« 週末の恐怖体験 | トップページ | きつねうどん »

体からの悲鳴?

ここ数日夕食は適当に作っていてごはんに味噌汁とおかず一種類に箸休め程度。朝食も自宅で焼いた食パンにカップスープとシンプルこの上ない状況だった。

外食こそ昼だけだったが、おかずに肉類が多かったのは気になっていた。週末の残業時職場の上司がカツサンドをごちそうしてくれたが、いつもならぺろりと食べられるはずのカツサンド、必死の思いで食べていた。職場の先輩や同僚も「え?タピアンさんって普段その程度でおなかいっぱいにならないよね?」とびっくり。この日はお菓子も職場の中で飛び交っていたのだが、「おいしい」と思ったのは年配の方からいただいた昔ながらのお菓子だけ。結局この日帰宅してから夕飯を食べることなく眠ってしまったのだった。

翌朝は少し寝坊。何だか胃が重い気がする。歯医者に行くから気も重い。この日は夫だけお茶漬け。私はおせんべいを食べただけで歯医者へ。

歯医者から帰ってくる途中おなかがすいてきた。空腹でスーパーによるのは厳禁と言われているが、この土日は天気も雨、どこかに出かけるわけでもなく三度の食事も家で食べるようになるだろう。そう思った私は急遽スーパーに寄り買い出し。土曜の昼食から日曜の夕食まで十分に食べられる食材を買い込んだ。そのほとんどが野菜。魚は鮭2切れに豚こま肉のみ。なぜか野菜が無性に食べたかったのだ。「野菜食べたいよお。」体の中でそんな声がするような感じだった。

この一週間くらいの間少し私の体がおかしいのだ。今までなら甘いものをたくさん食べたり、スナック菓子を食べたりが平気だったのに、おやつとして食べたいものがごまがたっぷりついたおせんべいになってしまったり、ナッツや炒った味つきの小魚になってしまったり・・・。甘いものも食べないわけではないがお菓子よりみかんやりんごなどの果物に目がいってしまい、みかんはついに一山食べきってしまった。りんごも皮をむき始めると一個くらいパクッ。普段なら皮をむくのも面倒なはずなのに・・・。バターを使うお菓子も大好きだったのに食べたいと思わず、きなこのクッキーだの小麦粉とサラダ油と少しのてんさい糖や豆乳で作るようなお菓子で平気になってしまった。肉も魚も大好きだけどめちゃくちゃ食べたいわけではなくなってきた。昼もコンビニでおかずを買うと必ず野菜ものになってしまい、今まではほとんど買わなかった漬物などを買ってしまうのだ。

とにかく野菜が食べたい!という体からの悲鳴?で土曜の昼から野菜たっぷりの食事が始まった。土曜の昼は野菜どさどさの焼きうどん。夜は野菜だらけの鮭のちゃんちゃん焼きと野菜の比率が異常に高い豚汁。日曜の朝食は前日の残りの炒り玄米入りごはんと豚汁。昼食は残り野菜を使ったビーフン、夕食はツナ野菜餃子にれんこんのきんぴらとわかめ・豆腐の味噌汁。五食も続けて全部自分で料理をしたのはひさしぶりだ。さらにおやつに自家製のりんごタルト。

結構食べている割にはおなかが重くならなくて楽だったため、食べ終わるとすぐ後片付けにも入れる。胃が重いということもない。普段なら下ごしらえが面倒だと敬遠する作業(みじん切り、下ゆでする、甘みが出るまで炒める)も苦にならずできた。

夫にとってはちょっとあっさりし過ぎな食事と感じたようだ。それもそのはず、肉や魚の比率が低い、野菜が多くて油が少ないのだから。しかし私にとってはこのくらいでちょうど良かった。というよりこれでも多すぎたかな?といった感じがした。

一日に野菜を10種類以上も使っての食事なんてこのところほとんどなかった。少人数家族のため野菜も少人数用のものを買うので割高にはなるが、いろいろな料理に使いまわしてきちんと使い切ればムダも出ない。これなら野菜もたくさん食べられる。いい発見だった。

いずれにしても自分の体が「野菜を食べたい」「甘いものなら果物にしてくれ」「スナック菓子じゃなくてせんべいとかナッツとか小魚とかにしてくれ」という声を上げている状況。今までここまで体が大きな声を上げることはなかった。きっとカロリーオーバーだの消化が追いつかない、添加物など変なものが体に入っているなどで体が悲鳴を上げているのではないかと思った。少し気をつけていようと思っている。

|

« 週末の恐怖体験 | トップページ | きつねうどん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気まぐれ家事」カテゴリの記事

健康のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末の恐怖体験 | トップページ | きつねうどん »