きもの

振袖の思い出

毎年成人式の日が変わるようになったのは何年か前だったような気がする。当然ながら私が成人式を迎えたときは毎年1月15日が成人式だったのだが…。

近所をふらりとしてみると紋付袴姿の男性や、振袖の女性が数人見られた。おそらく皆成人の集いのようなところへ行くのだろう。美容室を覗いてみるとやはり振袖姿の女性が。私もずいぶん前に振袖着たなあ…と懐かしくなった。

成人式を迎える前、私は着物など別に着たいとも思わなかったので振袖など買ってほしいという気もなかった。着物なんて面倒だと思っていたのだ。だからと言って車がほしいなんてことも全くなかった。偶然大学に受かったことでごくごくまじめな大学生をしていた。大学行っちゃっただけで余計な費用がかかるのに着物を買うなんていったらいったいいくらかかるんだよ?と思っていたのだ。さらに成人したからと言って何が変わるの?スーツでも着て親族に挨拶くらいする程度でいいじゃん、と思って過ごしていたのだった。

前の年の秋、両親のどちらかがきもの会社の新聞広告を見つけ、成人式の振袖を一日無料でレンタルするというとんでもない懸賞に応募していたようだ。ところがそれが当選!しかもそれはどの振袖をを着ようと費用は全くかからないという。私は全く着物を着るつもりもないまま仕方なく母に連れられいっしょにきもの会社に出かけたのだった。

もともと着物を着る気がないのだから選ぶのも適当な私。しかし店員さんからは選ぶもの全てにダメ出しが。確かに着ると「似合わねぇ…」「何これ~?」の連続で私はいい加減イヤになってしまった。そんな時に店員さんがある着物を持ってきた。何やら有名な染織の方が作った一点ものの着物だとか。薄いピンク色から全体に絵が入り、かなり多色の色が入りながら上品な感じになる着物。物知らずの私が見てもこれはレンタルなんかで貸せる着物じゃない。「そんな高いのはちょっとなぁ…。」と言う私に店員さんは「どの着物を着てもレンタル料は無料なんですよ。それだったら一生に一度の成人式、このくらいの着物を着てみてもいいんじゃないですか?」と…。

しぶしぶ当ててみたら意外な事に似合う。「あれれ?」と思い他のものも当ててみたがその着物がどう見ても一番似合う。「あらら、これがどうやら一番似合ってるような気が…。」と言うと店員さんは笑った。「まさか一番最初にこれがレンタルで出て行くとは思ってもいませんでした。」とのこと。どの着物を選んでもレンタル無料と言うのはウソではなかった…。私自身もこの着物なら着てもいいと思ったのでレンタルしてもらうことに決めた。

しかし「私が着た後この着物どうなるんだ?」そう思った私は店員さんに「レンタル終わった後この着物はどうなるの?」と聞いてみたのだ。すると思わぬ答えが返ってきた。「これは安く払い下げられてレンタル用として貸衣装屋さんに売却になります。」と。一回人が袖を通しただけでもほとんど値段がつかず払い下げになってしまうのだそうだ。

この時には私自身がこの着物を気に入ってしまっていた。「レンタル後に買い取りってできるの?」と私が発した一言に母も店員さんもびっくり仰天!その後は大騒ぎになってしまった…。母は顔を引きつらせた。最初レンタルでいいと言ったのに「ほしい!」と娘が言うとは思わなかったので手痛い出費を覚悟したのだ。店員さんも呆然としていた。レンタルするつもりだったのに買うとか言われて店員さん一人での判断ができなかったらしい。結局その場では結論が出ず、とりあえずレンタル契約はしてお店を出たのだった。

しばらくしてお店から連絡があり、振袖はレンタル後買い取りという形になり、本来の値段よりはるかに安価で私の手元に来る事が決まった。その値段だと私がアルバイトで多少貯めたお金が出せる。両親は「何てこった…。」と言っていたものの、アルバイトで貯めたお金を超える部分の買い取り分を出してくれたのだった…それは今もありがたいと思っている。

結局着物を着て成人式にのぞむことになった私だった。あんなに着物を着る気がなかったくせに、いざとなったら自分が気に入った着物を着られた事はとてもうれしかったのだ。そして何より驚いたのは着物を着てもほとんど苦しくなく、歩いたりするのも何も問題はなかった。さらに思っていたより着物での動作に支障がなかったこともあり、着物を着ることに対して「面倒だなあ」とか「やだなあ」という気持ちは薄れた。成人式後人間としては私自身特に何が変わったというわけではなかったが、確実に着物が好きになった。

その後も友人の結婚式などでその振袖を2回くらい着た。大学の卒業式も着物を着たし、自分の結婚式でも着物を着た。夏の結婚式が数回あったのでその時は着物を着なかったが、それも夏以外の時期だったら確実に着物で出席したと思う。今もごくたま~にだが着物を着ていたりする。

この振袖をきっかけに着物が好きになるとは思ってもいなかった。世の中何がきっかけで興味を持つかなんて本当にわからないものだ、と思った。

| | コメント (6)

初めての夏きもの

少し前に綿麻の着物と帯を購入しましたが、何だか暑いような気がして一度も袖をとおしていませんでした。

今日は会社からお休みをいただいて母といっしょに祖父・祖母のお墓参りに行くことになっていました。朝起きてみるとそんなに暑くない、出かけるまでの時間はかなり余裕がある、ということもありその着物を着て出かけました。

襦袢を着てぎょっ。半襟のつけ方がおかしいのです。襟芯が入っているほうを内側にしてしまってました。何とか着られるのでそのまま・・・。

着物を着るのは難なくいきましたが、帯結びが苦手な私は悪戦苦闘。気がつくと帯にうちの猫がとびついてくる始末・・・。

出かけようとしてふと気がつきました。足袋履いてない!!慌てて足袋を履きました。普通一番最初に足袋を履いておくんでしたね・・・。

何とか着物をきて出かけましたが、帯板するのは忘れてるわ、帯がゆるんでくるわで苦笑するしかない状態でした^^;でもお墓参りを無事済ませ母といっしょに浅草まで足をのばしてきました。仲見世を歩いていたら外国人観光客から「いっしょに写真を撮ってください。」と頼まれ、写真撮られ嫌いの私も「やだ。」とは言えずパチリ。

        「ちゃんと着物着られてなくてごめんなさ~い><」

浅草からの帰宅途中の乗り換え駅で少しあたたかいできごとがありました。私の帯が緩んでいたのを見つけた年配の女性が私を追いかけてきたのです。「ごめんね、私も人の着物を直すの上手じゃないんだけど、帰るまでは大丈夫だと思うんだ。」といいながら帯を直してくれました。きものの好きな方だったようで短い間でしたがきものの話がはずみました。名前も知らないその方へこの場で一言。

「あれから家に帰るまでずいぶん寄り道しましたが、帯を締め直していただいてから着崩れしませんでした。本当にありがとうございます。」

午後になってから日差しがきつくなり暑くなってきましたが、きものでのお出かけは思ったほど暑く感じませんでした。汗をかいたのは着付けがうまくいかず冷や汗をかいたときだけだったかも・・・。これからゆかたで少し練習しようと思いました。

| | コメント (3)