« ブドウ糖500倍液 | トップページ | ひさしぶりのお休みで »

勝手に寄せ植え

植物を育てるのが好きなくせに寄せ植えはあまり好きではないのだ。

ところが、気がついたら我が家のベランダの鉢は寄せ植え状態になっていた。寄せ植えの原因は日本スミレたちだ。レモンの木の下から明神スミレの濃い紫色、ブルーハイビスカスの株元からヒゴスミレ、自慢のサクラソウのプランターにも、サクラソウだけでなく明神スミレや白花ノジスミレのバリエーション。スミレだけで育てていた鉢の株はほとんどが枯れてしまったのに、こぼれ種はもうあちこちから生えている。

実家でも白花ノジスミレはどの鉢にもめちゃくちゃに生えていた。純白のスミレなのでほしがる人が続出し、母はどんどん分けていたようだが、それでも毎年あちらこちらから花が咲き家族を驚かせていたのを思い出した。今もまだたくさん芽が出ているらしい。

そういえば前の家ではアリがベランダを行き来していた。スミレの種は甘い物質に包まれていると言う。おそらくスミレの種は甘い物質のおかげでアリに運ばれて、食料になり損ねた種が芽を出したのだろうと思う。ヒゴスミレなど絶えてしまったものと思ったので、今咲いている姿を見ると本当にうれしい。しかし今年はどうだろうか。アリがいなければいずれスミレが絶えてしまう。アリが見られないようなら実を取りまきして増やしていきたいと思っている。

スミレが生えてくれたことで、土のむやみな乾燥を免れている植物もあるようだ。下草の役割も果たしてくれているのだと思う。人工のベランダガーデン内でもそんな自然の仕組みが見られるのだなとふと思った。

|

« ブドウ糖500倍液 | トップページ | ひさしぶりのお休みで »

ほったらかし園芸」カテゴリの記事

コメント

自然が作る寄せ植えなのですね~(^^)
園芸ど素人(っていうか全然わからん)の私なんかは、
寄せ植えを見ると「ステキ☆」と思うのですが、
一緒に植える植物の相性とかもあって難しいんですってね。
スミレの種って見たことないです。
きっと小さいんでしょうね。

水やりに燃える時期があったかと思うと、
すっかり忘れて何日も放置・・・という私には
植物の世話は無理らしいので、もっぱら花屋の店先とか
道端の花なんかを見て楽しんでます(^^)

投稿: くろねこ | 2008年3月29日 (土) 06時44分

くろねこさん、こんにちは。
寄せ植えは確かに素敵ですよね。あんなの作れたらと思いますが、確かに植物の相性ってあるんですよね。乾燥を好むものと湿気を好むものはいっしょにはできないし、はびこりすぎるものを植えたらめちゃくちゃになってしまいますし。うちは完全単独種の鉢植えを基本に管理してます。

あ、誤解をされているようですが、私は毎日水遣りなんてしたり、世話を毎日するようなマメ人間なんかではありません。気づいたときに最低限の手入れをするだけで基本はほったらかし。それを知ってるのか家の植物達はいつのまにか少しくらい乾燥してもへたれないよう勝手に育ち、私の手間を最小限にしてくれるようになってくれています。もっとも手をかけずに育つ植物ばかり残ったという話もありますが。
人の家の花や道端の花も好きなので見たり写真撮ったりして楽しんではいます。

投稿: タピアン | 2008年3月30日 (日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブドウ糖500倍液 | トップページ | ひさしぶりのお休みで »