« 我が家から巣立っていったもの | トップページ | それはおかしいだろ? »

初めての実り

「ベランダの春」の写真にも少し出ているが、我が家のベランダでは今年びっくりするような実りの時期を迎えている。

昨年も実をつけてくれたイチゴは順調に実が大きくなっているが、数年ほったらかしにしていて、早春に株分けしたばかりの別の品種のイチゴにも、1株だけ4~5個の小さな実がついているのだ。しかもこの品種のイチゴのうち、花が咲かなかった株からはランナーが伸び始めている。このイチゴは味がとてもよいのだ。今年は株を増やすチャンスかもしれない。

そして一番びっくりはブルーベリー。昨年たくさんの花が咲いたのに実が一個もならなかった。今年は昨年より花数は少なかったが元気なシュートが出ており、木が大きくなった。ダメもとで自家受粉させてみたところ、その花にはだいぶ実がついてきた。ところがよく見ると自家受粉していないはずの花まで実をつけているのだ。夫にその話をすると「ベランダにブルーベリーがあったこと自体がびっくりだよ!いつからそんな木育ててたんだ?」と驚かれた…。

ブルーベリーはある日突然ぷっくりと実の部分が膨らんできて「あれ?」と実がなったのに気がつくのだ。まだ小さい木だから大丈夫かな?と思う反面、昨年は実をつけるだけの力がなかったから実が一つもつかなかったんだ、と思った。緑色した小さな実がブルーを帯びてくるのが何だか不思議な感じだ。どうやって青くなっていくのだろう。ちなみに種類はサザンハイブッシュ系の「サンシャインブルー」。一本で結実するという種類だ。丈はコンパクトで30センチにも満たない小さいものなのだが、幹はびっくりするほどこの一年で太くなった。多分3~4年経過した木であろうと思われる。実際には剪定などを考えないと毎年の収穫が難しかったり、木が疲れて回復までに時間がかかったりするかもしれないみたいだが、どうなのだろう。実が収穫できた後はしっかり手入れをしてみよう。

ラズベリーも昨年は一個しか実がならず(しかも赤い粒が一つだけの不完全なもので、いつの間にか虫だか鳥に食べられていた)、しかも花の後それ以外は全部ががくから落ちてしまった。今年は株数が増え、大きく枝を伸ばした一本だけに花が7個ほどついたが、これも自家受粉したのがよかったのかがくから落ちてしまったものはまだ一個だけ。あとは見事にまだがくがついたまま残っている。これからどうやってあの赤い実がなるのだろうか。全く見たこともないので見当もつかないのだが、毎日しっかり見ていこうと思っている。

処分価格で大安売りされていた売れ残りクランベリーも黄緑の新芽が吹き出してきた。生では食べられるものではないらしいが、これもうまく育てれば花も楽しめ、実がなるのだそうだ。

こんなにたくさんの実りが見られるなんてびっくり。昨年の今頃ベリーガーデンを作りたいなどと言っていた記憶があるが、それができるのは数年も先の話だと思っていたのでゆっくり育てていけばいいやと思っていた。

しかもうちのベリーたちはみんな売れ残りだの、枯れかけていて状態が悪いままで家に来た株ばかりだ。途中に引越しも入り、他の植物もそうだがベリーもさぞ環境に慣れるまで大変だったことだろう。

今年は自家製のベリーを楽しめる日が近いかもしれないと思うと何だかとてもうれしい。

|

« 我が家から巣立っていったもの | トップページ | それはおかしいだろ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節のたより」カテゴリの記事

ほったらかし園芸」カテゴリの記事

コメント

わ~、楽しみですね♪
生のベリー類って、苺はともかくあまり見ませんし、あってもお高いですもんね…
ベリーガーデンなんて、素敵すぎますっ(*≧m≦*)
私も育ててみたいと思いますが…どうも私は何でも枯らしてしますのです(^^ゞ

投稿: みるまゆ | 2008年4月29日 (火) 22時30分

みるまゆさん、こんばんは。
確かに生のラズベリー、ブルーベリーって産地に行かないと見ないですよね…。冷凍ものはいくらでもありますが。
ベリーガーデンなんてほどのものではなく、全部一株から始まり、わずかなベランダで育てているものです。
「ものぐさガーデニングのすすめ」という本があるのですが、これを読んでからどういうわけかその後植物を枯らさなくなりました…。ちなみに、うちの植物は必要な時以外はあまり肥料も水もあげずに育てていたりします。

投稿: タピアン | 2008年4月30日 (水) 22時56分

サンシャインブルーは余り大きくならないので
剪定の必要は無いと思いますよ。
実の成るもって良いですよね。
我が家はサルナシに沢山の蕾が付いたので
秋には実が楽しめそうです。

投稿: SAKU | 2008年5月 2日 (金) 21時32分

SAKUさん、こんばんは。
実のなるものを育てるの、楽しいですよね。
サンシャインブルーは確かにサザンハイブッシュの中でも高さの面ではコンパクトですね。横に木が広がりがちなのと、夏場に元気なシュートが出るとさらに横に広がる性質がありそうなので鉢の形を考えた方がいかもしれません(何と今は5号鉢!)。昨年誤って真横に伸びた太いシュートを一本切ってしまいましたが、その後縦に一本大きなシュートが出て樹形がきれいになりました。ただ放っておくとシュートがよく出て花がつき過ぎるようなので来年以降様子を見たいと思います。実は今年は花数を減らす剪定だけはしています。
この株はホームセンターの見切り品としては大当たりでした。後から2株別品種のサザンハイブッシュを演芸店で買いましたが、今実をつけている株と見比べると大きさでははるかに小さいはずなのに、今後の成長に不安を感じます。

サルナシ、やはりこれも食べられるものなのでしょうか。秋に実がなるの楽しみにしています。

投稿: タピアン | 2008年5月 3日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家から巣立っていったもの | トップページ | それはおかしいだろ? »