« 風疹 | トップページ | まだ早過ぎるが… »

何故そうなる?

「おなかに赤ちゃんがいます」マークのキーホルダー、私もかばんにそれをつけて仕事に行くようになったのだった。

最初はこれを使うのもどうかと思ったのだが、通勤電車の中でサラリーマンに固いかばんをおなかにぶつけられたり、遅刻しそうな学生に体当たりされて転びそうになったりというアクシデントが相次いだ。

それでなくとも私はもともとにぶいのだ。少しでも危険な人間に寄ってこられないようキーホルダーをつけようと思ったのだった。実際これを外に見えるようにつけてみたところ、さすがに気がつく人が多いのかだいたいの人が私をよける…。

ところが、思わぬことになったのが先週から今週にかけての電車の中。

電車に立って乗っていたらいきなり低いところから手が出てきた。何だろうと思ったら高齢の女性。「座ってください、どうぞ。」とにこにこと声をかけてこられたのだった。しかし…よく見ると杖を持っておられる。「え?」と思い聞くと「私も経験者だから気持ちわかりますよ。」と。「お気持ちありがとうございます。でも次降りるんで…。」降車駅ではなかったが思わず電車を降りてしまった…。

その翌日も目が合った高齢の男性がにこにこしながら「ここ、ここ。」と座席を指差しながら私に席を譲ろうと…。その時は降りる駅が目前にせまっていたため「ありがとうございます。次降りるのでいいですよ。」と…。

それから数日後、今度は私にまた席を譲ろうとした方が現れた。何とそれは私よりはるかにおなかの大きな妊婦さん…。「私みたいにおなかが大きくなってからより、まだわからないときの方が体調悪くてつらいですよね。」と…。幸いにしてその後座席は空いたのでしばらくその方と話しながら電車に揺られていた。

席を譲ってもらおうなどとは最初から思ってもいないし、「妊婦なんだからいたわってくれ」という意味でキーホルダーをつけているわけではなかったのだが、何故席を譲ろうという人が高齢者だったり妊婦さんだったりになるのだろう…。席を譲ろうとしてくださった方には本当にありがとうを言いたい。そして今度は自分がそうしていく番だな、と思った。

|

« 風疹 | トップページ | まだ早過ぎるが… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど~そういう立場に立つこともあるんだね。
でも、よく言うじゃない…老人に席を譲ったら断られて、せっかくの善意が無駄になってガッカリしたって。
譲る方は譲ることで自分にプラスになってるんだから、ここは弱者として素直に受け取ってもいいんじゃないかな~?
周りの人もこの光景を見て気づいてくれるといいよね。

投稿: 小薔薇すいた | 2008年7月 5日 (土) 21時47分

タピアンさん、遅くなっちゃったけど
「おめでとう」を言わせてください!
新しい命を守る立場になったことで
たくさんの方の善意に触れるきっかけができたんですね!
経験して初めて、相手を思いやれるようになることは多いから
高齢者や妊婦さんが席を譲ってくださるんでしょうけど、
できれば経験がなくても相手を思いやる気持ちを
ちゃんと示せる人になりたいな・・と考えさせられました。
お体いたわってくださいね!

投稿: aya | 2008年7月 6日 (日) 07時24分

♪小薔薇すいたさん、こんばんは。
私も高齢者に席を譲ろうとしたら断られた経験ありますよ。でもだいたいは断ったのにきちんとした理由があったりして、嫌な思いをしたのは一回だけだったかな…。
さすがに杖を持ち、しかも腰が曲がっている高齢の方に席を譲られるとなると…気持ちはうれしかったのですがやはりひるみました。
幸い先週くらいから帰りは時差退勤しているため、電車で座って帰ることもできるようになり、こんな事もなくなりました。
その方にお返しはできないので、今後は同じような立場に立ったときふっと席を譲れる人間になりたいものです。

♪ayaさん、こんばんは。
ありがとうございます。こういう立場に立って初めて周囲の善意というものを実感しました。これからは自分がその立場に立っていかなくちゃだな、と改めて思った次第です。
子育ては自分育てでもある、と職場の先輩が言ってくれましたが、妊娠中であっても自分育てが始まっているのかもしれないな、と感じました。
とにかくまだ初期の段階を抜けたわけではないので、注意して過ごそうとは思っています。

投稿: タピアン | 2008年7月 8日 (火) 19時46分

タビアンさん、遅くなりましたが「おめでとうございます♪」
今年は北海道には来られませんが、次回はファミリーで、また違った目線で楽しんでくださいね。

そして、この記事を読んで思いました。
みなさん席を譲ってくれた方は、やはりそういう大変な経験をしたことのある人なのだと。
自分のことより、タビアンさんの身体が気になってしまうのですよね~
優しい素敵な方々ではありませんか。
お年寄りの方などは、生まれてくるピカピカの命が愛おしいのですよ、きっと。
結論・・・・「元気な若人達よ、見習いたまえ」
それなら、タビアンさんも安心して座れるんですけどね(笑)
あぁ、私もそういう人になりたいわ。

これからも身体に気をつけてお過ごしくださいね。

投稿: ezomomonga | 2008年7月12日 (土) 08時17分

ezomomongaさん、こんにちは。
ありがとうございます。

今年北海道に行くとしたら夫だけになると思います。(一人で行くのはずるい~、許さない~、と私がふくれているので行くかどうかはわからないですが…)でも数年すれば家族で行ける様になりますものね。今年は皆さんの写真で楽しみます。
この後も席を譲ろうとしてくださった方はおられましたが、皆さんなぜかご年配の方、妊婦さんとおぼしき方、そして若い女性でも既にママさんと思われる方ばかり…とても不思議な気持ちです。
その中でも特にご高齢(男女問わず)の方から席を譲られる事が多かったです。
そういえば以前病気で休んだ後に初出勤した日、高齢の女性に「あなた顔色が悪いわ。どこか調子悪いでしょ?座っていた方がいいわよ。」と席を譲られた経験があります…。
高齢になると自分本位になると言われていたりしますが、実は思ったより周囲の状況に目を配っておられるのかもしれないな、と思いました。
今の状況から脱したら、私も安心して席に座ってもらえるようにしたいと思いますね。

投稿: タピアン | 2008年7月12日 (土) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風疹 | トップページ | まだ早過ぎるが… »