« 誰だあ? | トップページ | またやってみた^^ »

やっと10課を突破…。

本日が2月最初のレッスンとなった。

本日のレッスンにてやっとアルテスの10課を終了することができたのだった。1月のレッスンでは指づかいでこけ続けた10課エチュードが再挑戦になっていたのだ。

ある程度スピードを上げて吹いてみると、間違えるところがいつも同じと気がついたので全体を吹くのをやめ、間違えるところばかり取り出して練習してみた。ゆっくり吹いて指づかいを確認し、スピードを上げたり、全部スラーをつけて吹いてみたり、リズムをわざと崩してみたり・・・練習自体はせいぜい1時間程度と短い時間ながら同じ場所を何度も何度も吹き続けているのだが、聞いている夫や猫にとってはえらい迷惑な練習だったようだ。

そのせいあってか10課エチュードはいつも以上に流れに乗って吹けてしまい、2回吹いてみたところでOKが出たのだった。ふ~、やっと先に進める・・・。

まだ低音→中音、そして高音へ変わるところでは喉がしまっていい音が出なかったりすることがある。しかし、先生からは「おなかの使い方が格段によくなりましたよ。」と言われたのだった。やった^^おなかの使い方がよくなったおかげで楽器はしっかり音が出ているという。しかし・・・出た音を鳴らすことが今後の課題だと先生と話した。それは大きな音で吹けばいいというものではない。のびのある響く音を出す、きつい音だけでなくやわらかい音で吹く、今後はいつもそれを頭に置いておかなくてはならないと思う。これが難しいのだと思う・・・。

その後「春の歌」を吹いてみた。家で練習したら最後まで吹き通すことができず、息が続かなくなった上最後の方はもう音が出せなかった・・・そのことを先生に話したら「相当遅いスピードで練習しませんでしたか?」と・・・。先生から「家で吹いた速さで吹いてみてください。」と言われ吹き始めたところ、先生は驚きすぐにメトロノームをセットしたのだった。

先生に「メトロノームに合わせて吹いてください。」と言われた速さは、家で吹いた時よりだいぶ速かった。八分音符=80、それでも何とか指はついていってるし、スラーのつけ間違いもほとんどしない、曲の流れもそれほど崩れず最後まで吹き通すことができたのだった。「春の歌」を自分なりにイメージしたものを入れながら楽しく吹くことができた。

私はほとんど全て中音D、E♭の指づかいを間違えているという。「左手ひとさし指でいつもキーを押さえていますね。」と先生が苦笑いしながら指摘を・・・。わかっていてもついつい癖で押さえてしまうのだった・・・。正しくキーを押してみると・・・音が全然違うので誰が聞いてもおかしいとわかるなこれは、と思った。さてこれは気をつけなくては。

「春の歌」を吹き終わった後先生が言った。「私も八分音符=80でこの曲吹いたら疲れると思いますよ。多分このくらいがゆっくり吹くのの限界だと思うんですが・・・よくこれより遅いスピードで吹いてましたね・・・。」

あ、もともとそんな遅いスピードで吹くような曲ではなかったんですね^^;確かこの間の「アヴェマリア」も倒れる寸前の遅さで吹いてたっけ・・・。私はどうやら曲を遅め遅めに吹いてしまうようだ。

次回からはアルテス11課と「春の歌」だ。アルテスではF-durを練習するが、♭が出てくる曲はやわらかい音で吹く曲が多いと先生は言う。「春の歌」は偶然にも同じ調で書かれている。って、ここしばらくはやわらかい音で吹く練習が続くって事か・・・。

|

« 誰だあ? | トップページ | またやってみた^^ »

フルート」カテゴリの記事

コメント

10課突破おめでとうございます!
タピアンさん、がんばっていらっしゃるようですねぇ・・・刺激になります。

曲をゆったりしたテンポで吹くのって疲れますよねぇ?
D、E♭の指使い・・私も中学生のころデタラメに覚えていたので後で直すのに一苦労でした!
今の内に気付かれて正解ですよ!

投稿: piccolo | 2007年2月11日 (日) 07時35分

♪piccoloさん、こんばんは。
頑張っている…最初に10課を吹き始めたのは確か10月、いくら月2回のレッスンとはいえちと遅過ぎますよね。同じ先生についてフルートを習い始めた職場の後輩(レッスンは1ヶ月4回)にはアルテスで追いつかれてしまいました…。ひええええ。
指がまわらないのでどうしても最初はゆっくり練習する癖がついてしまいました。おかげでロングトーンはかなり伸ばせるというおまけがついてきて結構うれしい私です。
しかし中音のD、E♭の指づかいって思ったより直すの大変です。ここでしっかり直しておかないと後になって…と思うのでしつこく練習してます。私は中音C♯も間違えて覚えてて直すのに時間がかかったんですよね…。

投稿: タピアン | 2007年2月11日 (日) 22時44分

私の日記へのコメントありがとうございました^^
タピアンさんは11課なんですね、難しそうです・・・。
左手の人差し指はくせ者ですね、今はまだ曲がスローなので運指を考えながら吹けますが、気を抜くとついつい指を上げるのを忘れてしまいます。
間違えた癖がついてしまうと、直すの大変ですよね・・・。
楽器の構え方など、知らないうちに変なクセがついていないかたまに振り返ろうと思います。

投稿: AKI | 2007年2月18日 (日) 20時06分

AKIさん、こんばんは。
来ていただきありがとうございます。
11課には入ったばっかりで、来週のレッスンから取り組むことになります。ただ練習していて私としては11課より10課の方がはるかに難しく感じました。
左手の人差し指、本当に最初のうちにしっかり覚えておく方がいいと思います。私も発表会で他の生徒さんを見てましたが、間違えている方は結構いらっしゃいます。聞いていると音が違うので「あ、間違えてる」って誰が聞いてもはっきりわかるんですね。こわいです。
AKIさんの心構え、すごくいいと思います。私の場合楽器の構え方、吹き方も最初のうち固定できなくて音がまともに出ず…でした。ときどき鏡を見てチェックする、そうやってやっと今は安定した状態になりました。

投稿: タピアン | 2007年2月18日 (日) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰だあ? | トップページ | またやってみた^^ »