« ここきてそうくるか! | トップページ | 人のふり見て… »

ここきてそうくるか! 続き

うっかり書きかけの記事をアップした事に気がついたので、その後の記述を続きにしてしまった…。

今日の検診は夫もいっしょだった。前回出産方法について予定帝王切開も選択肢の検討にしてはどうかと先生から話があったが、それについて詳細を聞くためだった。先生からは再度夫に対して検診結果もふまえての説明があって、先生には夫と私とで話し合った上、どうしたいのかを説明することもできた。

結果的には現段階で誤差を考慮してもちびは3300グラムはあるだろうという事(おそらくそれ以上に大きいだろうとの予想)、ちびは相変わらず下がってこなくて子宮口もやっと1センチ開いているかどうか、自然に陣痛がつく可能性がないとは言えないものの、子宮口が開かないとなると何とも言えない事、今までの先生の経験からでは私の年齢的なものもあり、子宮口がこのまま開かないとなると最後の最後で危険な自然分娩になる可能性がやはり高めとの事だった。

念のため骨盤のレントゲン写真も撮ったが、先生はびっくり。「ありゃ、骨盤の形は見事ですね!赤ちゃんさえおりてくれば問題なく通れるね…。自然分娩は決して不可能ではないですね。」ここで「無理です。」って言われれば決定も早かったんだけど…。危険が一つ減った事も踏まえて今回の検診での結論を出すのは見送りとなった。しかし、ちびはもう既にかなり、いやすごく大きい。これ以上おなかに留まっていても必ずしも安全とは言い切れない段階に入っているかもね、と言うのが先生、私、夫、助産師さんも含めての見解。

条件としては非常にもったいないな、陣痛を経験して自然分娩ができたらいいな、とは私も思った。先生も助産師さんも本当なら直前でも子宮口が開いて自然分娩できればそれが一番いいんだけどね…と言う。

夫と再度話をして、せっかくここまで大きく育ったちびをあえて危険にさらす必要はないと判断し、今週末に予定帝王切開で出産する段取りを決めてこようという事になった。ちびにとって危険を伴わないのなら、あとは母体の問題だけだが、先生の話では母体に異常が見られないので問題は特になさそうだ…。手術は怖いんだけどね…自然分娩にこだわり過ぎてどちらも命を落とすような事があってはちびにも夫にも申し訳ない…。

最初は産院の都合なのかと思った部分もあったが、だったらレントゲンまで撮って「自然分娩可能。」とは言ってくれないだろう。自分なりに納得いく方法を探してこの結論になった以上それでいいのだと思った。意地になって結果的に母体とちびに危険が迫れば緊急事態になって慌てるだの、他病院へ転院だのになる…そうしたら精神的に私の方が耐えられない。

8年前に腹痛で病院に受診したら盲腸が腹腔内で破裂しているのがわかり、緊急手術を指示されたのを思い出した。何の覚悟もなかったので「明日じゃダメなの?」と聞く私に「冗談じゃない!このままだと命に関わっちゃうんだよ…。」と医者に穏やかに説得され、その日のうちに緊急手術を受けた身としてはあの時、急に手術が決まった恐怖はいまだに忘れられない…。30分の予定の手術のはずが、腹膜炎がひどく一時間経っても終わらず、ついに恐怖のあまり手術中に酸欠を起こしてしまい、あげくに麻酔が切れる前に変な発作を起こしたりして病院の看護士さんや麻酔科医、婦長さんに励まされて乗り切ったのだったっけ。

その後二度別の手術をしたが、確かその時は事前に全て知らされた上での手術だったので、恐怖はあったが落ち着いて臨めたのだった…。二度目の時は切除したポリープを見せてもらったりもできたし、三度目の時は先生の指示を聞き間違えて介助を間違えた看護士さんのかわりに「違うよ。」と体を動かしてしまい、間違えた看護士さんだけでなく私まで「こらっ!患者が動くんじゃない!!」と執刀医に怒られた…。

…とか言って帝王切開の予定日決めたらいきなりその前に骨盤内にちびさんが!陣痛が!!破水が!!!なんてのは、この期に及んでナシだよ…。おそらくそれはないとは思うが一応想定はしておかないとなあ…。

|

« ここきてそうくるか! | トップページ | 人のふり見て… »

健康のこと」カテゴリの記事

コメント

あらら・・・ちびちゃん居心地良すぎて大きくなりすぎちゃったんですね。
うちの姉、前置胎盤だったんで早いうちから帝王切開が決定していた。
「この子の誕生日は医者の都合だ~」ってぼやいていました(笑)。
でも、万全を期して手術に挑むので無理な自然分娩よりも安全だし。

もうすぐ大きく育った元気な赤ちゃんをお腹から取り出して貰えるんだね。
楽しみだね♪。

それにしても手術の経験、沢山あるのですね。
それだけ痛みに耐えた経験がお有りならきっと楽勝だよ。

退院は自然分娩~健康体の場合より長引いてしまいますね・・・。
テコ花ちゃんは・・・寒い日続きなら蕾のまま停滞してくれたりもしますので、まだ観られる可能性もあるケド(笑)。

元気な赤ちゃんとタピアンさんが戻るのを楽しみにしています!!!。

投稿: ちい | 2009年1月21日 (水) 23時07分

うわ~せっかくいい骨盤してるのにもったいないね(笑)
陣痛が!破水が!…となってもいいような気がする…
チビちゃんのご機嫌次第だね。

投稿: 小薔薇すいた | 2009年1月22日 (木) 13時26分

♪ちいさん、こんばんは。
確かに…産休直前と年末年始あれだけ外へ出たがったのに、これは何?って感じです。
こちらの誕生日も医者の都合にはなりますが、最大限待ってくれる措置を取り、自然分娩の選択肢まで残してくれたあげく、自然分娩しようとして万が一緊急帝王切開になる体制まで考えてくれた先生には感謝してます。最初は「え?」と思ったんですが、きちんと話をしてよかったです。緊急が一番怖いですから…。
手術の経験は多々ありますが、今回はどうやら今までの比ではなさそうな予感…後がかなり苦しいらしいです。…ってんで体調が回復するまで置いといてもらって十分体力が回復してから退院という安全策も取る事になりそうです。夫も残業で忙しい時期になり、その後の育児を考えるとその方がよさそう。テコは実物の花を見られないかもしれませんし、SAKUさんには多大な迷惑をおかけします…。本当に1ヶ月以上もありがとうございます。
元気に戻ってきたいと思います。

♪小薔薇すいたさん、こんばんは。
骨盤のレントゲン写真では、赤ちゃんは十分通れる形なんだそうです。無事ちびが降りてくれば自然分娩でも問題はないのだと…ただ最後の最後で相当苦しい思いしそうですけどね…。先生も手術前に陣痛がついたらそのままいこうとは言ってくれましたが、もう意思は固まってるので、逆に慌てなくてもいいよ、と思っています。おなかのちび、今までもだいぶあまのじゃくしてくれてたので、まさかこの期に及んで…という感じもしなくはないですが、ちびのご機嫌には従います。今日も超音波念のため見ましたがますますどちらかわからなくなりました。何となく女の子のような気もします…。
とにかくどんな形にせよここまで育ってくれてありがとう、さらに産まれて来てありがとう、って言ってあげたいです。

投稿: タピアン | 2009年1月22日 (木) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここきてそうくるか! | トップページ | 人のふり見て… »