« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

恐れていた事が…

私に産後うつの診断が下ったのは先週の事。

息子のでかおの事だけは何とかしようと、ダメダメながら手づくりのおかゆに何か混ぜたり、ベビーフードを与えて離乳食をあげたり、生活リズムを整えようと頑張ったりしていたのだが、肝心の自分がごはんを摂れなくなり、食べる事すらできない状態に。そのうち食物を食べる気力を失ってしまい、三食食べないなんて事まで…。一ヶ月前はでかおを連れて遠くまで出かけていた体力も気力もあり、家事も育児も何とかこなせていたはずなのだが…。

そのうち午前中起きる事が全くできなくなり、でかおの世話だけは何とかするものの体力的にも精神的にも限界状態、私がでかおの事以外では寝たきりになってしまいついに夫、実家の両親、義両親総動員でヘルプに来てもらう状態になってしまったのだった。

今思えばでかおの下痢以来の事なのだが、一週間のひどい下痢の後、もう一週間軽い下痢が続き、重い時期の看病をほぼ一人でやっているうち自分も感染、そのまま風邪まで引いたのが運のつきだったのだと思う。軽い時期は実家にヘルプを求めて実家で何とかしたのだった。

そこへ私の体調不良の波がやってきてどうにもならなくなってしまったようだ。どうにもなさけない母親である。

この下痢は後でロタウィルスらしいとわかり、本来だったら入院になるほどのものだったらしい。しかし、でかおは全く嘔吐がなく、一日中下痢をしながらも病院等へ行くとありったけの力で笑顔をふりまきはいずりまわっていたため重症と思われなかったのだった(家では一日中便が出続け泣き叫んで、昼は眠れないほどぐずり、台風の雨の中、眠くなると必ず行けば眠るマンションの14階まで何度も往復するなどしていた)。

しかも私には育児疲れでかかっていた心療内科の薬が合わず、午前中は死にたいという最悪の一週間まであり、入院したいと本気で思ったくらいだった。しかし薬を替えてもらったところ午前中起きられない事がぱたっとなくなってしまったのには驚いている。ここでそれほど重症とはいえないものの産後うつになっていることがわかったのだ。

不幸中の幸いだが、この状況ではでかおの養育がまともに出来なくなりかねないため、以前からかかわりのあった近所の無認可の保育園へ相談したところ、私の状態が良くなるまで平日昼間にでかおを保育してくれる事になったのだった。でかおは先週から保育園へ通い始めたが、風邪はもらってくるものの熱を出したり泣いて大騒ぎすることもなく、休む事も早退も一度もなく、二週目の今は保育園の先生にも場所にも慣れ、保育園の中をずりずり這い回って遊んでいるとか…。

今回は本当にでかおを含め、夫や親族、さらには保育園など周囲に大迷惑をかけてしまう結果になってしまった。薬が効いてくるまで1ヶ月はかかる事、体調が戻るまでまだしばらくかかる事でしばらくブログの更新はお休みになりそうです。コメントもできる時にお返事しますので、ご了承ください。ときどきブログはのぞきます。

ちなみに、でかおはやはりおすわりをしないままで高速ずりばいを進化させていました。

ところが保育園に行き始めてしばらくしてから、時間は短いもののお座りができるようになってきました。離乳食も保育園に通い始めて自動的に三回食になってしまいました。おやつまで食べ、保育園では給食もおかわりするとかで、とんでもなく育っています。

最近あんなに大好きだった抱っこを通り越して、足の力がないのにつかまり立ちをしようとよじ登ってきます。抱っこはあまりの重さにかなりの負担になってきましたが(力がないので片手で抱っこできない!)、そっくり返ってつかまり立ちしようとするのでおそろしい限りです。保育園ではおんぶで過ごしている時間がわりとあるのか、おんぶの方がずいぶん楽になったような気がします。でもおろしてほしいと叫んで反り返ってます…。

身長は標準曲線を上回り、体重も標準より少し重い程度。活発な動きをするし何にでも興味を持ち、どうしてこんなに順調すぎるほどに育っているのにお母さんが産後うつになったのか?お母さんがきっとまじめで優しすぎるから泣いていても放っておけないとか、すぐ相手してあげないといけないとか追い詰めてしまったんでしょう?と保育園の先生からも言われてしまいました。すっかり図星です…。

8ヶ月に入った頃から後追いが始まったのも追い詰められた原因かもです。そばを離れると姿が見えても泣くわ、ずりばいでどこまでも追いかけてくるわ…。保育園に行き始めてからはそこまでひどくはなくなりましたが、ベビーサークルの中に私がいれば一人遊びは長くしているものの、出ると追いかけて泣いてます…。

育児書どおりにはいかないとわかっていても、精神面の発達は育児書に書いてある以上に早く、身体面の発達は書いてある以上に遅く…いかなる状態でも心配なものです。

やっと親もこんな思いをして私を育ててくれたのだ、と実感したところです。私の両親に言わせると、私に比べると孫のでかおはちょっと扱いが大変な赤ちゃんなのは事実のようですが…。

| | コメント (2)

ごぶさたしておりました

でかおの下痢は一週間で完治しました。どうやらロタウィルスだったようです。

その後、でかおは座る事ができないままはいはいを始め、少しの間もじっとしていない状態と化してしまい、挙句には少しでも姿が見えないとぐずり、抱っこしてあやして機嫌をとっても、下に置けば泣いて騒ぐようになってしまったため、家事も、自分の事もできないようになってしまい、そのうち私の方が体調を崩してしまいました。

オムツも満足にかえられない、あまりに暴れて泣く騒ぐで、私自身も呆然としております。

少しくらい泣かせておいても平気とは言え、あまりに泣くのと、ゴキゲンをとるとなると一日中おんぶか抱っこ…私の体が持たなくなってしまったので現在SOS中だったりします。

ということで、しばらく落ち着くまでブログ更新が滞ると思いますが、何とかやっています。

| | コメント (1)

こんなに続くの???

先々週の金曜日からでかおが下痢気味になってしまった。

いつも一日一回かそこら、しかも大量の便をしているのが、ゆるゆるの水のようなで白みを帯びた黄色い便が出るようになったのだった。日曜日になってさらにそれがひどくなり、一日15回近い回数のゆるい便が出続けている。うっかりおしりふきで拭いていたため、でかおはおしりが真っ赤になってしまい泣き続けていた(今はこれは薬で改善されている)。

ミルクをこまめに頻繁にあげても下痢の回数は変わらず、金曜日には少しぐったりしていたので脱水を心配してイオン飲料をあげたり、いろいろ試行錯誤はしたものの全くよくなる気配がない。先週月曜日と金曜日にはかかりつけの小児科にも行き、薬ももらって飲んでいるのだが、週末も状況は改善されないままであった。

でかお自身はぐったりする事もなく、午前中はごきげんではいはいしているが、昼寝の時間は短くなり、夕方になると以前に比べてぐずり、寝つきも悪くなってしまった。だいたい同じ時間に寝て同じ時間に起きており、夜中に泣くのも一回かそこらだけだったとは言え、先週の半ばからは離乳食すら受け付けなくなってしまい、今はひたすらミルクだけの生活に戻ってしまった。ミルクを飲む量が多いので脱水はしないだろうとは言われており、下痢も二週間ぐらい続くと言われているのだが、毎日15回、ほぼ30分おき(見ると力んでウンチをしているのに気がついてしまうので)にオムツを取り替え、その都度お湯でおしりを洗い…これが予想以上にきついものだとは思いもしなかった。

しかも私もどうやら同じような事になってしまったようだ。もともと胃腸が丈夫なためそれほどダメージは受けていないものの…。

それにしても、赤ちゃんの下痢って言うのはこんなに続くものなのだろうか?と不安が強い私だった。二回食へ進んでいた離乳食もお休み、ミルクは一リットルは飲んでいるものの飲むたび下痢が2~3回…下痢止めは使わない方がいいという事で今は整腸剤とミルクの乳糖分解剤だけもらっているものの、こんなに下痢が続くのなら下痢止めをもらった方がいいのか?かかりつけだけでなくセカンドオピニオンをもらった方がいいのか、それともしつこいと思われてもかかりつけに再度かかった方がいいのか?と頭を抱えている私だった…。

…という事で、でかおが落ち着くまでしばらくブログは更新できなくなり、コメント返しも遅れると思います…。

| | コメント (3)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »