« そろって食いしんぼう | トップページ | おんぶ嫌いじゃなかったんか? »

とんでもない一週間

でかおのかんしゃくはただのかんしゃくではないと気がついたのが先週初め。

でかおは夏風邪をひいていたのだが、いったん小康状態になったのだ。しかしその週の初めの予防接種後にどうやらぶり返したらしい。症状がひどくなり、鼻水、咳、下痢…ととんでもない事になってしまった。熱はなく、夏風邪をひいていたことを申告して、予防接種を受けるには問題ないことも確認し、咳止めの薬も貰って飲ませていたのだが…。

もうこうなるとかんしゃくではおさまらず、でかおは一日不機嫌で大騒ぎ、大泣きを繰り返し…私自身も風邪が完治しておらずぶり返してしまい、日中は最悪の状態だった。ミルクを飲む以外泣き叫ぶでかお、日中はほぼ抱っこでないと寝ない、暴れる、騒ぐ。おんぶなどしようものなら絶叫して拒否、布団に置いておいても泣き叫び続けるだけ…家事もできなくなり、いったん風邪が治りかけたはずの私自身の体調もどんどん悪くなってしまっていった…。

実家の親もやってきてくれたが、あまりのでかおの荒れ様に仰天する有様…。実家の親の抱っこでは泣き叫びわめき続けるだけ。私が抱っこ紐に入れるとだんだん泣きが弱くなり、おさまって寝てしまうものの、布団に置いたら火がついたように泣く、の繰り返し。私がでかおを抱っこ紐に入れて抱っこしている他方法はなかった。

夜は比較的よく寝てくれてはいたでかおだったが、咳をする(でかおは目を覚ましてない)ため私も夫も続けては眠れず、細切れの睡眠が続く毎日だった。

その後急にミルクを飲む量が減った。この日かかりつけの病院が休みだったのをきっかけに、近所にあるかかりつけではない小児科へ行ってみた。そこでシロップの薬を処方されたのが木曜日の夕方。夏風邪ということで痰を切る薬が出された。さらには先生が「風の回復にはとにかく眠ることが一番。」と、よく眠れるような作用のある薬を出してくれた。この日は私の体調ももう限界で、翌日から休暇を取っていた夫がでかおの面倒を見てくれたのだった。

金曜日も不機嫌なのはあまり変わらなかったため、日中は夫と私で交互に抱っこしたりした。しかし薬が効いたのか夜間は驚くほど眠ってくれていたためか回復も早く、土曜日の午後になったらでかおにやっと笑顔が戻ってきた。

でかおの半端でない不機嫌状態は体調不良によるものだったのか…。気がつかず本当にごめんなさい…。

しかし子供の体調不良時の不機嫌さってのは一日中抱っこをねだり、泣き喚くほどすごいものか…いい勉強になったと今になってやっと思えるようになってきた情けない母親であった。

ちなみに、体調不良の不機嫌の他にももう一つ原因があったらしい。でかおはどうやら自分で体を動かしたいようだが、思ったように動けずかんしゃくも起こしていた様子。体調が戻り始めた頃突然寝返りを始め、ずりずりと変なはいはいもどきをして前進したりと体を動かすことが少しずつできるようになってきた。それとともにかんしゃくが突然止んだのだった…。

でかおはダメ母の根性をたたき直すために大騒ぎしたのだろう。

それにしても子供の回復力はすごいものだ。ぐっすり眠れる時間がまとまって取れただけでこんなにすぐ回復するのか?と驚いてしまった。

|

« そろって食いしんぼう | トップページ | おんぶ嫌いじゃなかったんか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろって食いしんぼう | トップページ | おんぶ嫌いじゃなかったんか? »