« 水彩色鉛筆 | トップページ | 雪割草展行ってみた »

バレンタインデー

夫といっしょに出勤している私だが、乗り換え駅のホームへ向かって歩いているとき夫がぼそっとつぶやいた。

「今日はお菓子屋の紙袋持っている女性が多いや・・・。」

私の方はあまり意識してなかったが、そういわれて見ると確かにかなりの数の女性がお菓子屋の紙袋を持っている。そうか、今日はバレンタインデーでしたね…。

バレンタインデーにチョコレートを贈るというのもずいぶん定着してきた慣習なのだなあと思ったのだった。ちなみに、今年は私の職場でも女性陣で同じ係の男性にチョコを贈ったのだった。私にとっては6年ぶりの事だが、絶対自分では音頭は取らない。私は実は余計に人に気を遣うような面倒なことが大嫌いなのだ。

5年程前に男性6人、女性が私1人の係にいたことがある。もともとその職場ではバレンタインデーはないに等しかったが、他の係で女性が高価なチョコを渡した係があると聞いて私はちょっとびっくりした。いくら何でも6人分のチョコを用意するとなると…ケチな私は戸惑った。私の場合はお返しも別にほしくもないし。

「だったら質より量じゃ!」私はそう思った。

昼休みにかかってしまった外回りの時間に大量にお菓子を買い込み、係のメンバーが外回りから帰ってくる時間を見計らって「ほい、お菓子だ!」と係のお菓子コーナーにどさっとお菓子を置いておくだけにした。

私のいた係の男性陣は実はお菓子大好きの集団。お菓子コーナーには必ず誰かしらがお菓子を買ってきて置いているのだった…。「わ~お菓子だ!」の声とともにみんなお菓子を食べていた。

しばらくすると「何で今日に限ってこんなにお菓子があるんだ?」という話になった。隣の係のおじさんが「さっきタピアンが大量に買ってきてたよ。」と言ったことで「あ、これもしかしてバレンタイン?」と男性陣。「そう、質より量だよん。だからお返しもいらない。思う存分食べてくださいな。」と私が返すと「遠慮なくいただきま~す。」「わ~い。」と。

当然の事ながら私の係ではお返しはなかった。それについては何の問題もなかったのだが、他の係で高価なチョコを配った女性がお返しを要求したとかでその係の男性陣が唖然としていたのを見た私の係のメンバーは一言。

「タピアンがあまり頓着しないヤツで本当によかったよな…。その辺で売ってるお菓子大量に買ってきて『食え』に、『お返しはいらねえ』だもんなあ…。」

そうだよ、悪かったな。ただ単に面倒なことが嫌いなだけなんだってば…。

|

« 水彩色鉛筆 | トップページ | 雪割草展行ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

分かります。凄く。

バレンタインデーというイベント自体を否定するつもりは全くないし、楽しみたい人は楽しめば良いんだし、というか「やるからには楽しむべき」とも思ってます。
だから、個別にプライベートで贈ったり贈られたり、愛の告白をしたりされたり(俺自身にはバレンタインに絡んだ恋愛のイベントは無かったけど・・・)そんなんで楽しむのには大賛成。だけど、こういう職場での「バレンタインデーだから贈らないと・・」的な、半分義務的なのは本当に面倒だし、変に気を遣うしで嫌だなあと思いますね。

実はこれ、ホワイトデーにも同じ事が言えるわけで、記事内でも書かれてるけど、男としてもお返ししなきゃとかそういうの・・・・正直凄く面倒なんです。
個人的に貰ったものならばね、素直に「ありがとう」って返せるんだけどね。義理だとしても。

投稿: 卯月 蒼 | 2008年2月15日 (金) 14時33分

卯月 蒼さん、こんばんは。
訪問いただきありがとうございます。

確かに個別に、プライベートでのバレンタインデーを否定はしませんし、それは楽しんでいいと思うのですね。
私の職場では職場の最年長者が「バレンタインだから500円徴収ね。」と係のメンバーにお伺いも立てずに勝手に決めてしまいました。実は今の係は女性5人に男性2人。後から話を聞いた上司(女性)は「男性陣に気を遣わせるだけだから辞めた方がいいと思う…。」と言いましたが「もうチョコ買ってありますから。」(しかもこれも他の人に買いに行かせた)の一言で時既に遅し、でした。男性陣は「ありがとう」と言いつつも見えないところでは案の定困っておりました…。「これお返しどうしよう…。」って。
お返しなんかいらないって言われたってそんなの「あ、そう。ありがと。」と言葉どおりに受け取る人は少ないですよね…。その言葉をそのまま受け取って何もしなければ、「お返しもよこさない。」などと言われかねないし…。

イベントにもあくまでも個人的なものというのがあると思うのです。それは職場、組織での人間関係にまで適用する必要はないんじゃないかな?ともともとケチな私自身は思ったりするのです。
ちなみに、私は人にプレゼントをするのは嫌いじゃありませんが、義理でというのはあまり好きではなかったりします。

投稿: タピアン | 2008年2月16日 (土) 00時26分

私も個人的に楽しむ範囲でのバレンタイン、OKだと思います。

女性から意中の男性に告白してもOKというロマンティックな西洋のイベントを楽しむのも悪くないと思います。が、問題はそこに日本人の好きな「義理」って事がからんで来る事。本当に義理のある人には義理のお返しをするのは抵抗無く出来ますが、形式ばかりの「義理」って厄介ですよね。特に職場なんかでは。

オマケに「ホワイトデー」なんて不可思議な風習が一般化する始末ですし。大体、お返しを期待して人にモノをあげるなんて、ちょっとどうかなぁ?と思いますね~。

私はお菓子作りなどが好きなので、この時期「旦那さんには手作りチョコ贈るんでしょう?」などとよく訊かれますが、敢えてこの時期にチョコを贈るなんてしません。「日本におけるバレンタイン・デー」というヘンテコな風習への、私のささやかな抵抗のつもりです^^;。

投稿: はるな | 2008年2月16日 (土) 20時41分

はるなさん、こんばんは。
バレンタインデーってかつては女性から男性に対して告白できる数少ないチャンスでしたよね。それを楽しむのはおおいに結構と私も思います。
実は人に余計な気を遣うのが大嫌いな私ですが、義理人情はわりと大事にしており、本当にお世話になった人に贈り物をしたり手紙を書いたりは何の苦もなくできたりします。形式ばかりの「義理」、これが面倒なんです。
ホワイトデーについては私は「?」と思っています。何でそんな事する必要があるのかな?と…。何だかこれはあさましくてイヤだなあとちょっとだけ思っていたりします…。
お菓子、私もバレンタインデーのためには作らない主義だったのですが、今年は夫が残業だらけで休日出勤もあり、バレンタインという気持ちになれそうにないような事を言っていたため、少し前にケーキを焼いて二人で食べました。

投稿: タピアン | 2008年2月17日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水彩色鉛筆 | トップページ | 雪割草展行ってみた »