状が出てるから肺炎の可能性はあるね・・・悪くなるか良くなるかそれはわからないけど、やるだけの事はやりましょうね。」金曜日までドクターストップをかけられた。

火曜日からは最低限の家事以外寝てばかり。よくもこんなに寝られるなと自分でも呆れていた。実家の父母がいなかったら、そして保育園の理解があり息子を預けることを了解してくれなかったらこの状況は乗りきれなかった・・・。熱は木曜日の午後から下がり始めた。

金曜日外来したところ、程度は軽いが肺炎だったとわかった。

恐ろしい話である。子供からうつされる病気には大人を叩きのめす威力があるような気がするが、人の体を経由した事によるウィルスの変異なのか、そればかりはわからない。いずれにしても初期の症状だけで風邪だなんて思ってはいけないと思い知らされた。

| | コメント (2)

またか?

でかおが人生二度めの肺炎にかかっていた。

咳がなかなかぬけない、鼻が出ない、病院には行ってたが薬の効きが悪い。まさかと思っていた矢先に肺炎の診断が下された。発熱からわずか4日の出来事だ。

入院は免れたが、これも一回目に入院したとき、点滴を抜いたり、暴れて針を折ったり、3日目にストレスで1日キーキー叫んだり、プレイルームで大暴れして4日で追い出されたのを知る主治医が判断したことだ。(この時は生後9ヶ月)

自宅療養は祖父母の力がなければできなかった。私も仕事をしながら夜間は看護師がわり。今週はヘロヘロになってしまった。

週明けに再検査があり、改善されたらいいけどな。

| | コメント (0)

覚悟を決めるとき

でかおは間もなく二歳半になる。

毎日ただ泣き叫び、抱っこやおんぶしてないとぎゃんぎゃん叫び続ける地獄の日々は過ぎ去り、気がつけば朝から晩までずっとしゃべりまくりになった。

その頃から急にでかおは保育園を休まなくなった。呼び出しもなくなり、ちょっと体調がおかしい時も早く寝かせれば翌日は問題なし、風邪の症状があっても医者に連れていこうとする前に回復・・・。六月はかかりつけ医のお世話にならずに済んでしまった。(その分誰かに風邪をうつしてるのかと思うと何とも言えないが、一年前は逆の立場だったのでお互い様なのかも)

そんなでかおのそばで、かーちゃんの私が現在精密検査中。六月末にとんでもない症状が出て病院を受診、その後の検査結果はおもわしくなく、さらに精密検査に。明日最終結果が出る。

検査結果も、精密検査時もしっかり検査の画像を見つめていた私だが、これは明らかにおかしなものだという予感がした。前年なかった場所にできた病変、病変の形、大きさ、腫瘍には間違いはないが、どういう性格のものなのか・・・。

悪い結果が出るようなら結果説明は納得いくまで受け、治療方針も主治医とじっくり話し合い決めていきたいと思う。仕事も長く休まずに済み、でかおの養育にも出来る限り支障が出ない、かつ、自分の生命を一番維持するのに適切な方法の選択、それは絶対あるはすなので。

今回の病気のおかげで、落ち込む以前にしなければいけないことが残っているので、最大限周囲に迷惑をかけないよう仕事は急ピッチで前倒し。

とにかくこの先の自分の時間が限られたものになるかもしれない恐怖、不安は多々あるが、一日一日積み重ねて乗り越えていくしかない。暗い顔して仕事するくらいなら、結果が出るまではわらっていこうじゃないか!と気持ちを切り替え、積極的に動き回る私がいる。

そんな状態なのになぜそんなに元気なの?と同僚がいうが、そうでもしてなきゃやってらんねぇって思う。ちなみに、検査後からはどんどん外勤も始めた。もともと仕事ができる時間が限られているのに、結果が出るまでは笑っていくしかないし、やれるところまで全速力でやっていくしかないんだから。

平穏を装ってはいるものの、最近は髪の毛が結構抜ける。やはり自分なりのストレスがあってこうなっているんだろうな、と思う。

さて、今日の午前中に結果が出る。しっかり覚悟を決めてどんな話でも受け入れ、現実の対応をしていくしかない。

| | コメント (0)

タミフル飲めない!

火曜日からでかおの風邪が重症化したように思い、仕事を早退して病院へ。

インフルエンザである事がわかり、タミフルをもらい飲ませたのだが、猛烈な拒絶反応。

とにかく飲ませると少しして食べたものごと吐く!それも毎回毎回・・・あんまりひどいので再度病院に行き、薬を替えてもらい何とかなったのだった。

幸いでかおは少しずつ元気を取り戻し、いつもより食べないとは言え、戻すことはなくなったのだった。

インフルエンザ、小さい子供には過酷なものですね。

ある程度大きくなってからインフルエンザにかかった私には想像のつかないひどいものでした。私は熱は出ても食欲は全然落ちなくて、あまりにも食べたがるので母が呆れていた記憶しかないです。

大人になって数年連続でインフルエンザにかかった時も、食べるのだけは忘れませんでした。

でかお、もう少しいっしょに頑張ろうね!!

| | コメント (4)

こんなに続くの???

先々週の金曜日からでかおが下痢気味になってしまった。

いつも一日一回かそこら、しかも大量の便をしているのが、ゆるゆるの水のようなで白みを帯びた黄色い便が出るようになったのだった。日曜日になってさらにそれがひどくなり、一日15回近い回数のゆるい便が出続けている。うっかりおしりふきで拭いていたため、でかおはおしりが真っ赤になってしまい泣き続けていた(今はこれは薬で改善されている)。

ミルクをこまめに頻繁にあげても下痢の回数は変わらず、金曜日には少しぐったりしていたので脱水を心配してイオン飲料をあげたり、いろいろ試行錯誤はしたものの全くよくなる気配がない。先週月曜日と金曜日にはかかりつけの小児科にも行き、薬ももらって飲んでいるのだが、週末も状況は改善されないままであった。

でかお自身はぐったりする事もなく、午前中はごきげんではいはいしているが、昼寝の時間は短くなり、夕方になると以前に比べてぐずり、寝つきも悪くなってしまった。だいたい同じ時間に寝て同じ時間に起きており、夜中に泣くのも一回かそこらだけだったとは言え、先週の半ばからは離乳食すら受け付けなくなってしまい、今はひたすらミルクだけの生活に戻ってしまった。ミルクを飲む量が多いので脱水はしないだろうとは言われており、下痢も二週間ぐらい続くと言われているのだが、毎日15回、ほぼ30分おき(見ると力んでウンチをしているのに気がついてしまうので)にオムツを取り替え、その都度お湯でおしりを洗い…これが予想以上にきついものだとは思いもしなかった。

しかも私もどうやら同じような事になってしまったようだ。もともと胃腸が丈夫なためそれほどダメージは受けていないものの…。

それにしても、赤ちゃんの下痢って言うのはこんなに続くものなのだろうか?と不安が強い私だった。二回食へ進んでいた離乳食もお休み、ミルクは一リットルは飲んでいるものの飲むたび下痢が2~3回…下痢止めは使わない方がいいという事で今は整腸剤とミルクの乳糖分解剤だけもらっているものの、こんなに下痢が続くのなら下痢止めをもらった方がいいのか?かかりつけだけでなくセカンドオピニオンをもらった方がいいのか、それともしつこいと思われてもかかりつけに再度かかった方がいいのか?と頭を抱えている私だった…。

…という事で、でかおが落ち着くまでしばらくブログは更新できなくなり、コメント返しも遅れると思います…。

| | コメント (3)

予防接種、健診…。

でかおは既にBCG、DPT1期全ての予防接種を終えている。今月ポリオの集団接種が予定されているが、近所の公民館で行われた予防接種の日は逃した。

なぜかというと、今回またでかおが微熱を出し、咳をし始めたからだ。思い当たる節は多々あり、おそらく風邪をもらってひいたのだと思う。ただし、7月に風邪で体調を崩した時とは大違いで、でかおは機嫌が良く、離乳食ももりもり食べ、軽い咳をたまにする程度。一日中泣いて喚いて抱っこにおんぶなんて事は全くないので、何これは?と思う。7月の風邪で多少は免疫がついたのか…いずれにせよ経過観察には変わりはないが。

インフルエンザの疑いのある子供がうじゃうじゃ来ている小児科にでも連れて行ったら、さらにひどくなって帰ってくる事にもなりかねないと思い、しばらくは自宅で様子をみようと思う私だった。

実はでかおはDPT1期2回目の時、軽い副反応らしきものがでた。腕にかなり強くしこりが残ったのだ。3回目を打つときは多少体調を崩しているように思えた事もあり(熱はなかった)、小児科の先生には2回目の副反応らしきものと、体調を崩している事を説明して、今回予防接種を受けるのは見送った方がいいかと聞いてみた。先生は「打っても大丈夫ですよ。」と接種をしたが、でかおはその後風邪が悪化した。それから治るまでに、予防接種をした病院と、もう一つのクリニックにかかる羽目になり、結局二週間ほど苦しんだのだった…。

でかおが体調を崩したのは予防接種のせいではないとは思う。でもその後、私は自分が小さい頃に受けた予防接種の事を思い出した。

小学校六年の時。まだおたふくかぜをやっていなかった私は、親の意向でおたふくかぜの予防接種を受ける事になった。小児科の先生はあまりこの注射を勧めていなかったような記憶がある(発症するかもしれないから危険と言ってたのは覚えている)が、私はこの注射をしてもらった。その三日後に突然ほっぺたが軽く腫れ上がったのだ。何だか軽く熱があったのも覚えている。翌日には症状は治まったが、気がついたらクラスにちらほらおたふくかぜになった同級生が…。ワクチンを受けて発症し、知らずに登校していたのでクラスに感染を起こしてしまったのではないかと今は思っている。

中学生の頃はまだインフルエンザの集団接種をしていたが、三年生の時に受けた接種の一週間後にインフルエンザを発症してしまい、クラスにインフルエンザをばらまいてしまったのだった…。体調を崩した時は合唱コンクールの日で、まさかインフルエンザとは思っておらず、頭がもうろうとしている中ピアノ伴奏をしていたのを覚えている。そして一週間ほど学校を休んだ私が出てきたときには同級生が9人休んでおり、「お前があと一日休めば一週間学級閉鎖決定だったのに…楽しみにしてたんだぞ。」とみんなから言われてしまったのだった…。何だか納得がいかない、私は何も悪くないぞ、と思ったのを覚えている。

そして大人になってからインフルエンザの予防接種をしたら…やはり一週間後に発症した。もうそれ以後インフルエンザの予防接種なんかするもんか、と心に決めたのだった。ちなみにそれから数年間なぜか私は10月頃になると必ずインフルエンザにかかったが、この2~3年は夫がインフルエンザになっても自分は無事と言うあり得ない状況になっている。

風疹も中学生ぐらいの頃ワクチンを打ったはず…だが、大腸ポリープ手術で近所の外科に入院した時、手術翌日に体調を崩し微熱が出て、体中に発疹が…。何のことはない、病院に風疹の患者がいて、院内感染したのだった…。ワクチンを打ったのに何でなるんだよ?とワクチンの効果に疑問を持ったのはその時だった。

でかおがDPT後に体調を崩さなければ思い出しもしなかった私の予防接種の思い出。どの育児書にもワクチンを打つよう書かれているが、本当にワクチンが必要なのか?いったいどこまで病気を予防できるのか?全部受ける必要があるのか?と思わず考え込んでしまった。我が子を病気に簡単にかからせたくはないが、私自身に起こったワクチンの副作用を考えると本当はワクチンって怖いんじゃないか…思わずワクチン接種を別の目から見ている本を調べたりしてみた。

その結果でかおには今後、はしかワクチンだけは受けさせる予定だが、ポリオは今すぐ急がなくても7歳までに2回受ければいいので、ある程度大きくなってからでもいいや、風疹、水疱瘡、おたふくかぜはワクチンは不要、保育園で自然感染するのを待とう、小学生になってもかからないようなら考えればいいや、と思った。

DPTの2回目は嫌だけど一応受けておくが、日本脳炎は必要ないし(注射がひどく痛かったのが記憶にある)、Hibも常在菌との事、ワクチンの安全性が確認されてない以上今のところは不要かと(しかも近所の小児科ではどこも扱ってない)。インフルエンザもワクチン打って発症するくらいなら打つだけムダな気がした。その結果任意接種はほとんど省略する事になってしまいそうだ。

しかし、初めての子供を育てる親がこんないい加減でいいのだろうか…。予防接種を受けない人は全く受けてないようで「一つもやってません!」という方もいたので、それぞれ親の考え方一つなのだと思う。

しかし、最近は予防接種を受けない親は「虐待」扱いされる事もあるんだとか。虐待扱いまでするのはおかしいんじゃないかな?と思うが…。

話はそれてしまうが、私の住む市は、乳幼児健診は三ヶ月と一歳半だけが公費負担。あとは親が自腹で行うのだ。周辺の自治体には公費負担がこんなに少ない市はないと思う(普通は六ヶ月も十ヶ月も公費でやるはずだが)。それを知らずに六ヶ月、十ヶ月をとばしてしまう親はたくさんいる。その結果発達障害や病気の発見が遅れて、適切な訓練を受けられなかったという子供が少なからずいるんだそうだ。予防接種をしない事を虐待とするくらいなら、検診を全部公費にするか、自腹でも必ず受けるよう指導するようにしてくれればいいのにね。ちなみに、市の育児教室でもそんな指導はない。ないからと言ってそのままにしておく方が悪いとも言われそうだが、もう少し啓発してくれてもいいんじゃないかな?と思ったりはする。

| | コメント (3)

先輩の言葉

出産前の事だが、職場でお世話になった先輩がこんな事を言っていた。その方は私と同じような年齢で息子さんを出産していた。

「体調が完全に回復するまで産後半年もかかったよ。半年経ってやっと体が軽くなって、疲れも取れてきたように感じたよ。本当に無理しちゃだめだよ。」

体調が回復するまでそんなにかかるのか?と驚いていたが、全くその通りだった…。

出産後半年が経過してやっと私も少しずつ体調が戻ってきつつあるように思えるようになった。当然それには他にも理由がある。抱っこじゃないと寝かしつけできなかったでかおが、昼間の昼寝の一部と夜には抱っこの寝かしつけじゃなくても寝てくれるようになった事や、離乳食が始まり、順調に食べるようになった事、さらには座るより先に動く事を覚えてくれたために体が疲れるようになり長い昼寝をするようになった事も影響していると思う。

産後5ヶ月まではでかおの抱っこもおんぶも苦痛だったのだが、今はその頃よりでかおがさらに重くなっているにもかかわらず抱っこもおんぶもそれほど苦痛とは感じない。だからおんぶや抱っこで出かけてみようという気持ちにもなってきて、毎日散歩に行ったりができるようになってきた。

精神状態もそれほどいいわけではないが、浮き沈みの激しさは薬の影響もあるのかそれほどひどくはない(飲み忘れる事も多いため何とも言えないが)。これから一週間前後で産後6度目の生理を迎えるが、今まで前後二週間の時期はジェットコースター並みに精神状態が上下して自分でもどうにもならなかった。今既に一週間前になっているのだが、多少イライラしているのはわかるものの自分でコントロールできないほどではないもよう。

病気ではないとは言え、出産が体に及ぼす影響ってバカにできないな、そう思う。

| | コメント (0)

そうきたか

私が病院に行っている間は、夫が休暇を取ってでかおを見てくれていた。

さて、病院に行っている間のでかおはとってもいい子で、夫を困らせるようにぐずる事もなく、順調に午前の昼寝に入り、一時間多く寝てしまい、ミルクを飲んでいたという。私が帰ってくるまで天使のようだったそうな。抱っこやおんぶをする必要もなかったようだ。

ところがだ。私が帰宅した途端に何となくでjかおの態度が変わり始めたのに私は気がついていた。笑ってはいるけど、私が視線を外すと非難の声をあげたりする。泣く事はないが私が近づくと手が何となく前に出てくる。

日中半日世話をしてくれていた夫がサッカーの試合に出かけた途端、でかおのギャン泣き炸裂!おむつ替えてもおんぶしても抱っこしても泣くのがおさまらずぎゃあぎゃあ一時間泣き続けた。まだミルクを飲んで泣き始めてからは一時間、泣いてても二時間しか経っていないが、まさかと思いミルクを飲ませるとたいそうゆっくりと飲んで、飲み終わった後抱っこしてたら少し笑って寝てしまった…。

ふと見るといつもとミルクの時間が一時間後へずれていた。だから泣いてた時間にはまだミルクを飲んでから少ししか経っておらず、本当はおなかがすくはずないのだが…。やはり最後はつじつまを合わせてきているような感じがしたが…。でも今日は何が…ミルクの時間が一時間程度ずれたくらいでギャン泣きなどしないはずなのに…。

はっと気がついたのはでかおが寝てから。そうだ!今日の日中は外出してないじゃん!散歩もしてないし買い物にも連れてってない。しまったあ!でかお外好きだったよね。そのせいでリズムが狂ってたんだ、外行きたかったのにごめん!!とでかおに謝ってしまった。

明日から一泊二日の予定ででかおと私の実家へ行き、実家近くに住むママ友達に会う予定なのだが、はてさて、明日からはでかお振り回し生活になってしまうのか、それともでかおは普通に生活するのか…。今まで私の実家に行った時に夜泣きをしたりする事はなく、夜から朝まで熟睡するタイプのでかお。ところが昼間は私だけでなく実家の両親にも悪態付き放題で泣いたり騒いだりして抱っこをせがむ事もあるのだ。今回はどうなるだろう…。

ちなみに、実家にはでかおが泣くと「抱き癖をつけるな」とか言いながら一番に自分が抱っこして外に連れて行ってしまう、言動が一致しないじいさん(私の父)が一人いる。でかおは近所の人から「ちびじいじ」「ミニじいじ」などと言われているため、じいさんはでかおがかわいいのだろう…気がつくと勝手に連れ歩いている。あげくに抱っこ紐までほしいとか言い出し、こちらで用意した。でかおはそれを知っているのか、実家に行くと家に居るときより「抱っこ抱っこ抱っこ」と泣いたりぐずったりするのが多くなるのだ…。

| | コメント (0)

行って来ました

やっと気になっていた事で病院に行く事ができた。以前かかっていた心療内科の予約が取れたのだ。

やはり…「育児ノイローゼ」という事だった。ただ、状態としてはかなり軽度のもので、誰でもなるレベルだからそんなに心配しないように、と主治医の先生は笑顔。深刻なものでなければ軽い薬の服用で安定してくるらしい。「あなた自身顔色もいいし、食欲もあるみたいだしね。何より子供ちゃんと育ってるでしょ?子供が泣いたり騒いだりできるのは元気な証拠だよ。よく泣く子だと確かに育てるのちょっと大変だけど、将来楽しみだよ。」何という楽天的な言葉…この先生いつもこうなんだよな…。私も気が抜けてしまった…。

二週間ほど軽い薬を服用して経過を見る事になったが、実は鬼門は二週間後あたりから…。どうも二週間ごとに精神状態の波がすごくなるのが自分でもわかったので、それについても先生と話をする事ができた。

「産婦人科で相談しなかったの?」と先生に聞かれ、相談はしたものの精神状態から婦人科の対応ではない(PMSならこちらでも見るが、その後も精神状態が変となると診療できない)と言われた事を話すと、先生は仰天していた。「出産しちゃったらそれで終わりかい…そうかあ…。ただいずれにしても心療内科で治療はできないわけじゃないから、ちょっと大変だけど少し通ってみてね。」という事でまた二週間後に通院決定。

薬は軽いものだと言っていたが…最初に飲んだときはすごい眠気に襲われた。これ気休め程度のものじゃないだろ?と思ったものの、次からはそんな事はなく済んだ。しばらくはお薬の力を借りての育児になりそうだが、それも仕方あるまい。私の精神状態が変なのが原因ででかおに何かあってからでは話にもならないだろうし…。

薬を飲み始めて一つ大きな変化があった。でかおの泣き声を聞いてもそれほど苦痛に感じなくなった事だ。今までぐずられるだけで気分が悪くなったり、泣かれるとおろおろしていたのが、「まあ泣いてもいいか。そういう時もあるわな。」と思えるようになった事。そうするとでかおは30分延々と泣き続けることもなくなってしまった…。え???実際本当に親の気持ち次第でこんな感じになるのか???とちょっと驚いている。

問題はこれから二週間後の精神状態の谷間。ここでどんな事になるのか、私自身はすごく興味がある。やはり薬でも克服できないほどなのか、それとも軽く済むのか…。

注)でかおが泣いてるからと放置しているわけではなく、抱っこしたりおんぶしたりはしています。おんぶで5分ぐらい寝ぐずられたところで何ともなくなっただけの話です。ちなみにこのところ、でかおはおんぶおばけと化し、一日一時間程度のおんぶを3~4回されております。そうでないと背中スイッチが入ってるのか布団に置くと泣いて怒り、昼寝してくれないんです…。体力ないのでこんなのがいつまで続くんだよ?とは思うことはままありますが^^;

| | コメント (4)

小児科医の姿勢

でかおが体調を崩した事によって、今回二つの小児科にかかる事になってしまった。

一つは元からのかかりつけ医。ここの先生は女性でご自身も子育ての経験があり、病気を持つお子さんも育ててこられた方だ。でかおはここで予防接種を受け、皮膚の経過観察と検診も受けている。今回の風邪では、でかおに咳止めと痰を切る薬を出してくれていた。

もう一つがかかりつけ医が休診だった日、急に体調を崩したでかおを連れて行った小児科。ここの先生は男性でお子さんが四人おり、一歳位の子供もいらっしゃる。なぜかでかおはかかりつけ医休診の日に急に体調を崩す事があって、ここは既に三回目の受診。最初に夏風邪の症状が出た時、この先生は「本番はこれからかもしれない…」と私に言い、痰を切るシロップのみ出してくれた。そして一週間後、急に体調を崩したでかおに同じシロップのほか、でかおが眠れるように作用する薬(風邪薬だが)を出してくれた。ちなみに、かかりつけ医が違う事はこの先生は知っているけれども、それでどうのこうのと言う事は全くない。

今回、重複する薬を出されたものの、私は後者の先生の薬ででかおに対応していくことにした。

最初に書いた小児科の先生と、もう一つの小児科の先生、どちらも近隣では評判の良い小児科ではあるし、どちらの先生もとても良い人である。でも、かかってみて気がついたことがある。

かかりつけ医はどちらかというと、子供の世話をするお母さんの立場で診療をし、薬を出している。子供を回復させるとともにお母さんが不安になったり、世話で疲れ果てたりしないよう考えながらの対応のように思える。

もう一つの小児科の先生は子供を中心とした立場で診療をし、薬を出している。その子供にとってどうすれば一番体調回復につながるかを考えている対応だ。親がその世話で大変でも一時の事、まずは子供という対応のように思える。

それは下痢をした時の対応が分かれたことでわかった。かかりつけ医は下痢への対応をきちんと教えてくれた上ででかおに整腸剤を出し、乳糖不耐症に対応するときの粉薬を処方した。もう一人の先生は下痢の時はどう親がケアをすれば良いかを書いたメモ(病院で編集したもの)を渡してくれ、症状をしっかり聞き取った上で「それなら心配いるものではないし、時間が来れば治るもの」と親に告げ、下痢については薬を出すことはしなかった。

どちらの姿勢も決して間違いではなく、正論である。親がどっちを選択するかの問題だがこれもなかなか難しく、何とも言い難い部分である。子供の症状をとにかく抑えるようにして、体力回復に持っていこうとするなら前者だが、子供には自主回復力があって、余計なことをしない方がいいという考えに立てば後者の考え方になる。

かかりつけ医を持ちながら複数の医者にかかるのもどうかと思っていたが、かかりつけ医が休診(病気のお子さん対応で結構そういう日がある)だったりする時には、遅くまでやっており時間に融通が利くもう一つの小児科の存在は助かる。ちなみに、保育園に通うようになればこの先生が園医になるそうだ。

これからでかおも小児科の世話になることは増えてくるだろう。今後どういう形ででかおがかかる病気と向き合っていくか、という事を考えていかなくてはならないな、と思う私だった。それによっておのずとどちらの小児科にかかるのか変わってくるだろう。今の段階ではどちらにしなきゃいけないと絞る必要はないと思うのだが…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧