« 水くれ状態 | トップページ | 職場へ復帰 »

緊急地震速報

今朝初めて緊急地震速報なるものを実際に聞いた。

ちょうど朝起きて寝転がってテレビを見ていたときだ。イヤな音が鳴ったので「何?」と思っていたら「東北・北陸で強い地震が来る」と…。既に導入以後何度も出ているもののようだが私にとっては本物を見るのは初めてだ。

この音はイヤな響きだなあと思いつつ2分くらい経った頃だろうか。「ぬおお?」いきなり家がゆったりと、でも少し大きく揺れ出した。なんだなんだ、こっちも震度3くらいの揺れだぞ、これは相当でかいぞ、と思いながらテレビを見ると「岩手南部、宮城北部で震度6強。震源は深さ10キロ、マグニチュード7.0」などと言っているではないか…。

知っているブロガーさんが岩手(多分北部)にいらしたのを思い出し、コメントを入れに行ったところもう他の方から安否を気遣うコメントが入っている…。ブログどころではないだろうがコメントを入れた。

中越地震の時の事を思い出した。あの時も私は体調を崩して寝込んでいた。寝込んでいるとき突然家がゆ~らゆ~らと揺れ出し、船酔いのような感じになった。「気持ち悪い、何これ?」と夫に言うと「この地震遠いけど、相当大きい地震じゃないか?」と。あの時は私の住む場所で震度4。案の定テレビをつけたら新潟で大きな被害が…。この時も新潟には知人がいたが、震源地からは比較的遠いところだったため被害はなかったとか。でもやはり電話はかけられず(こちらからもかけなかったが)、しばらくしてから連絡がついた。

今回も最初のうちはそれほどの被害が出ていないように思えたが、やはり情報が収集されてくると被害が見えてくる。出かけた人が帰ってこない等、これからもどんどん被害がわかってくるのではないかと思う。梅雨時でもあり土砂崩れなども心配だし、孤立している方もいる(だからこそ被害がはっきりしないのかもしれない)ようだ。

関東は毎年必ずと言っていいほど一回は震度4クラスの地震がある。いつ大きな地震が起こっても不思議はなく、それを何十年と言われてきている。そのためか地震と言うと他人事には思えない。学生時代は関西・中国方面から来た友人達に「関東ってやだ。地震ばっかりじゃない!」と文句を言われたこともある。しかしその後関西でも中国地方でも大きな地震が起きた。関東だけが異常に地震が多いわけではないのだ。日本にいる以上地震から逃れる事はできないのだなと思った…。自分だけが大丈夫というのは絶対にない。備えだけはしておかなくちゃいけないな…。

|

« 水くれ状態 | トップページ | 職場へ復帰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地震予報が鳴ったのですか。
私はいまだに聞いて事がありません。
ゆらゆらと気持ちが悪かったですね。

我が家のネコは地震があるとやや緊張します。
大きい地震がきたら家族を守れるか、、、考えてしまいます。

投稿: | 2008年6月15日 (日) 18時45分

こんばんは。
緊急地震速報…驚かはったでしょうねぇ。
実際に揺れがくるまでの間って、何か行動ができましたか??

奈良は比較的地震が少ないので、ついつい油断してしまいがちですが、おっしゃる通り、どこでも起こりうることだということ頭に入れて備えておかねばと思います。

投稿: ばなな | 2008年6月15日 (日) 21時08分

森さん、こんばんは。
関東で地震の揺れを感じる1~2分前くらいだったと思いますが、テレビを見ていたら鳴りました。直下型の地震だったようで震源付近では間に合わなかったとか…。地震予知って難しいですね。
関東平野は思った以上に揺れたようですね。高層だと地震波の性質なのかなおさら揺れを感じたようですね。

やはり動物は敏感に反応しますか…。我が家の猫は夜間に地震が起きた時は大きく揺れるまで寝てました。しかしその後落ち着かなくなりましたよ。
大災害が起きた時…今の状況では自分と家族と猫の安全を優先に考えてしまうでしょうね。最初は自分と自分の身の回りを守ることしか考えられないのではないかと思っています。

ばななさん、こんばんは。
最初この音を聴いたときびびりました。思わず夫と「え?」と…。画面を見たとき「関東」とは入らなかったので多少余裕はありましたが…場所が遠いとは言えいずれこっちも揺れるかな?と正直なところ身を固くしているしかありませんでした。もし「関東」と入っていたらどういう対応を取っただろう…そう思います。おそらくテーブルの下に飛び込むのがやっとでしょう…。
揺れだした時はまさに船酔い状態。中越地震の時ほど強く長い(あの時は2分以上揺れたはず)横揺れではありませんでしたが「何これ~?」「現地では相当強いんじゃ…。」と夫と話している時「東北で震度6強」と出て驚いた次第です。

奈良は地震が少ない方ですね。だからこそあれだけ古いものが残ったと言えるのは事実だと思います。ただ確かに油断はできないんですよね。
災害が起こったときはそう思うけど、当事者でないと日が経つと忘れるのが怖いところだと思いますね…。

投稿: タピアン | 2008年6月15日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水くれ状態 | トップページ | 職場へ復帰 »