« ひさしぶりのお出かけで | トップページ | 季節の香り »

9月最後のレッスンでした

発表会が終わって以来のレッスンだった。発表会後また仕事が忙しくなり、おまけに風邪までひいてしまい練習があまりできなかったのだ。

今日からまたアルテス一本のレッスンに戻ることになる。しかし、発表会が終わったあたりからちょっと変化が出てきた。今までなら練習を始めてまともな音が出るまで30分かかってしまうところが、最近になって10分~15分程で音が出るようになってきたのだ。レッスンはだいたい1時間だがウォーミングアップに30分かかってはどうにもならないので、レッスン前に実家に寄り両親に大爆笑されながら(一生懸命な娘に対して失礼な親だ^^;)もめげずにフルートを10分程度吹くようにしてきた。今日も実家で音出しをしてからレッスンに行ったところ、レッスンの最初から音が出ていた。

今日のレッスンはアルテス9課。一度足を踏み入れたもののあまりにも音が出ず別メニューの練習だったので4ヶ月ぶりであった。今日の注意点は「息のスピード」だった。唄口をできるだけ外に向けるように意識し、口の中を広く保つようにした上で低音、中音、高音それぞれ息のスピードが違うことを意識して高音のロングトーンを吹いてみたら、あれほど苦戦したはずの高音E、F、G、A音がうそのように出た。(F#はやっぱり3回に1回の割合でしか出ないTT)

しかし・・・アルペジオや音階になると音がかすれたりしてしまう。口から「ぷ~っ」というのもたまにあった・・・。「口がかたいためそうなってしまうが、音が鳴っているので今の時点ではそれほど気にしないように。」と言われた。音階やアルペジオの時どうやら私は音が上がっていくのを意識するスピードが遅く、「あれあれ?」と慌てているうちに息のスピードを変えないまま音階を吹いているらしい。ちなみに下がっていくのはあまり問題ないと言われてしまった・・・。

高音域に入るぞ、おりゃ~、というのではなく、高音域に入る前から最終の高音を意識して吹くって今の私にはすごく難しい。以前より音が鳴るようになってはきているもののいつも「出るかな出るかな?」と思いながら音を探る上、いきなり爆音が出る(思いっきり吹くとおそろしく大きな音が出せちゃうんです^^;)のがこわくて思い切って息のスピードが上げられない。指づかいを満足に覚えてないのも災いし基礎練習自体がうまくいかなかった。その先の練習曲も吹いたのだがリズムのとり方をとちった上、スラーとタンギング位置を間違えるなどめちゃくちゃだった。当然9課は来週に持ち越しになった。

だんだん練習曲自体が難しくなってくる。苦手意識の克服のためにも練習あるのみだと痛感してしまった。今の私では練習不足なのだ。

それでも今日は少しだけいいことがあった。高音を練習するようになってから、中音がびっくりするほど出るようになってきた。私は中音のG、A、H、C、Dすら苦手としていたのだがその音が楽に出せるようになった。さらに今までと楽器の鳴りが違ってきているのだ。先生からは「もう少しで息が芯に当たるところまではきていると思います。でも確実にという状態ではないのでどこをどう吹けば音が鳴るかしっかり探ってみてください。」と言われた。それは曲を吹きながら音を探るというのではなく、楽器自体を鳴らせる位置を探すという意味である。さらに「もう少ししっかり吹いてもいい」と。私にとってはかなり強い音と感じていたのだがそれでもまだまだ音量は足りないそうだ。これも練習していかないと体で覚えるのは無理だ。

さてどうやって練習時間を捻出しようかなと思った。

ちなみに同じ先生に習って二年目になる先生の友人はフルートが大好きで、毎日仕事から帰ってきて家の事もやってから毎晩フルートを吹いているとのこと。発表会でこの方にはお会いしたが、確かに上達の度合いはすさまじいものがある。普通習い出して二年目でこんな曲吹くか?と思う曲を吹いていた。私にはとても真似できないが、見習うところはある。毎日少しでもフルートを吹くようにするということだ。しかし夜に集合住宅でフルートで高音を吹いたら何か言われかねない(家を閉めきってフルートを吹けばどうやら外にはほとんど聞こえないらしいが)。

ちと考え込んでしまう私だった。う~ん練習時間どうしよう・・・。どなたかいいアイディアありませんか(自分で考えろと言われそうですネ。どうして他力本願なんだろう・・・^^;)?ちなみに私は飲み会等も苦手、職場の人ともアフターファイブは基本的に付き合わない偏屈者。通勤時間はバス・電車で1時間強、たまに1時間程度の残業をする程度。起床時間はだいたい5時半~6時、家を出るのは6時55分頃、帰宅時間は毎日だいたい19時頃。主婦だけど家事はあまりマメではない(料理と洗濯が主、掃除は夫任せ^^;)ので家事から解放されるのは20時から21時。

そうなると残業しないで帰宅し、夕飯の作り始めを少し遅くして練習時間を取ればいいかな?朝早めに仕事を開始し、昼休みも食事を終えたら仕事→残業時間0→買い物もごはん以外はしないで早く済ませ帰宅→30分くらい練習→夕飯の支度。これがベストかも^^。

|

« ひさしぶりのお出かけで | トップページ | 季節の香り »

フルート」カテゴリの記事

コメント

タピアンさん、こんばんは☆
忙しい毎日の中から、練習の時間を作り出すのはとっても大変ですよね~。
楽器の演奏を上達させるには、毎日練習するしか、道はないですものねぇ。
体調はもう、すっかり戻ったのですか?お疲れ様です♪

投稿: ゆめ | 2006年9月23日 (土) 21時24分

タピアンさん、こんばんは。

レッスンお疲れさまでした!スムーズに音が鳴るようになってきたとのこと、すごいですね!私はいまだに最初の音は決まりません(^_^;)そして中音域が出るようになったのですね。私の場合なぜか逆です;高音をやってるとその勢いで中音域も吹いてしまうのか、ポイントを見失ってるかも。タピアンさんのレッスンは1時間なんですね。私は30分。いつもあっという間に終わってしまいます。少しでも音を出したいな、と思うと、質問したりする時間を削ってしまい、家でう~んこれ聞いておけばよかった、なんてことも。

練習時間を作り出すのは本当に大変ですね。その点私は恵まれてるな~と改めて思いました。自宅兼職場ですからね!その分しっかり練習していこうと思います。タピアンさんにも少しでも練習時間ができるといいですね。

投稿: hana | 2006年9月23日 (土) 22時05分

ゆめさん、こんばんは。
ご訪問いただきありがとうございます。

練習の時間を毎日作り出すのは無理もあるかと思いますが、できる限りの範囲でやってみたいと思っています。でもあくまでも私のペースで…だろうと思っています。「やらねばならない」となってしまったら逆に自分の首を絞める結果になりかねないので…必ず逃げ道は作っている私です^^;

風邪のほうは治りましたが、現在は大きな虫歯の治療中です。来週は虫歯の治療と場合によっては親知らず抜歯か?と今から怯えていたりします…。

投稿: タピアン | 2006年9月23日 (土) 22時08分

hanaさん、こんばんは。
最初の音が決まらないのは私もいまだに同じです。曲を吹いているうちにどんどん音が鳴ってくるそうなのです。私の場合「これでいいのかな?」「自信ないな…」と思いながら吹いているのですが、それが音にも現れているようです。

hanaさんは高音域がベースになっているのですね、きっと。私は典型的な低音域ベースなので中音域の高音部が出せないのです。低音のCを曲の中で鳴らすのはまだうまくいかないのですが、練習曲などでは最初から出せました。低音を出すのに苦戦しなかった分高音で苦戦しています><

実は私も正規のレッスン時間は40分なのです。ところが先生も私もわりとむきになると止まらないタイプのようで、レッスンはなぜか1時間を超えてしまう状態に…。それでも「あ、質問し忘れた!」があるんです。これじゃいくら時間があってもきりがなくなってしまいますね^^;

自宅兼職場って自己管理がきちんとできているからこそできるのでしょうね。私も将来はそうなりたいと思っているのですが…いろいろあり難しいです。短い時間ながらも練習する努力はしてみます。(おそらく音が鳴る場所を探ることだけになってしまい、休日にまとめて練習曲を吹くようになることとは思います)。

練習、お互いに頑張りましょうね。

投稿: タピアン | 2006年9月23日 (土) 22時25分

5時半起床、19時帰宅、それから家事・・・の生活ではなかなか練習時間を確保するのも難しいですねぇ・・・

フルートの練習時間の確保がタピアンさんの生活を圧迫することのないように、マイペースで楽しんでくださいねぇ~!

ちなみにpiccoloも賃貸マンション住まいなので、お昼なら自宅で練習できないこともないのですが隣近所に気を使い、ついつい抑え気味に吹いてしまい・・・これでは練習しても悪い癖がついてしまうので、今はレンタルスタジオ(1時間500円くらいですが・・)を借りて練習するようにしています。(以前はカラオケボックスで練習していました。)

通勤経路に貸しスタジオでもあるといいですねぇ・・・

投稿: piccolo | 2006年9月24日 (日) 09時42分

フルートって優雅な感じがしますが、実際は色々と大変なんですね〜。
白鳥も水面下で必死で足をかいているという話を思い出しました。
飲み会苦手って意外です。ブログ面白いしそんな感じは全然しないしむしろ逆のイメージです。お酒が苦手ってことなのかな?
夜、河川敷に行って練習するのはどうですか?
でもこれからは寒くなりますかねー。

投稿: エンジェル | 2006年9月24日 (日) 11時09分

♪piccoloさん、こんばんは。
私も隣近所に遠慮して抑え気味に練習していたことが楽器の芯に息を当てる練習の妨げになっているとわかってからは全部扉を閉めきって思いっきり吹くようにしました。今のところ苦情は言われていませんが、同じマンションの中で犬が鳴いたことで下の階の人から怒鳴られたという方がいらっしゃったので吹く時間だけは気をつけるようにはしています。(私は以前管理組合の役員をしていたとき住民総会で管理会社社員相手に啖呵をきったことがあるのでどうやら住民に怖がられているみたいなのです^^;)

通勤経路にカラオケボックスはありますね。週に一度でもそこを使うようにしようかなと今考え中です^^ありがとうございます。

♪エンジェルさん、こんばんは。
確かにフルート吹いてるとか言うと優雅な幹事しますけど、初心者の段階では優雅ではないですね^^;上手になってからもフルートだとオーケストラのパート争いなどはすさまじいと聞きます^^;;
知人にはハープやっている人がいますけど、ハープも演奏してみると優雅ではないぞ、と苦笑いしていました。

ブログの記事では書きたい放題ですが、普段は言いたいことをできる限り抑えるようにしているので(そうしないと何言い出すかわかったもんじゃない性格してるもので^^;)職場のメンバーと飲んだら何するかわからない…というのもあるのです^^;その上お酒も弱いのですが、気に入らないことがあると大暴れするらしくて…学生の頃そういう事があってさすがに自制してます。学生の時にわかって本当によかったと思っています。
職場でも気が合う人はいますのでそういう人とは飲みに行くことはまれにあります。あ、不思議と暴れたりはしないそうです。

河川敷での練習も考えましたが、うちのそばの川(数年前まで全国一汚い川でした^^;)の河川敷だと住宅が近いので、楽器吹いたら怒鳴られそうです…。

通勤途中のカラオケボックスが一番いいかもしれませんね。

投稿: タピアン | 2006年9月24日 (日) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひさしぶりのお出かけで | トップページ | 季節の香り »