« うちの猫 その2 | トップページ | カタカナ語 »

おおおおおっ!

仕事を定時で終えて寄り道せずに帰宅したら、びっくりする程早く帰れた。

今日は夫が出かけて食事もいらないというので絶好のフルート練習日。家に着くとお風呂のスイッチを入れ、洗濯物を取り込み、お湯を沸かしてごはんを炊いて、すぐにフルートを組み立てて練習を始めた。

最初のうちは例のように音が出なかったが、フルート関連のブログで知った皆さんの練習方法や息の仕方に気をつけて吹いていたら・・・

     「おおおおおっ!ひさしぶりに気持ちよく吹けたぁ!!」

それが短い時間だったのが残念だが、今日は自分にしてはいつもよりきれいな音が出ていたように思う。吹いていても体に無駄な力が入ってないのがわかる。苦手なロングトーンも高音もほとんど苦にならず出すことができた。

しかし不思議だと思った。仕事で頭も体も疲れているのに音が出る。以前にも二日酔いで意識が少しとんでいた(・・・)のに音がきちんと出て驚いたことがあった。熱が出ていたのに気がつかずレッスンに行ったときもきれいな音が出て先生にほめられたことがある。それってどういうことなんだろうか?

そんなことを思いながら足元を見ると、いつもならフルートを練習し始めるとどこかへ逃げてしまううちの猫がのたうちまわって遊んでいた・・・。多分、普段よりまともな音が出せていたのだろう。

                     「うれしい~^^」

調子に乗って曲の苦手な部分の反復練習、高音のロングトーンなど一時間も練習していたらさすがに疲れてしまった。そこで今日は音を出すのをおしまいにした。夜だからあまりぴ~ぴ~と音を鳴らしていると集合住宅ゆえにいつ「うるさ~い!」と言われるかはわからないので・・・。

曲を吹いていてDとEの指づかいが怪しくなってきているのがわかった。一難去ってまた一難、どうしてこうも物覚えがわるいかなぁ・・・と思う私だった。

|

« うちの猫 その2 | トップページ | カタカナ語 »

フルート」カテゴリの記事

コメント

タピアンさん、こんにちは。
きれいな音が出て良かったですね!!
これが短い間なのが残念ですけどね。

きっと疲れていたりするはずなのに・・っていうときは、
構えとか一生懸命考えながら、ではなく、自然に力が抜けているのかも知れませんね。
私も今日は疲れてるな、という時にいい音が出て、びっくりしたことがあります。

発表会も近いなか、こんな素敵な日がいっぱいになるといいですね。

投稿: hana | 2006年8月23日 (水) 09時42分

hanaさん、こんばんは。

本当に短い時間しか音が保てないのは悔しいですね。体がその感覚を覚えこむまで練習でしょう…。

構えだの吹き方だのあまり考えないと雑になるのに、考えすぎれば力が入ってうまくいかない…難しいですね。

やはり同じ体験がありましたか。自然に力が抜けて吹けるって大事なことなんですね。

投稿: タピアン | 2006年8月23日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うちの猫 その2 | トップページ | カタカナ語 »