« とほほほほ… | トップページ | 季節はずれの発熱 »

子の心親知らず

普通は逆だ。「親の心子知らず」と言うだろう。

昨日は母の日であった。以前私のブログに褐色のミニバラを載せたが、あれは私が育てるために購入したのではない。あまりに株が見事だったので夫の母にあげようと思っているものだ。今もどんどん花を咲かせている。

夫の母に電話したところ「バラの花が終わる前に取りに行かないといけないわね。どうしよう…。」と言っていた。心配はいらない。「実はそのバラは四季咲きだ。」と言うとびっくりしていた。近々夫の実家に行くので、帰りに家に送ってもらう際持っていってもらうことになっている。

話は変わってタイトルに出ているのは私の両親のことだ。

私の両親は既にリタイアし、自由な生活をおくっている。私は「ゆっくり二人でお茶とお菓子でも楽しんでほしい」と言う願いをこめて小さなカップとお皿をプレゼントした…しかしあまり気の利かない私はメッセージカードを入れることもせず、あげくに母の日を指定して送るということもしなかったため、プレゼントは何と5月の連休以前に実家に届いてしまったのだった…。

偶然実家に立ち寄った時、母が言ったのは「あんた何なの?いきなりものを送り付けて来るなんて…。」だったのだ。「ちょっと待て!あれは一応二人へのプレゼントだ!」と説明すると「あらそうだったの…。」という反応だった。

旅行から帰ってきて荷物が届いているのに気がついた両親だが、贈り主が私だったのを見て「?」だったと言う。

そして両親はこう考えた…

「贈り物にしては何も注意書きがないし、しかも何一つ連絡をよこさないなんてずいぶんだ。きっとこれはタピアンが夫にナイショで購入した品物だろう。実家に送ればいいと思ったのだ。請求書が入っているはずだからタピアン宛に送ってやろう。」

しかし宛名は明らかに父母の名前で書かれていた。何か変だと思った両親は箱を開けてみた。箱の中には食器が入っており「??」

「何に使うんだこれは?植木鉢とその下に敷くお皿か?」と父は言ったそうだ。

母はさすがに食器であることはわかったという。「食器だと言うことはわかるが…やっぱりタピアンが自分用に買ったのではないの?」

そして両親は箱の中に請求書が入っていないか全部調べたそうだが、請求書は入ってなくて「???」

「請求書がないからもしかしてこれは私達宛てに送ってきたのか?だとしたらタピアンはずいぶん水くさいことをするな…。いったい何を考えてこんなことをしたのだろう???変なやつ…。」

確かに私が何の連絡もせず、プレゼント仕様にもせず、メッセージカード一つ入れず、発送日にも気を遣わなかったからこそおかしな事になってしまったのだろうとは思う。両親にとっては意味不明な物が届き「???」となったのもわからなくはない。

しかし、ここに書いたような発想を普通はするか?と唖然としたのも事実だった。何が楽しくて夫にナイショで食器を買うのか?宛名が両親宛になっているのに何で送ったものの請求書を箱の中味全部出してひっくり返してまで探すか?いくら私でも贈り物の代金を両親に支払わせるほどバカではない…。

気の利かない娘も娘だが、おかしな発想をする親も親だとは思う。しかしいずれにせよとにかく子の感謝の気持ちは親にまっすぐは伝わらなかった…。やはり実の両親であってももう少し気は遣うべきだったと反省している私だった。今回はまさに「子の心親知らず」になってしまった…。

|

« とほほほほ… | トップページ | 季節はずれの発熱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あははは~(*^_^*)
お父さんとお母さん、何でこんな風にお考えになったのでしょうね。可笑しいですね。

投稿: ゆめ | 2007年5月15日 (火) 20時06分

ご両親がそんな風にタピアンさんに接することができるのも、タピアンさんのご両親がまだまだお若い証拠ですよ!
親子が気遣い、労わり合うようになることはいいことのような反面、互いに「老い」を意識しだすからのようにも思いますよ?

投稿: piccolo | 2007年5月15日 (火) 21時37分

♪ゆめさん、こんばんは。
確かにこれは私がきちんと説明をせず、気を遣わず贈り物をしたことによっておかしな事になってしまったのです…両親にとっては「サプライズ」ではなく「何だこりゃ?」となってしまったのは不覚でした。ううう。しかし両親はどういう発想しているんだと思ったのも事実です。
こういうことにならないよう気を遣えという教訓になりました…。

♪piccoloさん、こんばんは。
両親は確かに気持ちだけは若いです。
しかし最近になって思わぬ病気をしましたし、時々実家に顔を出すと両親そろってだいぶ小さくなったように感じるときがあります(特に父親)。
どちらもちょっとおかしな発想や言動がある事は感じていました(友達に「あんたの親はおもしろい。」と何度も言われた事がある)が、ここまでとは思いませんでした…。
親とは言え最低限の気は遣わないといけませんね…。

投稿: タピアン | 2007年5月16日 (水) 20時15分

いいですね、そういう話は。
私と同年代か、少し上?

愛すべきキャラクターです。

投稿: | 2007年5月16日 (水) 20時36分

こんばんは☆

私も母の日を認識するには、テレビコマーシャルと
スーパー、デパートの働きかけが必要なようです。。

GWに実家に帰った時、母に商品券を渡したのですが
包みの上にカーネーションのシールを貼り、
「母の日のプレゼント。」とアピールしてきました(笑)

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年5月16日 (水) 21時27分

エピソード楽しく読ませていただきました。
親子だからこそ、「あれ、何なの?」って聞けるんですよね。
そうじゃなかったら、疑問に思いつつも何も聞けないかも。
ご両親、プレゼントとわかれば、きっとうれしかったのでは。(^^)

私は、カーネーションの写真をメールで送っただけの母の日でした。

あ! でもでも、タビアンさん、旦那さまにナイショで食器を買ってベッドの下とかに隠している友達が私にはいましたよ。(^^;)

投稿: Y | 2007年5月17日 (木) 07時50分

想像力豊かですね!(笑)
タピアンさんのことを思えばこそ、ですね♪

そうそう、思い出しました!夫は数年前、
内緒で買ったGショックを実家に隠してましたヨ。
結局、レシートを私がたまたま見つけてバレました(苦笑)

投稿: あまぐり | 2007年5月17日 (木) 21時19分

こんばんは☆

お父さん、「植木鉢」って。。。
そういう発想大好きです(^-^)

投稿: るーさん | 2007年5月18日 (金) 22時57分

♪森さん、こんばんは。
両親は森さんより少し上ですね。昨年介護保険証が届いたとかで二人そろって衝撃を受けておりました…。
どうしてこういうおかしな考えをしてくれるのかと思いますが、これも今までの娘の行いからくるものなのかもしれません…。

♪寝起きのパンダさん、こんばんは。
私も「母の日」というのを意識していませんので、だいたいテレビCMなどで「あ…。」と思うくらいです。両親へ贈り物をするとしても誕生日とかあまり考えずに適当にしているくらいなので…。普段からそんな娘を「変なやつ」と思っているのかもしれません…。カーネーションくらいつけるべきだったかもしれませんね。

♪Yさん、こんばんは。
贈り物だとわかるまでだいぶかかった両親ですが、喜んではいたようですのでまあよしとしようかと思っています。
おおらかであまり細かいことは言わないとは言え、夫の両親に同じ事をしたら今回のようにはいかなかったと思いますね。実の両親だからこそこれでも何とかなったのだなと…。
そういえば夫にナイショの買い物をしても私は必ず証拠を残してしまうのでばれなかった事はないです…。

♪あまぐりさん、こんばんは。
多分両親は私のことを普段から「変なやつ」と思っているのでしょう。自分ではそんなに変と思った事はないのですが…。う~ん、どこかがずれているのかもしれません。
ナイショの買い物して実家に隠しておく…それってあるものなんですね。私の場合はあまぐりさんのだんな様と同じで証拠を必ず残しているので夫にはバレバレです。

♪るーさん、こんばんは。
カップとお皿と言いましたが、カップはミニボウルみたいな形でした。植木鉢と間違えたのも無理はないかと思いますがお皿は明らかにカップよりはるかに大きく、三角形だったので植木鉢の下に敷くものとは考えにくいと思います。
父は少し違う方向に想像力を働かせるのが得意なようで、時々家族が「え???」と思うようなことを言ったりすることがあります…。

♪この記事を書いてからいろいろ思い返してみました。
実は両親の誕生日が4月。誕生日と「父の日」「母の日」が近いため贈り物をしようと思っても感覚が短すぎて厳しいものがあります。毎年「あ、どうしよう。」と思っていました。
昨年までは弟夫婦とも相談していろいろ贈り物を決めていましたが、今年はお互いバタバタしていて相談する間もなくきてしまいました。
私自身も今年は両親の誕生日に「父の日」「母の日」全部いっしょにしてしまおうなどという考えがありました。そういう考えで物を贈ったためにおかしな事になってしまったのかな…と少し経った今になって反省。「全部まとめてプレゼントね。」と一言言っておけば済んだ事だったのだな、と思いました。まさに「親しき仲にも礼儀あり」です…。

投稿: タピアン | 2007年5月19日 (土) 23時46分

そうか。
皆さんのコメントを拝見して、お話の読み方を理解・・・
実は私は、読みながら少し悲しい気持ちになってたので。
私だったら、喜んで貰いたいと思って選んだものを
こういう風に受け取られると、すごく切ないから・・・
心、狭い娘ですね。はにゃ~・・・

投稿: アキ | 2007年5月21日 (月) 23時25分

昨今の、怪しまれても止むを得ない風潮がある物騒な世の中が悲しいですね。因みにオイラは幸か不幸か「親知らず」が全くありませぬ。

投稿: 内部正明 | 2007年5月27日 (日) 14時02分

♪アキさん、こんばんは。
あ、確かに「喜んでもらいたいと思って選んだのに…」という気持ちにはなるかもしれませんね。私の家族はかなりぶっとんでしまっているのが前提にあるので全く気にしていませんでした。う~む…天然ボケみたいな親に育てられると肝心なところが抜けるのかもしれませんね…。

♪内部正明さん、こんばんは。
娘からの贈り物を疑うなあ、とは思いますがねえ…。つくづく時代が悪くなって物騒にいるんだろうなあと思いますね。考えてみたら人の住所だって簡単にわかってしまうようなご時勢ですからね…。
親知らずは見事に4本ありますが、下の2本は完全に曲がっておりいずれ抜かなくてはと言われていますが、逃げ回っています…。

投稿: タピアン | 2007年6月 3日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とほほほほ… | トップページ | 季節はずれの発熱 »