« 食器で思い出したこと | トップページ | 都内にて »

びっくりびっくり その1

今日は11月最後のレッスンだ。

さあ、今日も全然練習してないぞ!・・・って、自慢できるわけないですね・・・今日もまた小さくなって先生のところに出かけたのだった。

少し早く着いたので、私の前の時間の生徒さんと会って先生と私と三人でいろいろ話をした。彼女も一生懸命練習していてもうアルテス2巻のまん中まで進んでいた。確か前回会ったのは夏、その時はアルテス1巻の15課付近だったはずだ。やはり私は少し進むのが遅過ぎ・・・。(アルテス1巻の巻末エチュードはやらないそうだが)

今日は音階からつまずいてしまっていた。アルペジオも信じられないほど指づかいを間違えていた。スピードが速すぎたのだ。少しゆっくり吹くと落ち着いてきたのか間違いは少なくなった。その後は高音EF#の練習。Eは少しまともに出るようになってきたが、どうしてもF#がきれいに出ずひっくりかえってCだかC#みたいな音が出る事が多いのだ。

先生の話だと、前回よりだいぶまともな音が出てきてはいるのだが、やはり息のスピードが遅いとのこと。ちなみに今、私の状態は息の量がかなり多くなってきておりその点ではいい方向に向かっているのだという。ところが息の量のわりに音が出ていない、つまり息の方向がうまく合っていない、そしてスピードが遅い、といったところだそうだ。おなかの使い方がまだまだな上、口もかたくなっており口の中が狭くなってしまっていることも影響し、息のスピードが出せないでいるように見えるとのこと。確かにそのとおりだ。おなかの使い方ができていないのは事実である。さらに口がかたくて口の中が狭いのは自分で自覚できるようになってきた。

自覚できるようになってきたのだが、意識して吹くのがすごく難しい・・・。

さらに、息がうまく当たる位置が楽器にあると思うが、私の場合どうやら少しずれているのではないかとの事。練習時間が短い分、うまく当たる位置を探し当てるようにしてみてください、と言われたのだった。

ずれてるみたいだけど、どこがうまく当たってるのかよくわかってないかも・・・。

そんな話の後、やっとアルテスの低音→中音、低音→高音とびの練習に進めたが、これは思った以上にあっさり吹けてしまい私も先生もびっくりだった。ただ私は中音と高音のちょうど境にあるA、B、Cの音がきれいに出ない事が多いため、その部分を重点的に練習してくることになった。

そしてさらに先生から「10課の練習曲やってみました?」と・・・。

「一度吹きましたけど途中で息切れしたので多分吹けません。」以前の私ならこれで終わったはずだが、今日は違っていた。「吹けないと思うけど吹いてみます。」先生も「あ、いつものタピアンさんならここでやめるって言うのに。では吹いてみてください。」と。

家で練習時死にもの狂いで吹いたはずの練習曲、ゆっくりだったが何と最後まで吹き通せた!

しかしリズムの取り違い、スラーの付け間違い等は多々見つかり修正作業を行ってもう一回吹いてみた。やはり最後まで吹き通せた。ただし少しゆっくりすぎるのと、指づかいのあやしいところ、スラーや息継ぎの部分ではかなり問題があるため、練習曲は来週も宿題となった。

その後は「アヴェマリア」を吹いた。しかし今日は単純な指づかいを間違えたり、聴かせどころをはずしたり・・・。何回か吹いているうちに吹けるようになってきたのだが、やはり指がうまく動かせなくてイマイチだった。先生には前回のレッスンより音が良かった分残念だったと言われてしまった。

くやしい~~~~~~><

結局来月で仕上げるのを目標に練習することになった。

帰り際に先生から「タピアンさんは今まで息の量が出てなかったので、量については今の状態で十分だと思います。今後は息の量を増やすのではなく、息のスピードを上げることを考えるようにしてください。あとは難しいことですが音をきれいに出すとき体がどういう状態になっているかきちんと意識できるようにしてほしいです。私の教えている生徒さんにはまだそこまでできる人はいないと思いますが、タピアンさんは演奏テクニックを覚える前にそれができそうだと私は思うので・・・。」と言われたのだった。

多分それはまだムリ・・・^^;先生もむちゃ言うよなぁ・・・。

|

« 食器で思い出したこと | トップページ | 都内にて »

フルート」カテゴリの記事

コメント

タピアンさん、こんばんは。

息のスピード、難しいですよね。私は息の量が多すぎることがあると言われます。たくさんの息で大きな音を出そうとしてしまうんです。でも大事なのはスピードなんですよね。
文を読んでいて、私も息のスピードと同時に、口の位置もちゃんとした所に収まっていないように思います。課題は色々ですね。
でも先生に見込みあり!とお褒めの言葉もらってすごいです!頑張ってくださいね。

投稿: hana | 2006年11月18日 (土) 22時04分

hanaさん、こんばんは。
息圧やスピードのコントロールは難しいです。初心者の段階から難しいとは思いますが、ここをクリアできないと先でまたつまずきそうなので何とか持ちこたえてます。基本からしっかりやりたいと言ったのは間違いではありませんでしたが、思ったよりもずっとずっと大変でした…^^;演奏以前の問題が山積みですものね…。お互い練習しながら少しずつ学んでいくしかないのでしょうね。

同じフルートを吹く方のブログの話を先生にしてみたところ、「他の方が練習に取り入れていることをいろいろ試してみたりして自分に合っている方法を見つけ出すのもいいことですよ。」と。「そうやって自分にベストな音の出し方を見つける参考にしていくのはよいことだと思います。」と寛大な答えが返ってきました。フルートを吹かれる皆さんのコメントなどもどんどん参考にして練習していきます。実はhanaさんからもヒントたくさん得ているのですよ^^

投稿: タピアン | 2006年11月19日 (日) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食器で思い出したこと | トップページ | 都内にて »