猫のお話

ここにもいた悪運の強いやつ

昨日ごろにゃんは無事に退院してきた。

結石による感染症だったらしく、腎機能の数値は正常値に。百グラム体重も増えて帰宅した。

点滴後いきなりがっつき始めたという。油断はならないが腎不全の疑いが晴れた。

ただし今後も療養は続く・・・。

| | コメント (0)

帰りは一人・・・

昨日から飼い猫のごろにゃんに、言葉が通じるかわからないけど何度も何度も言い聞かせた。

「ごろにゃん、明日は病院に行くからね。ケージバッグにきちんと入ってね。」

今朝はおとなしくケージバッグに入っていったごろにゃんだった。昨晩から今朝にしたと思われる尿も持って病院へ。

朝一番での診察が決まり、受付を済ませてごろにゃんとともに診察室に。ごろにゃんのすがたをみた先生はびっくり。体重があまりに軽かったから。2.5キロ。即座に血液検査で奥に連れていかれてしまったごろにゃんだった。

待つ間はとても長かった。今までこんなに待たされたことなかったな。

一時間後に私が診察室に呼ばれた。ごろにゃんはケージバッグに入れられていた。いつもなら私が直接ごろにゃんを受け取りケージバッグに入れるのに。先生の口から入院という言葉が告げられた。

先生が検査結果とカルテを見せてくれた。尿検査の結果は細菌の検出と結石の存在が記されていた。そして血液検査の結果には腎機能の異常を示す数字が並んでいた。一年前の検査では全く異常のなかった部分だ。
ただこの検査だけでは腎機能がどのくらいまで下がっているのかわからない。正常値を示すものもあり、もう少し詳しい検査をしないとわからないという。しかし体重の急激な減少、脱水があるため、水分を補給しないといけないことだけはわかった。

さらに先生と話をした。
今の段階でわかるのはごろにゃんが間違いなく腎臓系統の病気であること、尿路か腎臓に結石があること、腫瘍の存在らしきものは認められないこと、だという。
点滴をした後、食事が摂れるかどうか確認をしたい、食事を摂れるようになるならまだ軽いうちの腎臓病だであり、そうでない場合は重症だと。検査結果だけでは重症の可能性は低いが、腎機能が壊れはじめているのは事実で、それをどうやって維持、悪化を遅らせるか、ごろにゃんにとって一番いい治療法、そして飼い主の私にできることはどこまでなのか、見極めたいとの話。

その案に私は同意し、連休明けまでごろにゃんは入院になった。
診察室でごろにゃんに「痛いけど、必ず迎えに来るからね。」それしか言えなかった。ただごろにゃんが一生懸命生きようとする強い目をしていたような気がしたのが救いだった。

ごろにゃんを通院地獄にはしたくない。ごろにゃんにとって自宅でのびのびと過ごさせてあげたい、もし可能なら自宅でできる処置は全て私にできるような病状であってほしい、それだけを考えていた。

ごろにゃんのいない自宅は何となく違和感がある。いるべきところにいるはずのものがいない、いつも歩いているところに姿がない、フクロウみたいな丸い目がどこにもない。
先程室内にいるはずのないごろにゃんが、のしのし歩く姿の幻を見た。勝手な推測だがここに帰ってきたいと思っているのだろう。そして私も無事に帰ってきてほしいと思っているのだろう。

| | コメント (0)

もう一つの心配事。

我が家で10歳を迎えた猫のごろにゃんの事。

8月頃から体重が軽くなったと感じていたが、昨日量ったら何と2・6キロ!

週末に予防接種を控えているが、心配なので掛かり付けの獣医さんに相談したところ、急性の疾患が疑われるとのこと。その日は予防接種をやめて、血液検査、尿検査、便検査をすることになった。

悪性腫瘍、結石、腎不全、甲状腺機能障害、いろいろ考えられるが考えてばかりじゃ始まらない。検査の予約を入れ、今週土曜日に検査をすることとなった。

そのために毎月積み立ててた預金がある。動物保険に入るよりはるかにトラブル準備としては役に立つ。そう院長に言われて数年間コツコツためてきたもの。これを使いたくないと思っていたが、どうやらその日が来てしまったようだ。

ごろにゃん、病気になるのにちょっと10年は早過ぎるよ。あと5年は生きていてほしいんだよね。でかおの姉としてしっかりつとめを果たしてくれていたよね。でかおがごろにゃんの事をしっかり覚えていられる年までは頑張ってほしいのよ。

ごろにゃんのためにも、やれるだけの事はしっかりやるからね。かかりつけの獣医さんともしっかり何をどうするか相談してくるからね。

| | コメント (0)

うそお?

洗濯物を干そうとしていたら、飼い猫ごろにゃんがベランダに脱走しようとして窓際に貼り付いていた。

抱き上げてどかしてみたら…異様に重さが軽かった…。

え?毛づやもいいし、最近はエサの吐き戻しもほとんどない。便通も異常ないし…。何だってこんなに軽くなっちゃったんだ?おかしいと思って体重をはかってみると4.6キロ…。以前と全然変わってないじゃないか…。

後になってまさかと思いでかおの体重をはかってみたら、どうやら5ヶ月になったばかりの現時点で8キロを超えてしまっている様子だった…。こんなの片手で抱っこしたり、抱っこ紐に入れて一時間も歩いたりしてるからごろにゃんを軽い!と勘違いしただけだったんだね…。

ごろにゃんは最近になってでかおのそばにやってきたり、でかおのものの上に乗っていたりと今まで無視していたはずのでかおに興味を示すようになってきた。でかおもはっきり猫という事はわからなくても、ごろにゃんが動くものである事はわかっているらしく、目で追いかけたり、手の届く範囲にいたりすると手が伸びてごろにゃんをつかもうとしていたりする。

そんなでかおに対してごろにゃんはただ「何だよ~」と迷惑そうな顔をしてひたすら逃げるだけ。ごろにゃんは私や夫がちょっかいを出すと「何すんだよ!」と爪を立てたり噛み付いたりする事もあるが、でかおにはやってはいけない、と何となくわかっているように思える。

| | コメント (3)

猫があまあま

今週に入って何が理由かよくわからないが、我が家の猫がやけに甘ったれになっている。

夜は人のところにやってきて寝ているが、普段なら昼もそんなにべたべたはしてないはずなのに、やたら人のところに寄ってきてべたべた。昼うとうとしてるとべったり。何かしていても近くにべたっという事も…。

ただ寒いからかな?と思ってはいるが、それにしても随分べたべたしている。

体調が悪いんだろうかとも思ったが、イタズラしているときはイタズラ全開なのでそんな事もなさそう。朝になれば夫にべったりしてるのでただ人恋しいだけか…。

猫ってもっと勝手気ままな動物だと思っていたので、こんな一面を見るとちょっと不思議な気持ちになる。基本的に自分中心、人に合わせるという感じは全くないがちょうどいいこの距離感、いいなあ。

| | コメント (0)

そんなに好きなの?

我が家の猫ごろにゃんは基本的にキャットフードなら何でも食べる猫だった。

しかしいろいろ調べているうち、どうやらトウモロコシ系の食物にアレルギーらしきものを持っているようだとわかり、現在はロイヤルカナンの処方食を食べさせている。一応アレルギーを持つ肥満猫用のドライフードで、今は夫が獣医さんまで定期的に買いに行っている。

昨年転居してから家が多少広くなり、勝手に動き回るスペースが増えたせいかごろにゃんは家人が不在の間はあちこち動き回っているもよう。そのせいかだんだんとたぷたぷで真ん丸かった体が締まり、気がつくと前足も後ろ足もがっちり、足の付け根や胸の部分に筋肉らしきものも増え、ジャンプ力なども増した。その後ダイエットしたわけでもないのに体重は減り、5キロ近くあったものが4.2キロ程度に落ち着くようになった。

そんな事もあり獣医さんに許可をしてもらい、週末だけ猫に缶詰のエサを与えるようになった。一応原材料等はチェックした上、比較的まともと思われるものを使っている缶詰を購入するようになったのは最近のことだ。

ごろにゃんは肉より魚に興味を示す猫で、肉の入った缶より魚の入った缶が好きだ。普段のドライフードが肉系なので、缶は魚主体のものにしてみた。その中でもまぐろベースの缶でささみミックス、しらすミックス、まぐろ単体、サーモンミックス、かつおベースの5種類を試してみた。

この中でささみミックス、まぐろ単体、かつおベースには特に興味を示したごろにゃん。しらすミックスとサーモンミックスは食べるがそれほど反応がない。結果的に三種類をよく買うようになったが、この中で一つだけ異様な反応を示すもの、それがかつおベースの缶だったのだ。

かつおベースの缶を開けると、喉が鳴ってしまうのだ。そして保存のため冷蔵庫に入れてあるのを取り出そうとすると「にゃん!」と鳴きながらどこにいても跳んでくる。しまいには人が家事をしていようが、夫がゲームをしていようが前足でとんとんと人をひっかき「にゃ~ん!」とえさくれ攻撃。かつおの時にはこれが尋常のペースではなく、ほぼ一日中エサねだり。たまに寝てると思って油断していると、ちょっと冷蔵庫に近づこうとしたり、椅子や床から立ち上がろうものなら「にゃっ」と鳴きながらすっ飛んでくる。

「そんなにかつおが好きなのか…。」と私も夫も驚いた。夫はついにごろにゃんを「かつお猫」などと呼ぶようになってしまった。

ちなみに焼いた魚はどれでも大好きなようで、鮭だろうが秋刀魚だろうが、鰤だろうが何でも食べたがる。食事中にテーブルに乗ってきてまで奪って食べるようなマネは絶対にしないが、うっかり魚の皮など台所に置きっぱなしにしようものなら、いつの間にかくわえて歩いていたりするので油断ならない。

| | コメント (3)

缶?

昨年今の家に越してきてからか、週末になるとごろにゃんに缶詰入りのエサを与えるようになった。

普段はカリカリの療養食ベースのエサなのだが、猫自体の体重がだいぶ落ち、広い家に越してからはよく室内をとびまわっているせいか代謝が上がった様子で、おなかのたぷたぷ以外は筋肉質の猫に変身したごろにゃん。毎日缶詰を与えるのではないのと、缶詰のエサが魚ベースで消化が良いのもあって、切れ痔にもなりにくい様子。獣医さんにも週末だけなら缶詰入りのエサをあげても大丈夫そうだとお墨付きをもらったので、私たち家族がいる休日だけは缶詰入りのエサがOKになった。

缶詰入りのエサ(以下猫缶)を出す時はいっぺんに出すと全部食べてしまいはいてしまうことになりかねないので、少しずつスプーンですくってお皿に出して食べさせている。やはり普段の食事よりはおいしいようで、休日は目が輝いている。

そのうち私や夫が動くだけでエサねだりをするようになってしまった。かわいく「ニャン」と鳴いて、控えめに前足を人の足にかけてくる。最初はそんな感じだったのだ。

それがだんだんエスカレートし、最近はもう容赦なし。いきなり無言で前足を人にかけてきて「トントン」と叩く。夫がいると聞こえないように私の顔を見て口を横にあけて鳴くふりをする。それまで無視していると小さい声で「カン」と鳴くようになってしまったのだ。

最初聞いた時は驚いた。明らかに休日だけは「カン」と鳴いている。夫に話したが「まさか。そう聞こえるだけだよ。」と笑っていた。

しかし昨日夕方、私がお風呂に入っているときごろにゃんは夫の前で「カン」と鳴いたという。「本当にカンって鳴いてるよ…。」と夫は唖然としていた…。

ちなみに平日は「カン」と鳴くことはない。猫缶を出している休日だけどういうわけか「カン」と鳴く。まさかとは思うが「缶」って言葉だけは意味わかってるんじゃないだろうな…。

| | コメント (6)

少しずつ少しずつ

先日電車に乗っていたときのこと。ある学校の広告におもしろい表現を見つけた。井上ひさしさんが書いたもののようだが「この世の入口」「この世の出口」というもの。内容はこの世の出口付近にいる私(井上さんの事だと思う)がこの世の入口にいる若い人にものを書くことの楽しさを伝えたい、というようなものだったと思う。表現の仕方がなかなかだなあと思いながら見ていた。この表現、今回は少しお借りしたいと思った。

実は今日は我が家の猫ごろにゃんの予防接種&健康診断。今年で7歳になるごろにゃん、いつの間にか人間年齢でも中年の域に達し、私の実年齢とさほど変わらなくなってしまった。見る限り特に健康状態に問題はなさそうだが、早めに健康診断をしておく方がいいと思い今回は健康診断も依頼した。さらに歯の状態も確認してもらう事にした。

猫をケージバッグに詰めて夫とともに獣医さんへ。猫自体はびびり体質で昔は獣医さんに行くと私にひっついていた。しかし長く生きてきた中で少しずつ知恵がついてきたのか、昨年くらいから診察台の上で唸ったり怒ったりする姿が見られるようになってきた。今回も触診までは大丈夫だったのが、採血の気配を感じるなり診察台の上で怒り始め、暴れ出したため奥に連れて行かれての採血、予防接種となってしまった…。

結果的には今年の健康診断結果は問題なし…歯の方も全体的にきれいで歯石は奥の方に少しだけで、歯肉炎も奥の方にやや炎症は見られるものの、麻酔をしてまで歯石を取る状態にはあらずとのこと。歯磨き用ガムを食べさせているがそれが効いてたのか…これからもこれは続けていこうと思った。

なお、血液検査の結果は全てが正常値。これだけなら何の問題もない。しかし、細かく数字を見ると腎臓機能の低下を示す値が正常値の範囲の中では高め、さらに膵臓機能の低下を示す値もやや高め、経過観察を要する状態である事がわかったのだ。猫にとっては腎臓機能は大事なもの。来年以降の健康診断は欠かせない状況である事がわかったばかりか、これから先も健康状態には少しずつ気をつけてあげなくてはいけないようだ。もともとドライフードで育ててきたからか、子猫時代から水もたくさん飲み、たくさん排尿もする猫であるごろにゃん。体も大きめで決してやせ猫ではないごろにゃん。今はえさもたくさん食べたがるが、えさ量が基本的に足りないのか最近になって体重が500グラムぐらい落ちてきているのはわかっていたが…今日の時点では昨年より700グラム減だった…。以前よりごろにゃんの健康状態には目を光らせないといけないようになったのだなと思った…。

そんな事言ってる私も、今回この世の入口に立とうとしているものを体を張って支えているうちあちこちにおかしな症状が出てきてしまったのがあり、猫の事がとても他人事には思えない。自分ではそれほど年を取ったと自覚していなかったのだが…。

少しずつだが私も猫もこの世の出口へ向かって進んでいるのだ。しかも今はどちらもこの世の出口まで半分くらいの位置へ来ているのだ。しかもこれから先は猫と私が同じスピードで出口に向かっていくわけではない。その事を心のどこかにきちんと覚えておこうと思った今日だった。

| | コメント (0)

出会いと別れの季節

春は出会いと別れの季節。それは昔から言われている話だ。

意外な事に秋もそんな季節だったりする。夏休みが終わり、同級生が親の転勤に伴い転校していく、その逆に新しく転校してくる子がいる。学校の頃は出会いと別れが必ずこの時期にあった。

今回はそれとは少し違う。

うんと昔高齢者と関わる仕事をしていた頃の事。秋になってから必ずと言っていいほど相次いでお別れがあったりした。夏の暑さが一段落し、涼しくなった頃に「え?ウソでしょ!?」というような訃報が続いたり、元気だった人が突然体調を崩し始め、回復していたはずなのに、そのまま天国へ行ってしまうなど驚く事があった。

そう言えば私の父方の祖父も、母方の祖母もこの頃に体調を崩し、それが致命的なものとなりその年の秋にこの世を去っていった。

実家にいた頃近所には犬や猫がたくさんいたが、その姿が見えなくなるのは不思議な事に涼しくなり始めてから。夏の暑い日外で涼んでいた姿を見かけたのに、どうしたんだ?などと思っているとお別れの知らせが…それもたいてい秋になってからだった…。

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、という言葉があるが、過去の経験の中でどうしてもお別れも多いのが秋、というのが私の中にはある。

お別れの思い出が多い中で、唯一出会いの思い出を持つのが我が家の猫ごろにゃん。2001年9月下旬に道端で出会い、それからいろいろあって我が家の猫となった。この猫も今年は7歳。出会いの思い出とともに刻んできた歴史が積み重なるとともに、いつかは来るお別れの事がふと頭をよぎる事がある。子猫時代に野良をしていた頃ひいていた風邪が原因で鼻が利かず、食物や薬品にもアレルギーを持つ。食物を吐き戻す事もわりとあり、さらには大腸炎を起こしやすいなど決して体が丈夫とは言えない猫だったりする。健康な猫を飼っていたら経験しないような事も何度かあったが、それでもここまでいっしょに来た。これからどんな事が待っているのだろう。どこまでいっしょにいられるのだろう。

そんな出会いや別れを繰り返しながら人間は生きていくんだな、などとふと思う今日この頃だったりする。

| | コメント (0)

歯みがきガム

うちの猫ごろにゃんはかなり強い口臭持ちである。慣れているのであまり気にはしていなかったが、あくびをした口の中をのぞいてみると最近は歯石もかなりついているような気がしていた。歯肉炎も一時期ひどかったことがあった。

実は拾った時、生後半年くらいからごろにゃんには歯肉炎の症状が見られた。一部は乳歯が抜けた跡だったりもしたのだが、何でこんな小さいのに歯肉炎なんてあるんだろう?とちょっと不安だったのも事実。なので小さい頃から歯みがきをしていこうと思っていた。

ところがごろにゃんは歯みがき大嫌い猫だった。歯ブラシを持っていくと「イヤ!」と言わんばかりに顔を背けた。だったらと無理やりガーゼで歯を拭いてやろうとしたら私の手に「ガブー!」手には穴があいた…。歯みがきの薬もあるが、慣れさせようとしてもなめもしやしない。もうこの猫に歯みがきは無理だと諦めた。

そんな中で歯みがきガムがあることを知った。pomchackさんのブログで知ったビルバックチュウというガムだ。pomchackさんのところでは犬用ということだったが、猫用もあると教えていただき調べて早速一つだけ取り寄せてみた。大量に買って使わなかったとなったらこちらもへこむので…。

届いた当日からあげてみることにした。形はやや大きめの円柱形。でもこれだとごろにゃんは丸のみする危険性も大…。一日一個、二つにちぎってあげることにした。

めずらしくごろにゃんは大喜び!丸のみしようとしても簡単には食べられないようになっていたようなので一生懸命くちゃくちゃとガムを噛んで食べていた。ただある程度になると疲れるのか丸のみしようと…。げげっ、かえってちぎってあげない方がいいか…。

ということで三日目から丸ごとごろにゃんに与えてみた。とにかく一生懸命噛む事ったら!普段猫のえさをほとんど噛まずに丸のみしがちなごろにゃんがよくもここまで、と飼い主の私が驚くほどよく噛んで食べてくれている。

ところが食べ終わると「もっとないの?」と目で訴えたあげくに、ついにはガムの入っているえさ箱まで前足で開けようとしているではないか(ふたが強力なので猫には開けられないが…)。ここまでごろにゃんがガムを好むとは思ってもいなかった。

歯みがきガムの影響はまだ今のところ大きく出てはいないが、あくびをして口の中をのぞきこまれるのを嫌がる(もっとも少し前に夫が「歯茎チェック」と称して無理やりあくびの口を閉じさせないようにしていたというのはあるが…)ごろにゃんが、やっと堂々とあくびをするようになってきた。心なしか口臭が少し減ったような気はしなくもないし、今のところ口の中にも真っ赤な炎症は見られていない…。

無事一袋食べ終わるようならば、歯みがきの習慣がないごろにゃんに継続的に与えてみたいと思う。猫だって歯は大事なものだから…やっぱりいっしょに暮らしている以上長生きしてほしいし。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧