« 語学は苦手だが | トップページ | 本日は »

鬼が笑っちゃうお話

今年のフルートの発表会は10月14日である。昨年の発表会直後の記事には、「来年の発表会でフォーレの子守唄を吹きたい」などと書いていた私だったが、今年の発表会で見事に吹きたかった曲を選ぶことができたのだった。

この曲を吹くのを目標に一年間練習していたわけではない。発表会の場でなくてもいずれレッスンの中に取り入れてもらおうと思っていたのだ。しかし、昨年の時点で私は先生にも「フォーレの子守唄来年は吹きたいぞ。」などと言っていたらしく、発表会の曲を選ぶ話が具体化した段階で希望をしてみたところ、先生から「今年この曲を吹いても出場者とかぶらないのでちょうどいいかも。」といわれ、あっさりソロで吹く曲が決まってしまったのだった。

昨年の発表会では順番が最初の方だった。初出場、初級者ということで三番目で吹いたため今年も最初の方で吹くのだと思っていたのだが順番はまん中とのこと。先生に聞くと「今回は前回より曲の完成度が高くなると判断したのでまん中にしましたから^^;」と・・・ご冗談を・・・。

さて、今年の発表会も終わってないうちに何を言うかと思えば、それは来年の発表会で吹く曲の話。

今年の発表会では実はステックメスト?とかいう方が作曲した『「歌の翼に」幻想曲』という曲はどうかという話が先生からは出ていた。しかし楽譜を見た私が絶句してしまったためこの話はなかったことになってしまったのだった。他にも「アルルの女」から「メヌエット」だの、誰しもが聴いたことがある曲ばかり先生から候補に挙げられ、思わず私が「そんなレベルにありませ~ん!」と首を横に振り続けるようなことまであった。

しかし・・・『「歌の翼に」幻想曲』は私にとってもいずれ吹きたい曲の一つである。私はこの曲を何度か聴いたことがある。いずれも比較的華やかな音が出る楽器を持つ方の演奏したものだった。この曲をどちらかというと地味な音の出る私の楽器で吹いたらどうなるのか、どんなカラーで表現できるのか、私としてはちょっとやってみたいなと思っていたりする。

ただし今のレベルではこの曲を吹くこと自体が大冒険であった。吹いてみると全く吹けないということはないが、指がまわらないので16分音符?の下降スケールがうまくいかない、装飾音が吹けない、などなど技術的なものが立ちはだかっているのだった。これが来年になって解消されるものなのかどうかは私の努力次第・・・。

この曲を目標に1年やっていくわけではないが、来年の発表会に出られるようなら吹いてみたいものだと思った。

|

« 語学は苦手だが | トップページ | 本日は »

フルート」カテゴリの記事

コメント

「歌の翼に」と言えばメンデルスゾーンが有名ですが、こっちのフルートも良さそうですね。

投稿: 内部正明 | 2007年8月15日 (水) 09時49分

♪内部さん、こんばんは。
「歌の翼に」幻想曲、なかなか素敵な曲です。早く言ってしまえばメンデルスゾーンの「歌の翼に」の変奏曲みたいなものです。聴き映えのする曲なので演奏会等で吹かれる方も多いようです。

投稿: タピアン | 2007年8月18日 (土) 22時53分

懐かしいな~、「歌の翼に」幻想曲。
確か初めての「変奏曲」だったから、カッコいいな・・と思ってすごくよく練習しました。
もう指が覚えていて、楽譜見ないでも吹けるかも。
(うまいかどうかは別として)
でもフォーレの子守唄も素敵な曲ですよね、
「これを吹きたい」という目標があると、
うまくなれる気がします。
発表会まで、練習頑張ってくださいね!

投稿: aya | 2007年8月18日 (土) 23時52分

♪ayaさん、こんばんは。
変奏曲ってなかなか演奏する機会ないですよね。この曲は変奏の部分がとても素敵な曲ですよね。
楽譜見なくても吹けるというのはすごいです。しっかり練習した証拠ですよね。お近くだったら聴かせていただきたいです。私の場合最初の方の半音階スケールを下がる部分が全然ダメ、後半のアルペジオで上がっていく部分の指がめちゃくちゃになるのです…。
確かに「これを吹きたい」という目標があると上達はするようです。もともと人前でフルートを吹けるようになりたいと思っていたので、少しずつその目標に向かっていこうと…下手なんですけどね。

投稿: タピアン | 2007年8月19日 (日) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 語学は苦手だが | トップページ | 本日は »