« 一足お先の週末 | トップページ | 他の人の音を聴いてみる »

基礎練習がいっぱい

ここ2週間ほどフルートのレッスンがない私であった。

_img_25 今使用している教則本はこの「アルテス」。現在は1巻12課の後半あたりをうろうろしているが、何にせよのんびりなのでなかなか進まない。11課まではきちんと吹けるようにはなっているのだが・・・。現在は高音B♭を耳がつんざけるんじゃないかと思うような音で必死に吹いているような状態。練習中は近所迷惑このうえない・・・。

_img_26 そして右はモイーズの「ソノリテについて」。とても薄い本で目玉が飛び出そうなほど高価な本だ。先生から借りてコピーしちゃおうかななどと思っていたが、フルート奏者にとっては一生ものの教則本らしい。一生続ける予定なので購入を決意したもの。中音Bから半音ロングトーンを吹いて音を安定させる訓練をしているところである。実は先日「これ持っている」と先生に話したら、「あ、それならちょうどよかった^^」と毎回レッスンするはめになってしまった・・・。ダメ出しも数多く毎回ひいいいぃぃぃぃ・・・。ただ、これをきれいに吹くよう指導を受けて練習した後は何を吹いても比較的音が安定するのは事実だ。

_img_27 左はグラーフの「チェックアップ」。たまに使っているが、苦手な基礎部分が出てくると拾い上げて練習に使っている。おなかの使い方の練習を兼ねて倍音の部分をとりあげてやっている。やっとおなかを使って中音→高音の移動がしっかり出せるようになりつつある。今後新しいテクニックが必要となってくるところでちょこちょこ使うもよう。

_img_28 右は「トレバーワイフルート教本」。ブッ○オフで購入したうちの1冊だ。モイーズの「ソノリテについて」やグラーフの「チェックアップ」とかぶる部分はあったりする。しかし、前述2冊については詳しい解説のようなものがない。この本については解説を読んでみるとなかなかおもしろい。上の2つの基礎練習のヒントになったりする読み物みたいな教則本だ。

_img_29「アルテスの2巻に進んだ当たりからこの教則本からも基礎練習としてやっていきますから、いずれは用意していただくことになりますよ。」と言われたものが左のもの。タファネル&ゴーベールの日課練習とかいうものらしい。この本も「ソノリテについて」同様高価な本で唖然。しかしフルートを吹くならたいていは一生使うテキストだという。原版を購入したが、見てひっくり返りそうになっている。ピアノのハノンみたいじゃないか・・・。ちなみに私はピアノを20年ほど習っていたが、初めて弾いたのは10年ほどたった高校生の頃、弱い左手を鍛えるために少しだけ弾き、社会人になってから右手を骨折した後リハビリ代わりに弾いたくらいのもの・・・。

私が独学であったら基礎練習のテキストが複数あるだけで練習のポイントをどこに絞ったらいいかわからずおそろしいものと化すこともあるだろうが、先生の指導がある中ではこうして目線を少し変えてみると結構楽しいもの^^だったりする。ちなみに今重点的に使用しているのは「アルテス」と「ソノリテについて」である。

|

« 一足お先の週末 | トップページ | 他の人の音を聴いてみる »

フルート」カテゴリの記事

コメント

おぉ~っ!
フルートのバイブルが勢ぞろいですなぁ!
トレバーワイをブッ○オフで購入ってすごいですねぇ!?よくそんなのが売ってましたねぇ?
どれも根気がいるものばかりですが、がんばってくださいね!
(piccoloはもっぱら枕の下に敷いて睡眠学習専門です・・・)

投稿: piccolo | 2007年6月23日 (土) 22時11分

piccoloさん、こんばんは。
これ、やっぱりフルートのバイブルに当たるんですか…。これだと一生基礎練習には不自由しませんね…。
トレバーワイがブッ○オフ…信じられない話ですが本当です。全6冊とそのための解説書、さらに初級編にあたる3冊の本とピアノ伴奏譜がそれぞれ1冊100円で…全部で1000円くらい…。いったいどなたが出したのかはわかりませんがおそらくフルートの指導に関っていた方ではなかろうかと…。
指導用の本と初級編・そのピアノ伴奏譜は私が持っていても仕方がないので指導法研究のためにということで先生のところへ行きました。しかしこのシリーズ6冊と「はじめのはじめ」は私の手元に残りました。
最近のレッスンはこんなのばっかり。おかげで指づかい覚えられない病と息が続かない病からは脱出。基礎練習をした後曲を吹くととても楽なので、私は現段階では基礎練習重視でいっております…。

投稿: タピアン | 2007年6月23日 (土) 23時27分

おっ!タファゴベだ(^^)
勢い込んで買ってみたものの、全部つなげて吹くなんて芸当は初心者の私にはとても無理で。。。
たまに時間のある時に何小節かだけを取り出しては吹いてみてます。
こんなんで意味あるのか???と思うけど、やったあとは指の動きが多少良いような気がします。
気長~に練習するつもりです(^^)

投稿: くろねこ | 2007年6月28日 (木) 16時30分

くろねこさん、こんばんは。
私もまだ焦って買うこともなかったのですが、なかなか楽譜を売っている所まで出かけられないため、フルートの点検に行ったついでに購入してしまいました。
とてもじゃないですが全部つなげて吹くなんて芸当はできません…。
最初のうちは先生に「何を目的にこの練習があるのか」聞きながらの練習になるのではないかと思います。

投稿: タピアン | 2007年7月 6日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一足お先の週末 | トップページ | 他の人の音を聴いてみる »