« 母性の欠落? | トップページ | 初めての散歩 »

抱っこ魔人対策に…

妊娠中からスリングを用意していた。友人からも抱っこおんぶ兼用ホルダーをいただいていたので、抱っこが大変になったら使おうと思っていた。

その日は予想以上に早く来た。でかおの体重は一ヶ月検診後から急激に増えてしまい、六週で五キロを超えてしまったと思われる。私の手で抱っこするのも既に限界…。

ということでスリングを使おうとやってみたら、何とでかおはスリングが大嫌い!二種類のスリングを用意しており、それぞれ新生児の抱き方が違うのだが、どっちもやってみると大号泣!!これでは抱っこの意味がない…。

抱っこおんぶ兼用ホルダーを使ってみるが、これも体のどこかがあたるのか激しく拒絶反応を起こして絶叫!今の時点では抱っこに使えない…。

これでは普段の生活ででかおが泣いた時、直接必死に抱っこするしかないが、もう重さは限界。既に左右の手が腱鞘炎になっているが、でかおは確実に今より重くなる。

どうしたらいいんだ~?と思っていたら、掲示板でスリングを使いこなせなかった人の体験談が見つかったのだ。どうやら首の据わる前の乳児だと、市販のリングタイプのスリングは全く役に立たない事があるらしい。チューブタイプのスリングだと対応できる場合があるようなのだ。

そこで国産品のスリングを見つけた。ユアブランドのフラワースリングというもので、山口県のスリッパ縫製会社が作ったもの(実際にはそこのお嫁さんが開発した製品のようだ)。HPもあるのでネットでいろいろ調べてから早速会社に連絡してどんなスリングなのかいろいろ聞き出してみた。実際に開発された方は私と同じでスリングが使いこなせなかった様子。その時の経験をもとに作ったもののようなので、おもしろそうと思い一つ注文。翌々日にそれは届いた。

夕方ぐずり始めたでかおをスリングに入れてみると…私が見る限り窮屈そうに見えるのだが、でかおにとっては快適なのか、しばらくすると気持ち良さそうな顔をして寝てしまったのだった…。

このスリング、子供が入っていても両手が使えるという点がいいかもしれない。

これでもう外出する時、ラックに寝ているでかおを置いて、猫のごろにゃんを別室に閉じ込めて、起きないうちに走って最低5分、最大10分で用事を済ませるなんてマネしないで済むぞ。

…って、今まで乳児一人部屋に置きっぱなしで外出???って突っ込まれそうだが…。

|

« 母性の欠落? | トップページ | 初めての散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母性の欠落? | トップページ | 初めての散歩 »