« セミの当たり年? | トップページ | 只見線日帰りの旅は… »

素晴らしいお写真

早春から春にかけてにぎやかになる我が家のベランダには、今はゼラニウムの花やバラの一部の花しか咲いていない。こうなると外の花に目がいくのだ。

近所には農家がわりと多く、庭にはこの時期たくさんの元気な花たちが咲いている。誰が植えるのかわからないが毎年のように目を楽しませてくれる。夏の花は原色系みたいなくっきり鮮やかな色の花がわりと多いので遠くからでも目立ったりする。

庭先に生えているでっかいひまわり。青空とのコントラストはきれいだ。アサガオが垣根でたくさん花をつけてるのも風情があってよい。マツバボタンが色とりどりの花をつけているところもある。オレンジや白などのユリが堂々と咲いている庭もある。う~ん、夏だと思える風景がいっぱい。早い時間にお出かけしてアサガオを撮りに行ったり、午前の太陽のもとでヒマワリを撮ったりなどしたいなあと思ったりする。あわよくば旅行して咲く花を撮りたいなどと思ったりするがこれはしばらくおあずけだ…。

にしても最近目に付くのは美しい花を撮ろうとして変に何か手を加えた写真…。パッと見美しいから騙される人も多いが…意地悪な私のようなのが見ればそういうのわかるんだよねえ…あ、これ何か細工したなって…。だって何だか不自然なんだもん。

実際花をきれいに撮るってすごく難しい。天気のタイミングとかで本当に変わっちゃうから。昨日「わあ!美しい!!」って翌日写真を撮りに行っても、「ん?」なんてことはしばしば…。

花に霧吹きで水をかけて写真を撮るなんて今の時期もってのほか。水滴がレンズがわりになってしまい花や葉が傷んでしまうのではない?何だかなあと思ったりするの私がいるのも事実。コンテストに入選したいからそういう事するんだか何だか知らないが、そういう事を人目もはばからず平気でする人がいるからカメラマンが嫌がられる事があるっての、気がついてないのかなあ…。

って、こういうのは裏ブログに書けばいいのにね。実は下手な素人カメラマンの私のひがみだったりするんだな…。

|

« セミの当たり年? | トップページ | 只見線日帰りの旅は… »

数ある趣味のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミの当たり年? | トップページ | 只見線日帰りの旅は… »