« グリーンに癒されて | トップページ | 微熱続き… »

家庭内野良猫?

夫も私も毎日帰りが遅く、夜まで一匹遅くまで暗い部屋で過ごしている生活をしていたせいか、我が家の猫ごろにゃんは家庭内野良猫みたいな感じになってしまった。首まわりの毛にハゲができたせいで首輪をしなくなって、首輪の後がなくなった事もあり余計に野良猫みたいな感じになってしまった。うっかり外に出してしまったら完全に野良猫になってしまう(動きがとろいので飼い猫だとはわかるだろうが、戻っては来られなくなってしまうと思うので玄関から外には出さないようにしている)。

ごはんをくれ、と私や夫にねだり、ごはんをもらって満足すると一人遊びに興じ、そのまま疲れると自分の定位置である部屋の隅の猫ベッドに行ってしまう。日に日にマイペース度がだんだん高くなる、そんな感じである。

ただ一つの救いは、二人がいっしょにいる時は必ず二人の間にいて人の話を聞いているかのようにしていること。その間に抜け毛のブラッシングをしたり、話しかけたり遊んだりする。それでも嫌がらず二人の間にいるのだ。そして明け方になると、いつの間にか私の布団の上で寝ている。明け方寝返りをうとうとして布団が動かないのに気がつき、「あれ?」と思うとごろにゃんが乗っているのだ。

ごろにゃんももう7歳になった。今は元気いっぱい、マイペースのごろにゃんなのだが、まだしばらくの間はこの元気でマイペースなままのごろにゃんでいてほしいものだと思う。

|

« グリーンに癒されて | トップページ | 微熱続き… »

猫のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリーンに癒されて | トップページ | 微熱続き… »