« おみくじ | トップページ | ガーゼとおむつの館 »

産科医療補償制度???

年末最後の検診の時、産院である紙にサインをした。

今年の1月以降出産の人に適用されると言う「産科医療補償制度」の登録証だ。産院の窓口ではどういうものなのか簡単な説明はあったが、私はそれだけでは何だかよくわからなかった。そのままサインをするのがイヤで、わからなくてもともとでリーフレットを見せてもらったのだが…。

何だこれは…制度の趣旨はわかったが、約款等見ると「え?」という気がしたのは私だけなんだろうか…。この約款免責事項だらけじゃないか…。

産科がらみの訴訟が起こって、産科医になる人が減り、産科がなくなり出産する場所がなくなり、妊産婦が大変な思いをしているという悪循環…それを本当に断ち切る気でこの制度作ったのか?と思ってしまう内容だ。これが本当に産科医不足を解消するきっかけになるのか?産科がらみの訴訟を減らすきっかけになるのか?私は思わず考え込んでしまった。

登録を保留したいと申し出した。しかしいつも良くしてくれる受付の人が対応に困り果てている姿を見て、どうのこうの言ったところでしょうもないので仕方なくサインをしてきた私だったが、どうも釈然としない。費用が30,500円、出産手当金が30,000円加算されるので妊婦の負担は実質500円。

500円、この程度のお金を出し惜しむつもりはないが、本当にこれが有効な制度として働くのか?そう思いながら帰途に着いた私だった。

帰宅後夫にこのリーフレットを見せて感想を聞くと、私と似たような事を感じたようなので私だけがそう思ったんじゃないんだな、と少しだけ安心した。もし産科の現場で働く人でこの制度をよく知っているという方がいらしたら、私の解釈の間違い等も含めていろいろ教えていただけると幸いです。

|

« おみくじ | トップページ | ガーゼとおむつの館 »

健康のこと」カテゴリの記事

コメント

私の場合、妊娠確定したときの、外来看護師のオリエンテーションで説明されました。
時間がない中、ば~っと説明されて、サインも有無を言わせずというか。
あとで新聞とか読んでみたら、病院自体が入ってる保険みたいもんなんですね。
98%だかの加入率って書いてました。高いなー
自己負担がないなら…って、その場で仕方なくサインしてしまったけど、保険にお金使うより、脳性まひを起こさないような状態にするためにお金使って欲しいと思う。(子どもが邪魔してて支離滅裂文章でゴメンなさい)

投稿: 小薔薇すいた | 2009年1月 6日 (火) 15時34分

小薔薇すいたさん、こんばんは。
説明、本当に簡単なものだったですよね?後でもう一回よく調べてみたら出産時のトラブルで脳性麻痺になった場合の支援のための保険で、万が一そうなった場合病院が費用を支払うとかでなく、保険の方で支払うとかそんな感じでしたね。病院も98%の加入率となると、それだけ危機感あるんでしょうね。
ただし、あれ、半年以内に乳児が死亡した場合は免責とか何とか、いろんな免責事項がついてて、さらに脳性麻痺以外の場合は何もないみたいなんですよね。結局は保険会社のためみたいな制度で未だに納得がいかないところあります。
そういうのにお金使うんじゃなくて、もっとまともな使い方あるでしょうに…とか思うんですけどね。緊急施設の充実だとか、それこそ産科医の人材育成とか、もっと長期的な目でお金使えないんでしょうかね…。

投稿: タピアン | 2009年1月 7日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おみくじ | トップページ | ガーゼとおむつの館 »