« ポコポコマーチ | トップページ | やっぱりへたれ »

いぬの日

最初からトラブルに見舞われた私、やっと5ヶ月目の戌の日を迎える事ができた。

今日は一応お参りに水天宮へ。安産、子授の神様とか言う事で関東ではここへ行く人が多い。職場の先輩方も「うんうん。最初はやっぱり水天宮に行ったよ!」と口々に。

夫の友人にも私より半月前に出産する予定の人がいるが、やはり水天宮には行ってきたとか。平日に行った方がいいよ、お昼前に行かないとすごく並ぶよ、などと夫は情報を得てきていたようで、早い時間に行ってこようという話になった。

この日に腹帯を巻くといいと言われているが、既に4ヶ月に入ったあたりからおなかが重くなって下がり始めたためガードルやコルセットをつけていた私にはもう帯という感覚はないのだ。ううむ。お参りもどうしようか当初は悩んだが、まあ結婚式やなんかと同じで一応日本にある風習という事で省略はしない事とした。

夫と私とで当初行く予定だったが、夫の母と私の母についてきてもらうことにした。ところが夫の母は体調を崩しており夫の父が来てくれた。私の方もなぜか両親揃ってやって来た…。一応現地集合で水天宮へ行ったが、皆乗った電車が同じだったので迷子も出さずに水天宮へ。

駅を降りて思わずぎょっ!何だか知らんが袋たくさん配ってる…。見るとベビー用品の見本やらマタニティ用品のカタログやら、早くも内祝のカタログが入っている!何だ何だこれは。戌の日はこんな調子なのだろうか?

水天宮は思ったより小さな神社だった。行ってみると午前中早い時間とは言え妊婦さんがいっぱい。お守りを買ったり特別祈祷してもらったりみんないろいろ。私もお守りは購入。腹帯自体は多分しないので購入しなかったが、ガードルやコルセットに縫い付けるお守りは購入。特別祈祷も省略するつもりだったが一応体験してみた。祈祷中は何とおなかに「ぽこ」「ぽこぽこ」なんてのが立て続けにあってびっくり仰天。昼間仕事をしている時はほとんど感じた事のないもの…。祈祷の意味わかってるのかな?

しかし…狭いお堂にたくさんの妊婦さんが詰められて正座…時間は短いとは言えみんな体重が増えているせいで足が痺れていると思われる人続出…。全く知らない妊婦さんと「やだあ、靴はけない!」「正座はむくんでいる体にきついよね~。」「足の痺れがなかなか治らない~。」などと話したりもした。

午前中早い時間にお参りは無事終了。その後5人でお昼を食べた。私が食べられないものばかりなので私のわがままでデザートカフェのお店でパスタを食べた。パスタなど普段食べない私の父だけは当初不満そうだったが、いざ入ってからは海鮮サラダに海鮮パスタを見つけ「あ、このサラダうまい!」「このパスタもうまいぞ!」と食べているではないか…。何だ、食べられないわけじゃないじゃん…。夫からは「性別も年齢層も無視した選択したな…。」と後で言われたが…。確かに男3人、女2人、しかも50代以上3人がいる状態で入るお店ではなかったかも…。

と、思っていたより何事もなく戌の日の儀式は終了した。結婚記念日も兼ねていたので、双方の親も含めてお食事もできたし。来年の今頃は無事にいけばおなかの中の小さい人間がこの世に出て来ているんだもんなぁ…。

|

« ポコポコマーチ | トップページ | やっぱりへたれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
水天宮、ボクが生まれるときに母も行ったそうです。
タピアンさんの話を読んでいると、ボクもこれだけの思いをして生んで育ててもらっているんだと目の奥が熱くなってしまいます。
今は両親に心配をかけ続けているけれど、必ず自分自身の選んだ道で生計を立て、色々な意味で早く安心させたいと思います。

投稿: エンジェル | 2008年8月28日 (木) 00時19分

こんばんわ!
水天宮~、たまごクラブなどにも出ている有名な所ですね。^^
我が家もお参りに行ったのですが
私の暮らす町の神社は、常に人が居る訳ではないようで
主人とふたりでお参りだけしてきたんですよ。
日本のこういった行事は、大切にしていきたいですよね*
あっ、大雨が続いていますが 大丈夫でしょうか?
通勤の際も、体や足元に気をつけてくださいね。

投稿: neropooh | 2008年8月30日 (土) 19時14分

♪エンジェルさん、こんばんは。
エンジェルさん東京出身ですものね。お母さまもおそらく水天宮が一番近いですよね。我が家も母は私が生まれる前水天宮に行ったそうです。
母も30数年前に同じような気持ちでここに来たのだなあ、とふと思いました。その時は母はまだ20代後半…同じ立場とは言え10年近い開きがあるわけです。実際母は私の動きを傍から見ていて当時の自分と比べてたようで「体型も決して細くはないし、図々しさもあって態度もでかいし他の妊婦さんより大分私はオバサンだな…。」と思ったと言ってました…。
もうここまで来て、この年になっていても両親揃ってあーだこーだといろいろ心配しているようで…親が安心するのっていったいいつなんだろう?と思う事があります。それを見ていてどうしても超えられない、超せない親と子の壁ってのを感じた日でもありましたよ。

♪neropoohさん、こんばんは。
そうです。水天宮はかなり有名なようで、戌の日となると妊婦さんでごった返します。来月は土日のどちらかが戌の日に当たるとかで、そういう時は恐ろしい混雑になるそうで…私の友人は祈祷待ちしている時混雑と暑さで具合が悪くなり倒れて救急車で運ばれたそうです…。
戌の日に帯を巻くというのは日本と台湾に残る風習なのだそうです。最初は祈祷料がかかるとかお守りも高いとか(ケチ)で省略しちゃおうと思ってたんですが、あまりにもそれじゃ味気ないかな?と思って行ってみました。行ってみたら結構おもしろかったです。そういう行事も意味があるものですからね。近所に神社があればそこにお参りするつもりでしたが、ないんです…。
関東の大雨…何だか知りませんが今年はバケツをひっくり返したようなのが何度も降って驚いてます。こんなに雨が降るのに私は運が良いのか、帰宅した直後に大雨だとか、外出中寄り道している間に降ってたとか、ひどいとお休み取った日に大雨とかで、ほとんど傘を使った事がないんですが…。こんなに豪雨が多いの初めてです。私の住む場所は大きな被害は出てませんが、隣の市では駐車場が水没したりして、職場の同僚が車をダメにしたと言ってました。
足元は気をつけないといけませんね。ありがとうございます。

投稿: タピアン | 2008年8月30日 (土) 20時51分

無事、戌の日をお迎えになられてなによりです~
あめいも去年の6月が戌の日でした。お参りにも行きたかったのですが、遠さもあって断念し、あめいの両親に関西では有名な中山寺に代参してもらいました。さらしを購入してくれたので、当日は二人でさらし(腹帯)の巻き方をあれこれネット等で調べてやっとまきましたよ(汗)あめいが一緒にお参りに行ってたら購入はなかったと思いますが(笑)思えばあれが孫に対するじじばばの熱さを見た最初だったかも(笑)
タピアンさんの記事を見ながら、ちびっちょがお腹にいたころを思い出します。

投稿: あめい | 2008年9月 1日 (月) 22時14分

あめいさん、こんばんは。
何とか無事戌の日までは来ました。今は小さい人間のけりけり?をはっきり自覚するまでになっております。
体調があまりおもわしくなかったので、お参りは行けるかわからなかったのですが、この週は比較的体調が落ち着いていたので出かけられました。
今思うとさらし、巻いても良かったかな?と思ったりもしますが、4ヶ月に入ったときからコルセット型の腹帯を使っていたので、それに縫い付けられるお守りにしてしまいました。
一年経った頃あめいさんと同じように穏やかな心境でいられるといいな、と思いますね。

投稿: タピアン | 2008年9月 1日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポコポコマーチ | トップページ | やっぱりへたれ »