« どうにかこうにか | トップページ | 鬼が笑っちゃうお話 »

語学は苦手だが

私は語学が得意ではない。日本語すらまともに使えないという状態なので外国語なんてとんでもない、そんなところなのだ。実際英語は話せない。今まで生きてきて2度ほど海外旅行へ行った事はあるが、最初に行った国スペインではなぜか英語がほとんど通じなかった。そこで「英語は万国で使えるわけではない」と偏見を持ってしまい、英会話にもほとんど興味を示さず過ごしてしまった。

そんな私だが、学生時代に第二外国語で中国語を習っていたことがあり、その延長でしばらく中国語を習っていた。地域の公民館の講座で習っていたのだが、数年続けているうちに仕事の中で簡単な案内をする程度であれば何とか話はできる、言っていることはわかる程度にまでなった。しかし、部署を異動し、公民館の講座の方が解散になり、そのまま自分でも努力はしなかったので今はほとんど会話ができなくなっている。

ということで、ここ20年近くも外国語とは縁の遠い生活をしていた私だが、フルートを習うようになって、そしてクロスステッチなどを多少するようになってフランス語の書籍や楽譜とお付き合いするようになってしまった。本を見てもフランス語なんて習ったこともないし当然のことながら何を書いてあるのかなんてさっぱりわからない。

楽譜を見るにしても音符は世界共通だし、クロスステッチの図案も見たままだからフランス語がわからなくても何の問題もない。しかし、輸入楽譜には時折フランス語で曲想を指示する単語や解説が書かれている。図案集にも何やら説明書きがフランス語で書かれている。単語すらわからないのがくやしくて、数日前にフランス語の辞書を購入してしまった私だった。

ひさしぶりに辞書をひいてびっくり仰天した私だった。え?これってそういう意味だったのか、この単語は活用形だったのかなど・・・。触れたことのない言葉にちょっぴりびっくりしながら何を書いてあるか調べていく私だった。

さすがに現段階では文法書まで買ってきて勉強しようとまでは思っていない私だが、国が違うと言葉もここまで違うのか、とか、英語と似たような単語を見つけてびっくりしたりとなかなか楽しい時間を過ごしていたりするのだった。

|

« どうにかこうにか | トップページ | 鬼が笑っちゃうお話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

語学に関係の無い仕事で、どうも、、
世界的に見ても日本語は発音の数が少ないそうですね。
バイリンガルであればそれは素晴らしいと思いますが
とても無理です、特に私の場合は。
タピアンさんはいくらかの素質をお持ちのようで素晴らしい事だと思います。

さて、我が家のネコさん、これからもよろしくです。

投稿: | 2007年8月14日 (火) 21時24分

♪森さん、こんばんは。
日本語は発音の数が圧倒的に少ないとは思います。ところが言葉の構造自体はかなり難しいそうなのです。私はいまだに日本語を使いこなせませんし、おそらく一生かかっても使いこなせないと思います。
英語を勉強し始めた中学生の頃から語学には苦手意識があった私、当然のことながら英語を話すことができません。もしかするとヨーロッパの言語にアレルギーがあるのかもしれません。
猫さん2匹の成長の記録を、楽しみにしています。

投稿: タピアン | 2007年8月18日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうにかこうにか | トップページ | 鬼が笑っちゃうお話 »