« 寒い日は鍋 | トップページ | 干し野菜やってみた »

アメリカまで五日で?

先週私の携帯電話に友人からメールが届いた。

友人は昨年のクリスマスに出国し、今はアメリカで暮らしている。ご主人の仕事の関係で3年間アメリカで暮らすのだそうだ。出国の日はちょうど転居の関係であけられず、見送りすらできなかった。

アメリカへ渡る前に友人には一度会いたかったのだが、私の悪い癖で「相手が忙しそうだからあまり無茶言ったら悪いかな?」と変に遠慮してしまい、そのまま一年が経ってしまった…。

それが心残りだった。アメリカへ渡ってからでもいい、「元気で3年間いろんな経験をしてきてね!」という気持ちだけは伝えたいと思っていた。

そんな中でカレンダーとフレームのセットを見つけた。Happy Life Factoryというネットショップのものだった。私は昨年もこのショップのカレンダーを買ったが、北海道の四季の写真がとても素敵だったのと、このカレンダーを飾っていたら不思議と何事でもいい方向に動いていくような感じがしたので今年もリピーターしようと思っていた。そうしたら今年はフレームとのセットがあったので私の分と友人の分いくつかを購入したのだ。アメリカへ渡った友人も含め、私と親しくしている人は偶然にも皆今年大きく人生が変わる分岐点にいる人ばかり。縁起担ぎではないが、送った人みんなにいい事があってほしいと思ったからだった。

そのうちの一つをアメリカに送ることにした。友人がアメリカへ着いた時にこれが届いていたらサプライズになるかなと。ところが、国際郵便など送った事のない私。いずれにしても航空便になるのはわかっていたのでクッション材入りの封筒を用意して郵便局へ出かけた。しかし…割れ物だということで動かないようにしてほしいという話があったこと、航空便でもきちんとした保障のあるものとないものとあることがわかり一度撤退…。

きちんと届いてほしいと思ったので保障のある航空便(エクスパック)にすることに決めて再度郵便局へ。しかし…ラベルを見て呆然。全部英語で表記しないといけないのだ。私は英語が苦手、いくら簡単な英語で済むと言ってもその場で書くのはしんどいので再度撤退……。

家で落ち着いてラベルを書いてみると思ったより簡単だった。ラベルを専用の封筒に貼りクッション材入りの封筒に入れたカレンダーとフレームのセットにメッセージカードを入れてしっかり固定して封詰め。それをそのまま専用の封筒に詰めてしまった。

次の日の昼休みに郵便局へ持っていってやっと集荷。この日が12月19日。アメリカまで航空便だと約二週間かかって届くと言われた。そうすると新年早いうちにアメリカの友人に届くだろうな、と思いながら郵便局を後にした。この時点で既に友人がアメリカに到着する前に郵便物が届くという話はなくなった…。

ところが友人からのメールを見て仰天した。「24日にアメリカに着いたときには、もう届いていましたよ。」メールにはそう書かれていた…。「うそだろ…。」と思い郵便物を出したときのラベルの控えを見ると、やはり受付日には12月19日と書かれている…。

日付変更線を越えるとは言え、たった5日間でアメリカへ郵便物が届くということにとても驚いた。いったいどういう処理がなされて5日間でアメリカへ行ったのだろう。おそらく毎日アメリカと日本の間を飛ぶ飛行機が飛んでおり、相当早くに処理がされて郵便物は先にアメリカに渡ったのだろうと思う。日本でも小笠原では船が5日に1便、その船か貨物船で郵便物が運ばれるので5日間で郵便物が届かないことがある。物理的な距離と交通を考えた距離とは違うのだなあと思った。

しかもクリスマスの直前で簡単に郵便物が届く時期でもないのに…しかも私が最初に考えていた彼女の到着前に郵便が届けられたらいいな、と思っていた事が実現したとは…。

|

« 寒い日は鍋 | トップページ | 干し野菜やってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タピアンさん、どうもありがとうございます!
日記を拝見していて、とっても嬉しい気持ちになりました。
私たちも、昨年からカレンダーを飾って、不思議と何事も良い方向へと進んでいるような気がします。
(もちろん、時々は山あり谷ありですけどね^^)

今年も、タピアンさんとご友人にたくさんの素晴らしい
ことがありますようにと、たっぷり願いを込めさせていただきました☆
どうもありがとうございます♪

投稿: Masae | 2008年2月 5日 (火) 21時49分

Masaeさん、こんばんは。
アメリカに行ってしまったら一時帰国したとしても3年間はなかなか会えない、気持ちをどう伝えたら良いだろう…と悩んだ末に選んだプレゼントでした。行った先でHappyに暮らしてほしい、そんな思いがありました。
しかし…まさか渡米したときに届いているとは思ってもいませんでした。偶然にしてもこれはすごいと…Masaeさんの願い、しっかり受け止めましたよ。

我が家でも居間の日が差す出窓に飾ってあります。カレンダーを飾ってから不思議とこちらも気持ちが安定した日々を送っております。山あり谷ありは思った以上によくあります(特に仕事では)が、比較的いつまでも嫌な事を引きずるタイプの私から徐々に脱却しつつあるのかな?などと思ってます。

投稿: タピアン | 2008年2月 6日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い日は鍋 | トップページ | 干し野菜やってみた »