« 家庭内野良からべたべたへ | トップページ | 娘をブラッシング »

優勝おめでとうございます。

相撲…私自身それほど興味があるわけではないが、小さな頃母方の祖母の家に行くと祖母は番付表まで持っていてテレビに釘付けになっていた。元気だった時は実際に相撲を見に行ったことまである。病気に倒れてからも祖母は相撲の放送を楽しみにしていたなあと思い出した。

琴欧洲関の優勝が決定したのは昨日の事だったと思う。今日も白星だったというから立派なものだ。全勝こそ逃してしまったが、横綱二人を負かしたのは立派だった。性格も良さそうだし、いろいろ一時期言われていた某お相撲さんの問題行動(あれはちょっと精神的に幼いので引き起こしたトラブルかなとは思う)みたいなのを起こすような事もしそうにない。日本語も上手で表彰式では「君が代」まで歌っている(賛成反対論は抜きにして)ではないか…びっくりした。

以前テレビを見ていたらCMにきれいなお相撲さんが。「何だ?このお相撲さん…お相撲さんの姿をした俳優さんか?」それが琴欧洲関だった。背は高いし足も長いしいかにもヨーロッパの人といった顔立ち、しかもきれいだし。相当人気が出るだろうと思ったら案の定周囲にもファンがいっぱいいた…。

人気が先行してしまって、ダメになってしまうお相撲さんもいるので、この人にはいずれ強くなってほしいな、と思ってひそかに応援していたが、ケガが続いて…大関までは行っても優勝とかからは遠い存在なのかな…と思っていたが、今回は違った。仕事をしているので相撲中継を見ることはできないが、ニュースなどで見たVTRでの相撲は力強いものだった。

何だかんだ言われてもこのままだと朝青龍ばっかり優勝してしまうんじゃないか(別にアンチ朝青龍ではなく、強いのならこのまま憎まれ役ってのもおもしろくていいのかな?というのはある…)?と思っていたところへ見事な優勝。ヨーロッパの人とは言え、部屋でいい教育を受けてきたのだろうか態度もなかなか立派。いずれはもっと強くなってもおかしくないんじゃないか?と思っていたので…。本当のところを言えば横綱まで昇進してほしいが、相撲向きの体型ではないように思えてしまう…。足のケガだけは気をつけていい相撲を取り続けてほしい。

その後親方が写って驚いた。現佐渡ヶ嶽親方=元琴ノ若関ではないか!私は現役の頃の琴ノ若関も大好きだったのだ。背は高いし足は長いし顔もきれいだし…ちょっと力強さに欠ける部分はあったが…あれれ?何だか同じような事ばかり言ってるな、私。そう、私は実はきれいな男性大好き!!なのだ。

|

« 家庭内野良からべたべたへ | トップページ | 娘をブラッシング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

またまたこんばんは☆

私も同感です!
新聞を読んでいて「琴欧州関の隣のこの男前な方はどなた?」と
思ったら親方(元・琴ノ若)だったんです!
現役の頃からカッコよかったですよねー。
私は寺尾関のファンでしたが、琴ノ若も足が長くて男前な人だなー、と思っていました。
妹は「角界のアラン・ドロン(このたとえに時代を感じますが。。)」と呼ばれた
霧島関のファンでありました。
母は千代の富士と、故・北天祐関のファン。
わが家は昔から、カッコいいお相撲さんのファンだったのです(笑)

モンゴル勢に押されっぱなしの相撲界ですが、
琴欧州関になんとか頑張ってほしいものです。
(もちろん、日本人のお相撲さんにも頑張ってほしいですが。)

投稿: るーさん | 2008年5月25日 (日) 21時38分

るーさん、こんばんは。
琴欧洲関、きれいですよね。でも親方も男前…ん?あれれれ??タイプとしてはよく似てますよね。背が高くて体型が細め、足が長くて…。
琴ノ若関も本当はもっと強かったのではないかと思うのですが、やはり足が長かったのが災いしたのかな?と思ってはいました。
寺尾関もいい男でしたが、霧島関、千代の富士関、北天佑関(早くに亡くなられてしまい本当に残念です)、確かにみんな男前…。

モンゴルにも相撲はありますから、強い人が出てくるのは当たり前だと思います。
むしろ某仏人の「猿誇示」さんが「野蛮」と言った伝統行事の中にヨーロッパ、ロシアなどから人が入ってくる、その流れはすごいことなのかもしれません。ただ日本人だけ優遇されるという状況はもう避けられないのかなとも思います。敢闘賞だの賞を取った人にも外国人の方がおられますし。日本人のお相撲さん、もう少し頑張ってほしいですね。

今になって琴欧洲関の事でネットに掲載されている記事を見ましたが、北の湖理事長の言っている内容はよくわからないです。外国人の横綱大関をそんなに増やすのがイヤなのかな?と。それなら日本人の入門者がなぜいなくなってしまうのかよく考えろ、と言いたいですね。

投稿: タピアン | 2008年5月25日 (日) 22時25分

こんばんは。
琴欧洲関、ケガからよく復活しましたよね。もう優勝できないまま相撲がとれなくなるのでは?と思っていましたが、今場所の頑張りはすごかったようですね。
おっしゃるとおり、もっと日本のお相撲さんにも頑張ってもらいたいですが、マナーのいい方が優勝して良かったなと思います。

投稿: ばなな | 2008年5月27日 (火) 23時13分

こんばんは☆
ふたたびコメントです♪

某仏人の「猿誇示」さん、って誰?と一瞬思いましたが。。。
なるほどー(笑)
万一彼が日本に帰化することがあっても、
「猿誇示」という当て字は使わないだろうなぁ(笑)


投稿: るーさん | 2008年5月29日 (木) 00時01分

♪ばななさん、こんばんは。
琴欧洲関って、実はかなりの実力者なんですね。昇進も早かったと聞きました。ケガに苦しめられて相撲が取れなくなってしまう…それは心配していましたが今回はお見事でした。次回もまた優勝してほしいなと個人的には思います。
日本人のお相撲さんにももう少し頑張ってほしいものですが、最近は日本人でなくても日本が好きで日本の文化になじんでいく人ならいいのではないか?と思うようになりつつあります。

♪るーさん、ふたたびこんばんは。
日本嫌いで有名な仏大統領の名前が確かそうだったのでは?とふと思い出して書きました。「相撲は野蛮」と放言したんだったなあと…一応は皮肉です。
万が一日本で当て字でこれを使うとしても、いろいろな意味でさすがにまずいでしょう…(苦笑)

投稿: タピアン | 2008年5月30日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭内野良からべたべたへ | トップページ | 娘をブラッシング »