« もっとがんばりましょう | トップページ | 入学試験の思い出は? »

うらみノート

学生の頃の友人の中にいつもカバンの中に小さなノートを持ち歩いていた人がいた。時々そのノートを取り出しては何か書いたりしているのは知っていたが、何をしているのかとある日気になって聞いてみた。

そのノートは「うらみノート」と言うものだった…。

これを聞いた時「うわ、聞かなきゃよかったか…。」と一瞬ひるんだが、友人は笑顔で中身を見せてくれた。そこには友人に対して発せられた言葉、しかも友人が傷ついたり腹を立てたりした発言などが書かれていた。しかも誰が言ったことなのか、どういう状況で言われたのか、それに対しての本人が思った事や、怒りの感情などがものすごい言葉で書かれていたりした。普段の友人とは全く違う一面…。

絶句する私に友人は笑う。「言われた後かなりになって『むっ』としたりするんで、そういう時後々恨みの感情持つのがイヤでここで発散してしまうんだ~。」と。彼女なりにそうやってマイナスの感情の芽生えを認めつつも、変な事にならないよう発散していたのだ。

さらに中を見たら私が言った事も書かれているではないか!「このカエル女(注:私は実はカエルによく似ている。彼女も私が昔カエルだのケロよんなどと呼ばれていたのを知っているのでこう書いたもの)、途中で変なこと言ったって気がつきやがって!恨み言えんえんと書けないだろうが!ば~か。」などと書いてあった…。絶句する私に「まあ中を見せただけマシと思え。」と彼女は言った。

ちなみに、この友人は非常に温厚で心の広い人物として周囲からは一目置かれていた。

大人になってこの友人に再会した時、ノートの話をしたら「まだやってるよ~。」と言ってまたカバンから出してきた。学生時代のノートはさすがにもう処分して手元にはないし、あとあとまで残すものではないと思っているので定期的に処分をしていると言っていたが、本当に腹が立ったり、二度と忘れないというような事を言われたものは印をつけておき、処分時に永久保存版として他のノートに貼っていると言う。ぎょえええ、と思ったが、それは死ぬ時棺桶に入れてもらう事にするんだと笑っていた。

社会人になり結婚し家庭を持ち、子育てしながら今も仕事を続けているせいか、書くことは学生時代以上に増えたのだそうだ。学生の頃は三年間で一冊だったのが、今は一年で一冊か二冊になるぞ、と言っていた。

「でもさ、仕事してる中でお客さんや上司、同僚とかに言われた事とかは不思議と書かずに済むんだよね。イヤな事言われてもそれでお給料貰ってるんだから仕方ないって割り切れるんだろうな。書くのはさ、子供を通じて知り合った母親とか義理の親、親戚関係とかに偏ってきてるよ。しかもさあ、内容もだんだんすさまじくなってきてるような気がするな…。しょっちゅう出てくる人にはもう近づかないようにしようとかだんだんそうなってくるね。」と話していた。

そうそう、仕事中にイヤな事があってもそれで給料貰ってるって思えばある程度割り切れるし、よほど理不尽な内容だったり、違法な話だったりしない限りは腹は立つものの、同僚や上司、先輩たちと怒りを分かち合えることもあるからなあ…。

彼女の子供は保育園や学校に行っているが、保育園や学校の先生に対してはそんなに敏感にはならないらしい。ところが子供を通じて知り合った母親、しかも学校に上がってから知り合った母親との間ではいろいろあるらしい。「子供同士が仲が良くても親同士が合うとは限らないし、立場が違う親との確執も多いんだよな、これが。」と言う。保育園の頃は逆に親同士でこういうのはほとんどなかったんだけどねえ…とのこと。当然ながら下の子がらみでは非常に少ないそうだ。

親戚づきあい、特に義理の親との間でもいろいろあるらしい。表面上はうまくつきあいをしているようだが、こちらも本当のところを言えばドロドロだと…。好きでいっしょになった夫の親、さらには子供にとっては祖父母のわけだから子供の前で悪口は言いたくない、でも気に触ることは多々あるのだと笑っていた。夫の親戚にも曲者がいるらしく、付き合いは面倒だが仕方ないと話す。

例のノートを見せてもらったら、学生時代より過激な言葉がズラズラ並んでいた…内容は多岐にわたる罵詈雑言もあり、とても書けるものではなかったが、逆にここまで書けたら大笑いだな!というのもあった。

私も今年から簡単に日記をつけ始めたが、まだ10日程度にしかならないのにふと見たら日記にそういうのが結構書いてあった…。あらま、無意識に私もうらみノートつけてるんだな、と笑ってしまった。

うらみノートに特化して私も持ち歩きノート作ってみようかな…。

|

« もっとがんばりましょう | トップページ | 入学試験の思い出は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっとがんばりましょう | トップページ | 入学試験の思い出は? »