« ルンバ | トップページ | 保育園の力 »

凶暴なメダカ

少し前からヒメダカを飼っている。いただいたものだが市販のものより随分赤いような気がしていた。小さな子供のメダカもミカン色。

楊貴妃という名前の種類だと知ったのはつい最近。いただいた方もただのヒメダカと思っていたそうだ。

我が家にいるのは現在総勢七匹。成魚五匹に子供二匹。子供の二匹はスリムで、最近ひれにきれいな赤みが出てきたばかり。身体自体はまだミカン色だ。大人五匹はもう立派に全身が金魚色。体型もすこしだけ丸みを帯びた何とも言えない曲線美。

水槽の中には冬越しのためにシロメダカもいる。総勢七匹いるが、みんなスリムで、秋刀魚のミニ版みたいな体型をしている。群れたりくっついたりしながらもお互いをどついたりはしていない。水槽内をすいすい泳ぎ回っている。

楊貴妃グループはというと、子供組を除いては餌をまくと一番にすっとんでくる、お互いにえさでどつきあう、同居のミナミヌマエビを追い回す、水槽の壁についた貝をひっぱがす、楊貴妃同士で上へ下への大騒ぎになってしまう。

シロメダカは大人しくおこぼれちょうだい状態。それでも体の大きいボスシロメダカがうまく群れを率いているようで、順番に餌を食べに来る。

楊貴妃なんて名前のわりには性格荒いなぁと苦笑したくなる。ちなみに我が家のベランダの池では黒メダカも十匹前後越冬中ですが、このメダカはよく群れを作りケンカもなく仲良く暮らすタイプのようで、かたまって越冬しておりました。

|

« ルンバ | トップページ | 保育園の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルンバ | トップページ | 保育園の力 »