« その日の月齢は | トップページ | 食器洗浄機設置 »

そんな事言ってるそばから

暑い暑い、雨が降らないなどと言ってたそばから月曜日大量の雨が降った。洪水になるほどではなかったが…。

月曜日、仕事を1時間早くあがった私は電車に乗っていた。自宅方向には何となく暗いイヤな感じの雲が…。降りる駅が近づいてくる頃には傘をさした人が何人か…あれ、まだ明るいのに雨が降ってきているんだ、と思った。

駅に着くとパラ、パラと雨が落ちてきていた。結構大粒の雨。

駅から歩いて2分程度のところに自宅はあるが、自宅によってから買い物に行くのはやめた方がよさそうかな?という気がして、駅に着いてからそのまま夕食やら明日の朝食の買い物に行った私だった。スーパーは駅から4分くらいのところ。

買い物時間はわずか5分程度だったと思うが、スーパーから出ようとした私の目に映ったのは雨でびしょぬれになり黒くなった道路。え?何??もうそんなに降っているのか、と傘をさし外に出た私の耳に聞こえたのは「ゴロゴロゴロ」という音。へ?駅に着いた時鳴ってたか???

そのまま自宅へ急いだ私だった。家に帰り着いて、ベランダに出てユキワリソウの水遣りをしているともう外は急に暗くなってきており、さっきまで感じなかった稲妻がピカッ!ゴロゴロドーン、という音も大きくなってきていた。急いでベランダから部屋の中に入り、ベランダに出たがる猫を無理に部屋に押し返した。私はもともと雷は大嫌いなのでカーテンも閉めてしまった。やがて雨の音が強くなってきた。好奇心旺盛な猫は雨の音が気になるのか出窓の上に座って外を見ていた。

そのうちに閉めたはずのカーテンを突き抜けてくるほどの稲妻が見えるようになってしまった。これは相当近くまで雷が来るぞ、とカーテンを開けて見た。上空の真っ暗い雲。数十メートル先が見えないほどの大雨。うわわ、と思っていた途端に目の前は真っ白!二秒もしないうちにつんざくような音が聞こえた。すぐそばに落雷だ!

猫が出窓の上にいるので見たら、あまりの音の大きさに腰を抜かして動けなくなっていた…。猫を抱えて部屋の中におろしてから、さらに外を見ていた。いつになったら雨がやむだろう…。外は相変わらず暗く、大粒の雨の音と雷の光と音ばかり。

三十分くらいすると雨も雷もおさまってきた。雨がやんでから外に出てみるとだいぶ涼しくなっている。このくらいなら夕立と言ってもいいのだろうが…。それにしても激しい雷雨だったな、と思った私だった。新しい家に来てから初めて経験する夕立。前の家は住宅地の中にあったり、さらに角部屋ではなくまわりを壁に囲まれていたせいなのか外で雷が鳴っているのがあまり聞こえなかったりして、出かけようとして「げっ」と思ったことが何度もあった。今の家は角部屋で外に面している部分も多く、雨の音もよく聞こえる。

雷雨が続くと梅雨明け間近などと昔は言われていたように思う。関東ももうすぐ梅雨が明けるのだろうか…。

|

« その日の月齢は | トップページ | 食器洗浄機設置 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節のたより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その日の月齢は | トップページ | 食器洗浄機設置 »