« 優勝おめでとうございます。 | トップページ | 何と言う偶然… »

娘をブラッシング

最近、我が家の7歳の娘(養子)ごろにゃんの抜け毛がすごくなってきた。夏毛に生え変わるのだろうと思われる。もともとは猫嫌いだった夫は「ばか毛」から「まぬ毛」に生え変わるなどとのたまっている。

夫も私も一日一回は猫をブラッシング。抜け毛がどどっとブラシについてびっくり仰天だ。これをしないと部屋に毛いりの胃液を吐かれる…。もともと雑種でわずかに長毛が入っているらしく、中途半端に毛が長いのだ。

猫自体は小さい頃からブラッシングをしていたせいか、逃げてしまうことはなく、むしろ「ここブラッシングしてくれ」などと体を動かしたりして指示してくるばかりか、ブラッシング中は小刻みに喉を鳴らしてひっついている。ひどい時はおなかを出して「ここかいて」。しかしちょっとでも気に障るといきなりひっかいたりかみついたりも…目を見る限り怒っているわけではなくむしろ「遊べよ~」という感じ…。

猫の育て方を間違えたような気がしてならない最近だった…。

|

« 優勝おめでとうございます。 | トップページ | 何と言う偶然… »

猫のお話」カテゴリの記事

コメント

ネコさんのブラッシング、させてくれるようでうらやましいです。
我が家のネコ2匹とも嫌がるのでなかなか、手が、、

投稿: | 2008年5月31日 (土) 16時00分

森さん、こんにちは。
ブラッシングは嫌がる猫の方が多いようで、弟宅の子は全く受け付けないそうです。
短毛種であればシャンプーなどもいらないし、毛は確かにとってあげた方がよいとは言えそれほど気を遣わなくても大丈夫なようですよ。
この猫を拾った時私はわからなかったのですが、変に長毛が入っているのに気づいた獣医さんから「この子、将来長毛になるかもしれないから今のうちにブラッシングに慣れさせた方が…」と言われなかったら、ブラッシングはさせてくれなかったかもしれません。

投稿: タピアン | 2008年5月31日 (土) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優勝おめでとうございます。 | トップページ | 何と言う偶然… »