« そんなにでかい? | トップページ | 思ったよりも »

球根ばっかり

これ以上ベランダに植物を増やすなと夫に言われているが、今年は夏の猛暑と思わぬ乾燥状態で、昨年まで無事育っていたはずの植物が枯れてしまうなどさんざんなベランダガーデニングになってしまった…。枯れたものを撤去するとだいぶ鉢植えが少なくなり、スペースが空いてくる。

来年は時間はたくさんあっても最初のうちはなかなかベランダに手をかけられないかもしれない状況が出てくるので、この秋で思い切ってベランダの植物を整理した。と言っても生きているものまで処分したわけではない。生き残ったのが偶然にも今まで大事にしてきた日本スミレたちと、サクラソウ、その他も小型のものばかりだったのだ…。

ガラ空きのスペースには小さな鉢が並ぶ予定だ。それは小さい球根たち。時期的には限られた時期しか花が咲かなかったりするが、花の時期と葉が展開する時期しっかり手入れをしておけばよく、休眠中は掘りあげて乾燥させたり、鉢のまま水を切ったり、乾燥させないにしてもたまに水やりしてそのまま置いておくだけでよかったり手間があまりかからない。虫や病気の少ない時期に花が咲いたり活動したりするので、病害虫防除・駆除の手間も少なく、気候の過酷な時期には作業もお休みできる。そんな植物や今まで大事にしてきた小型の野草たちを中心にベランダガーデニングを切り替えていこうと思ったのだ。

実は今年狙っていたのは原種系クロッカス。クリームビューティーという種類だけは我が家でしっかり根付いたものがあり、増えて増えて二年ほど花が咲き、今年もいい球根が残っているのが確認できた。それ以外のもので少し種類があれば…と思ったのだが、園芸店を見ていると今年はない!ネットなどで見ると「不作のため今期は入荷なし」というメッセージが…。ありゃりゃ…。この系統のクロッカス、早咲きで小さくてかわいい上、丈夫でよく増えるし…秋のうちに一度大きな園芸店まで行って探してみようとは思うがちょっと残念だ。

今我が家ではブログつながりのSAKUさんからいただいた秋咲きスノーフレークが咲いている。9月に花が咲き10月に二度目の開花を迎えたもの。可憐でかわいらしい花が咲く。この後には秋咲きのクロッカスが開花するもようで、芽の先が紫色になってきた。

来春咲く予定の球根もぼちぼち植え始めた。先月早くも植え替えて水遣りを始めた原種系スイセンのゴールデンベルに糸のような葉が出始めた。毎年スイセンの夏越しに必ず失敗し、「我が家でスイセンは育たない」というジンクスが作られていたが、実際今年の夏は見事に太った球根が増え3倍の数にもなったため「スイセンが育たない」ジンクスは見事に破られそうだ。その他にも植え替えた原種系球根のいくつかに発芽が見られている。

さらにこれから植える予定の珍品も含めた球根たち。来年家からはあまり出られない予定の私だが、今までさんざん好きな事をしてきたので、しばらくは家庭内で楽しめるものがあればそれでいいな、と思う。

とか言ってて手間がかからない植物ばかりに切り替えようとしているあたり私って…基本的には怠け者…。もともと最初からいたのは手のかからない植物ばかりだったので、これからもそれは変わらないし、枯れてしまったものを見ると確かに今まで育てた事のないしろもの…園芸も無理はするな、身の丈にあったものを育てろ、という事だろうと思う。

|

« そんなにでかい? | トップページ | 思ったよりも »

ほったらかし園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんなにでかい? | トップページ | 思ったよりも »