« 予防接種 | トップページ | 食物アレルギー? »

アレルギー

私は動物上皮アレルギーを持っている。猫を飼い始めて2年くらい経った頃それを知ったが、今回は自分の話ではない。猫のアレルギーの話である。

「ごろ」を飼い始めて2年目、予防注射に連れて行った時のことだ。

子猫の時三種混合ワクチン2回の予防注射を行ったが、その時何事もなく過ぎたので2年目も三種混合ワクチンを打ってもらった。打ってもらって帰宅後は「ごろ」は特に変わった様子もなく普通に過ごしていた。

ところが翌朝、いつもならエサをねだりに人を起こしに来る「ごろ」が来ない。変だと思い見に行くと、「ごろ」は椅子の上で香箱座りのまま目をつぶっていた。えさを目の前に持ってきても目はつぶったまま動かない。どうしたのかと思いなでてみたら体が異常に熱い!!!

名前を呼んでも固まったまま動かない「ごろ」を見て慌てて獣医さんに電話した。

「先生、猫が石みたいなんです。しかも熱いんです!」

とか私は言ったらしい。その日は日曜で休診日だったが、すぐ病院に連れてくるよう言われたので固まったままの「ごろ」をケージバッグに入れて連れて行った。

診察台に乗せるときも「ごろ」は固まったままだったのでケージバッグからそのまま取り出すように簡単に出せた。ワクチンに対しアレルギーが出る猫がいるというがどうやら「ごろ」はそれだったらしい。そのまま放っておいても命に別状はないが、この状態が2~3日続いてしまう場合もあると言われた。それはイヤだったのでアレルギー止めの注射を打ってもらい帰宅した。

結局「ごろ」はその日1日中石みたいに同じ場所にいたが、翌日になると少しずつ元気を取り戻し、その後はいつもどおりの猫になった。

そして予防接種の時には、同時にアレルギー止めの注射を打つことになってしまったのだった。

しかし「ごろ」のアレルギーはワクチンだけでは済まなかったのだ・・・。もっともっと重大なアレルギーがあるとは私も考えていなかったのだ。

|

« 予防接種 | トップページ | 食物アレルギー? »

猫のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予防接種 | トップページ | 食物アレルギー? »