« パワフル感染症! | トップページ | 世代間の高く厚い壁 »

親は誰なの?

最近メダカの産卵ラッシュで、採卵したものからほぼ100%の割合で稚魚が孵化している。

一番最初に池の底の方で隠れていた稚魚が見つかり、それがシロメダカとわかったのは先月末。この子はもう大人の池で群れの一員として育っている。

その後昨年職場の同僚に頂いたメダカが産卵。採卵したものからは四匹のヒメダカが誕生した。無事メダカの姿に成長したのは三匹だったが、この子達も先週末に池に戻され元気にしている。ただこの時ヒメダカは二匹しかいなかった。オスの個体は一週間後ぐらいに亡くなったため、ヒメダカ同士のペアとは考えにくい・・・。父親は誰?

梅雨明け頃からしばらく産卵したメダカを見つけられなかったが、7月中旬頃からメダカが卵をお腹につけて泳ぐ姿を見つけたため、早朝に卵を下げたメダカを別水槽に移し、卵を水草につけたのを確認しては戻す作業を二日間ほどした。

昨日からその卵たちの孵化が始まった。シロメダカから採卵したのだが、最初に泳ぎ出したのは三匹のうち二匹が確実に黒く、一匹が透明。遅れて二匹が透明だった。母親はシロメダカだが、父親はクロメダカの誰なのか?

翌日採卵したシロメダカの卵からは、透明なメダカばかり五匹が生まれた。この時は父親はシロメダカ?

同日ヒメダカも採卵したが、まだ卵に目が見える程度。何色の稚魚が孵化するだろう。

と楽しんでいるうちにふと気付いた。このまま順調に育ったらメダカの稚魚だけで20匹?10月ぐらいまでにしっかり育たないと屋外で冬は越せない。8月の時間があるときだけ採卵することにした。

池の中にも卵は何個か見つかっている。昨年は池の中で孵った稚魚が10匹以上いたが、秋までにきっちりとした体に育てられず、屋外での冬越し前にいなくなってしまった。今年は昨年の反省を生かして、丈夫な二代目を育てて、いまいるメダカで池を維持していきたいと思う。

ふと稚魚水槽が100円ショップの小さいのでは、生まれたの全部育てられないので、もう一回り大きなプラ水槽と、稚魚用のエサを用意しておこう(青水で飼育してたら赤ちゃんたちは元気に大きくなり、体力もつくような気が・・・)。

後は池で何匹の稚魚が生まれるか・・・ちなみに今年はまだ一匹しかお目にかかってません。これからみつけられますかどうか・・・。

楽しみやら怖いやら。

|

« パワフル感染症! | トップページ | 世代間の高く厚い壁 »

数ある趣味のお話」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
うちの職場でもクロメダカ育ててます。会議室の飾り?に置いてある甕の中に3匹いたんですが、世話をしていた人が転勤。かわってえさをあげるようになったんですが、後輩が水草に卵が産み付けられてるのを発見。研究部署からシャーレー借りてきて、移動させたのが始まりで、それから職場の仲間有志で「メダカ研究所」通称「メダ研」なるものを結成して、育ててます(笑)水つくりから、成長段階にあわせてえさを考えたり、むっちゃ楽しいです。6月あたりから孵化する確立があがってきて、現在ではうちの部署にはメダカ用のステンレス棚が作られて、水槽をマンションのようにしています。おそらくもう百匹は超えてるかな。
一番大きく成長しているやつで12ミリくらいに成長してきています。

投稿: ばなな | 2011年8月18日 (木) 21時03分

ばななさん、こんにちは。
メダカって卵食べちゃうから、放置してると増えないんですよね。たまたま水草の見つけにくいところにいるのが孵化するんですよね。ばななさんの職場でもメダカを楽しんでいるとは!同士がいてうれしいです。

こちらでは震災の少しあと、屋外で飼育してたのが一匹だけ残して死んでしまいました。室内で飼っていたのが数匹いたのと、いただいた数匹をしばらくしてから池に入れて、そこからは順調です。

採卵は週末しかしませんが、既に稚魚は30匹超えてしまいました。メダカは小さいけど人にも慣れるし、きわめていくと楽しいですよね。

投稿: タピアン | 2011年8月19日 (金) 07時56分

こんばんは。
今日もまた十数匹が孵化しました(笑)。ぼちぼちまた一つ水槽を増やそうかと相談しています。
そうなんですよね、ほっとくと卵食べちゃうんですよ。卵採り名人の後輩がいて、卵みつけるのがむちゃくちゃ上手いんですが、先週その後輩が数日間出張で不在だったため、卵採取率が低下した時期がありました。でも、そやつが帰ってきてから、またペースアップしています(笑)
メダカ、可愛いですね。毎日癒されていますよ。

投稿: ばなな | 2011年8月19日 (金) 21時36分

ばななさん、おはようございます。
卵を見つける名人がいるとは!私はもう老眼が進み、無理なので、卵をつけたメスをすくい、水草を入れたプラケースにいれて、卵がお腹からはなれたのを確認したらメスを池に戻してました。その間に時分で生んだ卵も食べちゃうことも。
産卵してお腹に卵ぶら下げてるメスを追い回して卵食べようとする輩も我が家の池にはいます。

ただ稚魚を食べるまではいかないらしく、池に戻した稚魚四匹は元気に育ちました。

生後一ヶ月くらいまでは水替えもほとんどしなくていいのですが、稚魚の餌は・・・我が家はケチなのでグリーンウォーター作ってあげてました。我が家は今は30匹稚魚がいますが、秋までに何匹メダカの姿に育つやら。
針みたいな稚魚が一センチ超えて、メダカの体型になってくると感激しますよね。

投稿: タピアン | 2011年8月20日 (土) 05時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワフル感染症! | トップページ | 世代間の高く厚い壁 »