« ベランダガーデン改良第二弾以上か??? | トップページ | ベリーの花が咲いた! »

飛び出すにゃんこ

ベランダで作業をする事が増えたある日の事、洗濯物を干そうとふと目を離した隙に我が家の猫ごろにゃんがベランダへ出て行ってしまったのだ。

ぎゃあああ!前の家にいた頃、網戸を蹴破ってベランダへ出て行ってしまい、ベランダの手すりをキャットウォークしてしまい、同じ階の住民に大爆笑された過去がある。

今回は網戸を蹴破ったわけではなく、私が網戸を開けた途端外へ飛び出したのだ。

しかし、引っ越した家のベランダは前回とはわけが違い、ベランダの手すりはかなり細いものでアルミの銀色、猫が嫌いな色だ。そこを持ってきて同じ階には二世帯しかいない縦に細長い構造のマンション、しかも世帯を分けるしきりは猫の頭が入るほど広くはない。と言う事は手すりに乗ったりしなければベランダからごろにゃんが脱走できる可能性はかなり低い。

ためしに抱き上げてベランダの手すりからごろにゃんに外を覗かせてみたところ、高さがかなりあるのがわかったのかものすごく嫌がり、ベランダに降りてしまった。ときどきベランダの隙間から外を覗いていることはあるものの、やはり高さがかなりあることを感じるのと手すりの色が銀色をしていることで、上に飛び上がったりしようとはしなかった…。

これで少し安心した。私が洗濯物を干したり、ベランダで植物の世話をしているときなどは目が届く範囲にいるごろにゃんに日光浴をさせたりすることができる。家の中で飼っているとは言え、平日はいつも一匹で留守番、窓の外から外を眺めるだけでは、いくら何でもつまらないのではないか?そんな気がしていたのだ。当の猫はどう思っているか知らないが。

ベランダに出すとごろにゃんは興味津々であちこちのにおいをかいだり、体をすりすりしたり、しっぽを立ててあちこち探検したりしている。そして落ち着くと一番日当たりのいい場所に陣取りのんびり座ったり、猫座り、やがて伸びて床でごろんごろん…。

当然の事ながらごろにゃんを家に上げるときは、飼い主が足を拭いたり体を拭いたりする作業が増えてしまったのだった…。

|

« ベランダガーデン改良第二弾以上か??? | トップページ | ベリーの花が咲いた! »

猫のお話」カテゴリの記事

コメント

ネコさんのベランダ事件。
興味深く読ませていただきました。

実は先日の事。
我が家のポン(オス)がベランダへ、手すり(ちなみにこの手すりは直径が10センチくらいの丸いもの)に飛び乗り、その上を平気で歩いてしまいました。
我が家は8Fです、その時の私の衝撃、想像してください。

出来るだけそっと、慌てたそぶりを見せず、抱き上げて事なきを得ました。

実は私は先年、可愛がっていたネコを8Fから墜落死させてしまったことが有ります。

この話をここまで書いて、胸が塞がってしまいました。


投稿: | 2008年3月24日 (月) 06時27分

森さん、こんばんは。
コメントを最後まで読んで思わず言葉が出なくなってしまい、何を書いたらいいのかわからなくなってしまいました…。何だかすみません…。

8階の手すり!顔が青ざめてしまうでは済まされないですね…。
私の猫もまだ小さい頃以前住んでいたマンションで二階の手すりから外へダイブしました。その時はっきりとは覚えてないのですが、私は自分が下に落ちるのを覚悟で身を乗り出して猫を掴んだのをふと思い出しました…。そんなものでは済まされない衝撃…。

一つだけ言える事は、いくら慣れた家にでも危険はありますが、ベランダという事は高さもあり、家の中より猫が興味を引くものがたくさんあり、家の場合だとには植物の世話道具や用品にも危険なものがたくさんあり(農薬だけはありませんが)、絶対的な危険度が全然違うということ、です。
今回は洗濯もの干し、植物の世話の間だけと言うことで出していましたが、今後は簡単に外に出すのはやはり危険だと言う事をしっかり意識した上で、どうしようか慎重にしていかなければ、と思いました。

投稿: タピアン | 2008年3月24日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベランダガーデン改良第二弾以上か??? | トップページ | ベリーの花が咲いた! »