« お手玉 | トップページ | 育児を始めて »

そうなってわかった事

その壱

以前は電車やバスの中で赤ちゃんが泣き叫ぶのを聞いて正直なところ「うるさいなあ…。」と思っていた私。仕事で疲れた後などは特にそんな気持ちが強かった。私は小心者ゆえにお母さんと赤ちゃんを睨みつけるなんてマネはできず、ひたすら目をつぶって寝たふりをしていたように思う。(もう分別のつく小学生くらいの子供たちがぎゃあぎゃあ騒いで座席に土足で上がって遊んでいるのを注意しないでゲームに夢中だったりした親子には文句を言ったことはあるが…。)

街中で大声で泣き叫ぶ赤ちゃんの方はもともとあまり気にしていなかったのだが、公共交通機関の中ではどうも気になって仕方なかった。

でも、赤ちゃんがバスや電車に乗ったからって泣かないで済むわけじゃない。所構わず泣いてしまう事なんてあるんだよな…。

そう言えばだいたいのお母さんは赤ちゃんに泣かれて慌てている事が多かった。うるさいのはうるさいんだが、その時はお母さんも泣きたい気持ちになって一生懸命頑張ってたんだよな、と今になって思えるようになった。

「うるさいなあ」と非難めいた目で見るような事だけは絶対にやめよう…そう思った。そんな目でふと周囲を見渡すと…そういう視線で見るのは男性ではなくてむしろ女性の方!うわ、これは本当に気をつけよう!あらためてそう思った。

その弐

デパートなどでのベビーカー、あれも最初は「おいおい」と思っていた。混雑した中にベビーカーが乗ると身動きが取れなくなる。ぶつけられたり踏まれたりも結構あったし。

しかし、あれは親の態度次第でいくらでも周囲の対応が変わる事に気がついた。

「赤ちゃん連れてるんだから当然でしょ!」という態度で乗ってくる人には周囲の視線は冷たい。「邪魔なんだよね。」という言葉を浴びせる人や、ひどいとベビーカーを蹴ったりする人も(これは極端過ぎだが)。

ところが申し訳なさそうに乗ってきたり、一言「すみません」があったり、抱っこしてベビーカーを折りたたもうとしてる人などには周囲の行動は全く違ったものになり、みんなでベビーカーのスペースを空けたり協力的になってしまうのだ。「何も折りたたまなくても…そのまま乗ってくればいいのに。」などと言葉をかけてくれる人までいる。

さらにその後「ありがとうございました」などと親から言われたりすれば、多少ベビーカーがぶつかろうが、車輪で足を踏まれようがたいして気にはならない事に気がついた(だからと言って人にぶつけたりしてはいけないのだが)。

子連れ外出を否定するわけではないが、子供を連れている事で多少なりとも周囲に迷惑をかける部分があると言う事、それを不快に思う人も多々いるという事は忘れないでいようと思う。

その参

仕事をしていた頃、職場の近くのファミレスにはたくさんの子連れの専業主婦が集まって子連れで食事をしていた。優雅でいいなあなどと思う事もあったものだ。

ところがあれもそういうものではなかったんだな、と最近気がついた。

一日中子供の世話と家事で全てが終わってしまう専業主婦。どんなに一生懸命育児と家事をしたところでほめてもらえるどころか「それが当たり前」で済まされてしまう事が多い中、専業主婦には専業主婦のストレス発散の場がなかったらやってられない。

働かなければ保育園には入れないのだから、幼稚園に行くまでの数年間は子供のいる専業主婦は大変だ。これで父親が育児も家事もやらなかったら…専業主婦は一人で全て背負わなくてはいけないことになってしまう。そんなのが毎日続いたら楽しくなくなるのは事実だろう。

あのファミレスで見られた光景はそういう事だったんだな、とふと感じた。そうでもしなければ家の中で煮詰まっておかしくなっちゃうよね…。そう言えばお母さん方はみんな食事を楽しむというよりおしゃべりを楽しんでいたな…。

仕事をしている母親にだって時間がないだとか大変な事はあるが、仕事という場面で少なくとも認められたり給料を貰ったりしている分、多少は自分で使えるお金もある。ストレス発散の場もたくさんある。人とのつきあいも限られたところで一つだけなんて事はない。さらには家事を手抜したところで「仕事してるんだから仕方ないでしょ!」っていう言い訳だって言えてしまう場合も(←誰の事かな?私です…。)。

立場変われば人変わる、それを思い知らされた。でかおを育てているうちにふと今までの自分の気持ちの持ち方が変わってきた事に気がついたので書いてみた。そのうちまたいろいろ気がつく事があるのだろう。

ところがどっこい、だ。いまだにでかおの大泣きや寝ぐずりにイライラしてしまい、時には声を荒げてしまうような私だが、それもふと見るとたかが10分から30分程度。もう少し余裕が持てないといけないのだろうが、どうしてもそれだけは意識が変わらないんだよな…。

|

« お手玉 | トップページ | 育児を始めて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タピさん こんにちは~。
人それぞれの立場で状況が違うんだよね~。
自分の物差しでしか周りを見れないから私も随分心の狭い人間なんだろうなぁ・・・。

どう足掻いてもダメ人間から抜け出せなそうだから、せめて「ありがとう」って素直にお礼が言える心を持った人間になろうと思ってます。

あ、あとタピさんからの影響で子どもを産める機会が巡ってきたら産んでやろうと思うようになりました。

私の人生、自分の分身が出来るのは絶対ありえないって思っていたんですけどね~。
心(気持ち)の持ちようで考え方も変わるんだなぁって思いました。

投稿: ちい | 2009年6月 3日 (水) 13時35分

ちいさん、こんにちは。

私だって自分の物差しでしか周りを見られないんですよ。だから今もでかお育てている中で思い通りにならない事ばかりで苦戦してる(爆)。
ちいさんのコメントでふと我に返ったんですよ。ありがとうをきちんと言える人間にならないといけないんだなって…。
最後のお言葉恐縮です。育児ブログとしてはマイナスになるような事ばかり書いてるので(他の方を見るとこんなに冷めた目線で書いてないです…)、「子育てなんかしたくない!」という思いになってしまうものだ、と思っていたんですが…。

投稿: タピアン | 2009年6月 5日 (金) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お手玉 | トップページ | 育児を始めて »