« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

やかましい!

でかお、ちょうど生後三ヶ月となった。

相変わらず夜はよく寝てくれており、あまり騒がない。ただ、生活のリズムは少し変化してきたようで、お風呂前の夕方にミルクを飲んでしまうと、お風呂の後一時間くらいでしっかり寝付いてしまい、その後午後十時から十一時頃にミルクを飲み、さらに午前三時か四時頃にもう一度起きてミルクを飲むようになった。お風呂に入った後にミルクタイムが重なるとわりと長い時間寝てしまい、夜中か明け方一回だけミルクをあげる、または朝まで全くミルクを飲まずとも済んでいる。こういう変化はこれからも多少はあるだろうと思う。昼寝は相変わらず短く、長くても一回で一時間程度しか寝ない。昼寝の回数も一日一回から二回程度。だから夜まとめて寝るんだな…。

今週に入って急に笑顔が多くなったのだ。あやせば声は出さずとも顔に満面の笑みが出る。それとほぼ同時だが、以前から「あー、うっくん」とは言っていたものの、他の発声らしきものが出るように。午前七時、でかおは起床して一時間か二時間は何もしなくても上機嫌で笑っている事が多いので、その間に洗濯、夕食の支度をしてしまうようにまた生活パターンを変えた(掃除は朝のうちに夫がやってくれる)。

突然「きゃは~」と叫ぶ、「ぎゃあ」「あおあお」など今までなかった声も聞かれるようになった。私がしゃべりかけると今度はずっと何やら言っているように声を出し、そのまま一時間なんて事まで…途中で離れたりすると怒るのでトホホ…。

とさらにほぼ同時に、今まで続いていた訳のわからない泣き叫びが減り始めた。

一日中何をしても泣き止まないのが毎日のように続いたときは本当にどうしようかと頭を抱えていたし、夕方お風呂に入れた後寝かしつけるとやっと肩の力が抜けていた日々だった。どこか痛いのかと病院にまで行ってしまったが、何事もなかった。

前の職場の友人や、遠方にいる友人、そして出産した産院の看護婦さんたちから「こんな時はむしろ頑張っちゃダメなんだよ~。」の言葉がなかったら私は何してたかわからない…それほどひどいものだったのだ。奇しくも夫はこの時期仕事で大きなトラブルがあり午前様、職場に泊まりという事態に…。

あまりにもでかおが不安定なので実家にでかおを連れて帰り、二泊ほど滞在するのを二回ほどしてみたりした。実家ではでかおは親族を含めたくさんの人に会ってきた。そんなのもあって、私と二人だけで煮詰まる事が少なくなってでかお自体も安定してきたのかもしれない。

本当に友人や産院スタッフ、実家の助けがなかったらここまで来られなかったかも…。

さて、声を出すと私が反応するのがおもしろいのか、でかおはとんでもない事をするようになった。

家事をしていて私の姿が見えなくなると「だー!」。ベビージムで遊んでいたり、口にこぶしを入れて遊んでいるのでちょっと目を離すと「ぎゃあ!」泣いているのではなく叫んでいるのだ。おとなしくしていて退屈になっても何やら叫んでいる。あまり叫ぶので見に行くと人の顔を見てニタニタと笑っていたりする…。

ベビージムのおもちゃに手が届かなくてイライラして「ぎゃあ!」、眠くて眠れないと「あー、あー、ぎゃあ!」、とにかく気に食わないと泣いていたのが、叫ぶようになってしまったのだった。抱っこしてても気に食わなければ泣くのではなく叫ぶ。家の中は私とでかおしかいないのにやかましい…。

眠そうな顔をしているので子守唄を歌ったら「あー、うっくん、たー。」と笑顔で歌に合わせて騒ぎ出し、あくびしながら上機嫌になってしまった…。歌うのをやめたら「ぎゃあ!」と怒り出した。ええい、やかましい!これじゃ子守唄の意味ないじゃん…。寝かしつけに歌は厳禁になってしまった…。

またしても眠そうな顔をしてるので絵本を読んでみた。誕生した時にファーストブックとして市から貰った本。まだわかりはしないだろうし、絵本を読むと寝る子もいるので寝てくれれば…と思って読んだら手足をバタバタさせて「だー、あー、けへへっ。」。あー、これも逆効果かい…かえってやかましくなっただけだった。絵本の種類を変えてみたが同じ事だった。寝かしつけに絵本もアウトか…。

この調子だと大きくなったら同じ絵本を10回読まされるとかやられそうな気がした。母に聞いたら絵本については私もまるで同じだったそうだ…一日に何度も同じ本を読まされて、さすがに母も参ってしまい、ページをすっ飛ばして読んだら「違う!」と私は怒っていたそうだ。そんなの親に似なくてもよい。

泣くのはおなかが苦しいか、ゲップが出そうになるか、空腹の時が多くなったものの、最近は空腹時も泣かずに叫ぶようになってしまった。食べ物がからむからかこの時の叫びが一番すごい。これだけは放っておくとそのまま大泣きに変わってしまうが…。

泣かなくなった分外にぎゃあぎゃあ声が聞こえなくなり、私は気が少しラクになった。

叫びにも多少違いがあって、少しだけ要求がわかりやすくなった分さらに助かってはいるのだが、かえってやかましくなったなあと思う。これでもっと要求が増えてきたらどれだけやかましくなるんだろうか…怖いようなおもしろいような…。

| | コメント (2)

手のかかるガキ

地域の育児教室なるものに行ってみた。同じ月生まれの赤ちゃんを持つ母親の育児教室である。

でかおはいつの間にか夜全く起きなくなってしまった。もぞもぞはしているので夜中と明け方にオムツは二回ほど替えているが、夕方にミルクを飲むとそのまま翌朝までミルクは飲まなくなってしまったのだった。そんな赤ちゃんはほとんどいないと驚かれた…。

あやせば笑うし「あー」「うー」と声もさかんに出す。これにも驚かれた。「うちのはまだ笑わないよ…。」「これだけ反応あったらいいなあ…。」とため息をつくお母さんも。

しかし反面、機嫌が悪くなると要求が通るまでギャン泣きする…その場でこれをやってのけたのを見て他のお母さんは絶句していた…。「こんなに泣かれたら私投げちゃうよ…。」そう言った人までいた。

何となく予想はしていたが、やはり手のかかるガキであるのは間違いなかった…。

昼寝は短い時間だけ。家にいるとあまり寝ないでおり、疲れるととにかくぐずる、泣く…ベビーカーで散歩に連れ出すとウソのように寝てしまい、散歩中に起きた時はゴキゲンである。しかし、これも家に着いてから起きると必ず不機嫌に…。ちなみに、昼寝は30分がいいところだ。

かんしゃく持ちのようで、ちょっと気に食わないことが起こればあやそうが抱っこしようが何をしてもムダで、納得いくまで泣かないと気が済まないもよう。暴れる騒ぐで一日相手をしているだけでこちらは消耗…。

さらにちょっと顔が見えなくなり離れるだけで大騒ぎ、起きてる間はとにかく手間がかかるかかる、今だから笑える話だがごはんも食べられず家事もできず、お風呂も入れなかった日まであったほどだ。投げちゃおうかと思ったり、いっしょに泣いちゃったりもした。

しかし朝ゴキゲンな顔を見るとほっとするのも事実だったりする。午前6時頃目が覚めると一時間ほど超ゴキゲンな時間が続くのだ。ちょっとかまうと「けけけっ」と笑いうれしそうな顔をしてるのを見ると何とかこちらも平常心を取り戻すのだが…。

落ち着くまではもう少し時間かかりそうな感じだ。ほっとくと寝るとか、泣いていても放っておけば寝てしまうとか、そういう赤ちゃんを持ったお母さんがうらやましいと思うことも多々ある。

何でこんなに手がかかるかな?と思うところもあるが、これが個性なのかもしれない…と思うことにした…。

| | コメント (2)

おいっ!

今まででかおをお風呂に入れるのは夫の仕事だったが、夫の仕事が異様に忙しくなり帰りが遅くなってしまった。いくら何でも夜10時過ぎにお風呂はいただけないので、でかおの生活リズムを整えるのも考慮して夜7時前後に私がお風呂に入れるようになったのは二週間ほど前の事だ。

おかげでお風呂に寝かしつけと私がやる仕事はさらに増えてしまい、家事はできない状態はさらにひどくなった(それを理由に家事さぼってる)。ごはんもでかおの時間に合わせて食べるのでもうわけがわからない状態だ。お風呂も10分、昼ごはん、晩ごはんも5分で食べるような事も…とほほ。

気がつくとでかおは夜9時に寝付いてしまい、翌日午前4時くらいまで全くミルクも飲まず起きないリズムができあがってしまった。その後でかおはだいたい4時にミルクを飲んだら6時に起床するまで寝てしまうので、その時間は私のフリータイム。ここで洗濯をしたり夕食まで作ってしまうことにした。夕食は冷凍食品代活用でお弁当にしておく…。こうすれば帰りの遅い夫も弁当箱を洗うだけで済む。しかしこんな事できるのも体力に余裕がある時だけなので、いつまで続くか不明。実際今週末は一泊だけでかおを連れて実家へ逃げてしまう事にしてしまったのだった…。夫よすまぬ。

しかし…最近は夜間は10時間もミルクを飲まずに済んでおり、超早起きのでかお…おいっ、お前はもう既に保育園入園モードになってないか???って事は私に職場へ復帰しろって言いたいのか???とふと思ってしまう私だった…。

| | コメント (3)

まだまだ楽にはならん

でかおが誕生して10週が経過している。

でかおはまあ2ヶ月児なりの発達状況のようだ。体重と身長を除いては…。

でかおのミルク事件もあれから四種類ほどのミルクを試してやっと気張らないものを探し当てることができた。すいすいと飲んでしまい、たまにガスがたまって腹痛らしきものはあるようだが顔が変わるような気張りは全くなくなった。

やれやれ、であったが、今度は極度の抱っこマンと化してしまった。昼間に眠るのがイヤなようで、寝ぐずりがひどいのだが、抱っこをしないと寝ない、さらには下に置くと怒って起きて泣く、なので昼間は機嫌良く遊んでいる時以外はほとんど抱っこになってしまい、家事は何と以前よりできなくなってしまったのだった…。それでも両親が遊びに来ている時などはでかおの愛想がいいおかげで私は育児から解放され、何とか野菜がどっさり入ったスープだけは三日に一度作れる状況ではあるが…。夫の残業もすさまじくなってしまい、お風呂に入れるのまで私の仕事になってしまったため、昼間の育児負担は増えた。しかし夜は抱っこしないと寝ないなどと言うことはなく、隣にべったりとついていさえすれば寝付いてはくれるのでその点はありがたい、と思う。いなくなったのがわかると怒るが…。

今はでかおを抱っこして膝に置いてブログの更新だ。これを布団に置くと「ぎゃあああ」と叫び始め、寝付かせたときの三倍以上の時間抱っこをしないと泣き止まない、寝ない、そのまま夕方ぐずりに突入、と最悪の事態になってしまう…。

三日ほど前だが、でかおが日中異様に泣いた日があった。何をしてもぎゃあぎゃあ泣きまくり、抱いてもあやしてもダメ。あまり泣くので私もイライラし、わかりもしないのにでかおを怒ったら泣きがさらにエスカレート!私まで泣いて部屋の中をウロウロ、もうどうしよう!とパニックになった。しかし夜が来るとでかおはウソのようにこてっと寝てしまったのだった。

翌朝ふと見たら、どうやら暑くて不快だったのと、今まで着せていた服が異様にきつくなっていた事が判明。薄着にしてワンサイズ大きな服を着せると、泣きはするがだいぶ穏やかになっていった。ごめんね、そうだったのか、気がつかなかったよ…。おかげで早くもでかおの服を全部入れ替える作業が入ってしまったのだった。どこまでもダメダメお母さんである…。

三ヶ月近くなってうつぶせの練習や首すわりの練習をさせているお母さんが結構多い事を知ったが、我が家ではそんなの全くやってない。試しにうつぶせにしてみたら首なんかほんのちょっとしか上がりませ~ん。腕をひっぱって起こしてみると頭なんてついてきませ~んけど、起こした後は何となくまっすぐになってるような気もしなくはないかな…程度。まだまだ首すわりまでは相当ありそうだ。首がすわればおんぶが可能になるので家事がだいぶ楽になるんだけどなあ…。

今日は義両親がやってきた。でかおにはだいたい一ヶ月ごとに会っているのだが、見た途端に「ずいぶんでっかくなったなあ…。」。義両親が見ると、先月会ったときには丸々と太っただけのでかおだったが、今はずいぶん子供らしくなってきたという。義両親を見て笑い、声を出して喜ぶのでさすがに二人とも大喜び。

しかし、ぐずり出した途端に話が変わった。ぐずっても義父が抱いてあやせば寝る。しかし、すぐ目を覚ましまだぐずる、寝る、ぐずるをほぼ5分から10分ごとに繰り返していたのだ。義父が私にでかおを渡すと、ぐずりはしたもののあっという間に熟睡、そのまま膝の上でコテン…二人とも「うわ!ママだとこれかい!!でかおはもうママと他の人の区別がついてるんだよ!」と言う。そうですか。私はそこまで気がつかなかったよ。とにかくぐずるのに対応するのが必死で、何でこんなにぐずって私を困らせるのかな?などと思ってたよ…。

また反省モードに入ってしまった私だった…。やはりでかおと私と二人きりで家にいると見えない事ってたくさんあるんだなあ…。

| | コメント (2)

年金特別便???

大学を卒業して16年間転職はなく同じ職場に勤務していたはずなのに、数日前なぜか年金特別便が届いてぶっ飛びそうになった私だった。私にとっては二度目の年金特別便だ。

年齢がバレバレなのを覚悟で書いてしまうが、平成3年に学生も国民年金に強制加入になったはず。私は平成2年に20歳になり、任意加入で国民年金に加入した。保険料は父が支払っていた(社会人になってからその分については確か返済はしているはずだが)。

産休に入る直前に職場から年金特別便の書類をもらった。ふと見たら私は年金加入が平成5年になっていた。この年に私は今の職場に入ったのだが、その前の記録ってどうしたんだ???驚いて上司や同僚に聞くと「それは完全に記録がもれてるんだよ!そのままにしておいたら年金記録が消えちゃうよ!!」と言われ、慌てて当時の年金番号や住所等を記載した申立書を提出した。

今の職場に入る際、国民年金手帳を提出したはずなのだが、何で通算されないの?と驚いた私だった。

職場で提出した書類で年金記録は通算処理されたと思っていたのだが、そうではなかったらしい。再度確認の書類が来たのだ。なぜだ?と思ってみたら、国民年金加入当時の私の姓と今の姓が違っていて、そのための確認という事らしい。

しかもその書類を見たら戸籍抄本などを提出するというものではなく、前回職場で提出してきたのと同じ内容を記載するだけ。何で二度も同じ事を書いて提出しなきゃならないのだ?と思いながら書類を郵送した。

何だかなあ…正確に処理をしようという気持ちはわかるが、本当にきちんと通算処理してもらえるのかな…一抹の不安がよぎった。後が怖いので提出書類はコピーして保管しておいた私だった。

ちなみに国民年金加入時の保険料の領収書は、物持ちの良い父が一つ残らず取っておいてくれたので、何かあっても証拠書類にはなりそうだ。給与明細も入社以来全部保管してあるので、たとえ年金記録がなくなってても証拠は立派にある。

その前に今の制度が崩壊せずに私が年金をもらえるのかっていうのも疑問だが…。

| | コメント (5)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »