« ごろにゃんの大災難 | トップページ | あまり気にしてなかったけど »

お布団入れて!

引っ越して前の家より少し広くなったものの、広くなった分少し寒いなと感じる事が多くなった。火を使ったりしていないこともあるのだろうが…。

そんな中、引っ越してから夜電気を消して眠りにつこうとするとほぼ毎日のように私のところにごろにゃんがやってくる。横に来てじーっと大きな丸い目で私を見つめているので「何?」と聞くと布団の中に顔を突っ込もうとしている。

「布団に入りたいの?」と聞くと、そのまま私の布団に入ってきて私の脇のところでとぐろを巻いて喉を鳴らしている。そのまま時間が経過するとだんだんまっすぐになってきて、布団から顔だけ出して人間みたいに眠っているのだった…。いつも寝る場所は夫と私の間。だいたい2人と1匹で川の字になって寝ているのだからたいしたものだ。夫に踏まれても私に蹴られても熟睡しているときもあるのだからびっくりだ。

午前5時になると布団から出てくるごろにゃん、私の顔を舐めたり、前足を顔の上に置いたりしてえさをねだってくる。えさをあげると食べた後少ししてまた「布団に入れて!」とやってきて布団に入ってくる。私が起きてしまっていれば夫の布団に入って寝ているばかりか、あまり寒いと夫が起きても布団の中から出て来なかったりまで…。

ごろにゃん用に人間の一人用電気カーペットが置いてあるのだが、夜はやはり布団に入って人間と一緒に寝ないと気が済まないようである…。

|

« ごろにゃんの大災難 | トップページ | あまり気にしてなかったけど »

猫のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごろにゃんの大災難 | トップページ | あまり気にしてなかったけど »