« やっぱりへたれ | トップページ | またかよっ! »

出会いと別れの季節

春は出会いと別れの季節。それは昔から言われている話だ。

意外な事に秋もそんな季節だったりする。夏休みが終わり、同級生が親の転勤に伴い転校していく、その逆に新しく転校してくる子がいる。学校の頃は出会いと別れが必ずこの時期にあった。

今回はそれとは少し違う。

うんと昔高齢者と関わる仕事をしていた頃の事。秋になってから必ずと言っていいほど相次いでお別れがあったりした。夏の暑さが一段落し、涼しくなった頃に「え?ウソでしょ!?」というような訃報が続いたり、元気だった人が突然体調を崩し始め、回復していたはずなのに、そのまま天国へ行ってしまうなど驚く事があった。

そう言えば私の父方の祖父も、母方の祖母もこの頃に体調を崩し、それが致命的なものとなりその年の秋にこの世を去っていった。

実家にいた頃近所には犬や猫がたくさんいたが、その姿が見えなくなるのは不思議な事に涼しくなり始めてから。夏の暑い日外で涼んでいた姿を見かけたのに、どうしたんだ?などと思っているとお別れの知らせが…それもたいてい秋になってからだった…。

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、という言葉があるが、過去の経験の中でどうしてもお別れも多いのが秋、というのが私の中にはある。

お別れの思い出が多い中で、唯一出会いの思い出を持つのが我が家の猫ごろにゃん。2001年9月下旬に道端で出会い、それからいろいろあって我が家の猫となった。この猫も今年は7歳。出会いの思い出とともに刻んできた歴史が積み重なるとともに、いつかは来るお別れの事がふと頭をよぎる事がある。子猫時代に野良をしていた頃ひいていた風邪が原因で鼻が利かず、食物や薬品にもアレルギーを持つ。食物を吐き戻す事もわりとあり、さらには大腸炎を起こしやすいなど決して体が丈夫とは言えない猫だったりする。健康な猫を飼っていたら経験しないような事も何度かあったが、それでもここまでいっしょに来た。これからどんな事が待っているのだろう。どこまでいっしょにいられるのだろう。

そんな出会いや別れを繰り返しながら人間は生きていくんだな、などとふと思う今日この頃だったりする。

|

« やっぱりへたれ | トップページ | またかよっ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昔のお話」カテゴリの記事

猫のお話」カテゴリの記事

季節のたより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりへたれ | トップページ | またかよっ! »